FC2ブログ

戦争が遺したもの――鶴見俊輔・上野千鶴子・小熊英二

  最近我が飼い主は、夜の散歩から帰ってきて風呂に入るとすぐ寝てしまうので、ブログの方にはさっぱり手が回らなかったが、今日は、人間ドックに行ってきたんだそうで、「なあ、サロさん。最近のバリュウムはずいぶん飲みやすくなってるんですよね。でも、検査技師のお兄さん、小さいポリープがたくさんありますね,なんて言ってましたよ。私ももうそろそろですかね。サロさんとどっちが早くなるでしょうね。ははは・・・」などといいながら、次のような記事書きました。なんじゃ。
 
 
  昨日、鶴見俊輔・上野千鶴子・小熊英二の対談集『戦争が遺したもの―――鶴見俊輔に戦後世代が聞く』を読み終えました。読書の秋9月に入ってから8冊目の本でしたが、今日図書館に返えすために必死に読んだのでした。

  本書は、鶴見ファンにとっては垂涎の体験談や裏話が満載で、とりわけ、「 戦後編」は、純情でやんちゃな暴れん坊が、体を張って「大義」を貫く様々な人々との交流の中でうらやましいほどの友人関係・人間関係を作り上げていく様を堪能することができます。しかし、それにしても、知識人たちが、このような「村」のごとき狭くて濃密な関係を持っていたとは驚きでした。でも、まあ、そんなものなのでしょうね。また、上野千鶴子さんの本も何冊か読んだことがありますが、彼女がマッチョ吉本隆明のファンであり、また、どちらかというと「義理と人情を秤にかけりゃ、義理が重たい『男』の世界」的な雰囲気を醸し出している鶴見氏にサインをせがむ姿などを想像すると、これまた、まあ、そんなものなのでしょうね、などと微笑してしまうのです。

  さて、本論に入りましょう。一読した限り、この本は、戦後の代表的知識人の一人、鶴見俊輔氏の思想の基底にある価値観ないし『心情』を、彼自身の体験談から浮き彫りにし、それによって、鶴見氏の「<民主>と<愛国>」(小熊氏)とはなにかをよりわかりやすく示そうとしたもののように思われます。そして、そうした観点からのキイワードは何かというと、それは「やくざの仁義」そして「パトリオティズム」ということになりそうです。前者は、信義に基づく人間結合の一原理(一種のアナーキズム)であり、後者は、「国家」の「ナショナリズム」に対立するところの「くに」―――具体的な人間関係からなる「社会」的結合?―――に照応するものといえるでしょう。こうして、戦前・戦後を貫いて国家の「公」に対抗する鶴見氏の二つの「原理」が提示されたことになるのです。
   ところで、鶴見氏の「やくざの仁義」とは、戦中の兵士・鶴見氏がまるごと天皇制国家に飲み込まれるのを防いだものであり―――そして、それは戦前の多くの「転向」の基盤となった価値観・「心情」とは対極にあるものだ―――、また、戦後の鶴見氏の60年安保やべ平連運動を支えた基底的な価値観・「心情」を表すものにほかなりません。もちろん、鶴見氏が「武士の仁義」などといえば、それこそ読者は<まっしらけ>となるでしょうが、そこは一番好きの優等生ならぬ元「不良少年」の鶴見氏が、大人になって「武士」ならぬ「やくざ」に成長することによって(?)、われわれやくざ映画に親しんできた層の鶴見氏への親近感を大幅にアップさせることになるわけです。
  ただ、ここで確認しておくべきことは、鶴見氏が「やくざの仁義」を体制への「抵抗」、「反逆」を支える思想・倫理として積極的に評価しているだろうことです。もちろん、それを、いわば反体制「エリート」の弱きを助け、強気をくじく「任侠道」といったレヴェルでおさえる限り、話としては面白いという程度でしょうが、問題はもう少し広く深いものに違いありません。すなわち、それは、、封建的支配層のイデオロギーたる儒教的倫理の「庶民」層への教化と浸透をどう把握し評価するのか、そして、そうした儒教的倫理と支配的体制への「反逆」や「抵抗」(さらには「変革」の構想)との関係をどう考えるかの問題です。そして、こうした問題を、まさしく、ノン・エリートたる『一般ピープル』の視点から批判的に検討していくということが私MURIKIの問題意識のひとつなのですが、それは、現在構想中のホームページの中でじっくり展開していきたいと考えているところです。

 以上、小熊氏の『<民主>と<愛国>―――戦後日本のナショナリズムと公共性』における厳密かつ格調高い鶴見論とはかなり違いますが、いわば、私の私的感想として述べてみました。鶴見氏も小熊氏の鶴見論をそのまま受け入れているわけでもなさそうですから、さまざまな水準で論じられることは許されることでしょう。
スポンサーサイト



9.19 さようなら原発1000万人アクション(明治公園)

 

 

 昨日、僕の『しもべ』が、奥さんと、疲れた様子でもあり、高揚した様子でもある、複雑な様子で帰ってきた。二人は仲良くお手手つないで、明治公園で行われた『さようなら原発』とやらの集会とデモに行ってきたのだそうだ。飼い主は、「なあ、サロさん。明治公園はすごかったぞ。電車を降りて駅を出るまでに20分。公園は人でいっぱいだ。周りの道にも人があふれていたんだ。やっぱり、原発はいかんよなあ。Sに言わせればコミケの人出より少ないというけれど、こっちはまじめなんだからな。向こうも命を張ってるかもしれないけれど、こっちは被災者の人たちのことはもちろん、地球と人類の明日がかかってるんだからなあ。」と、いたくまじめ顔で話してきた。まあ、僕の散歩をサボったくらいだから、きっと大切なことだったんだろう。久々にきりっとした顔だったよ。おや、まだ、何か言ってるぞ。

         さよなら原発 いのちが大事  
         再処理工場はいらない いのちが大事
         放射能はごめんだ いのちが大事
         さようなら原発 こどもたちを守ろう
         さようなら原発 海・空・大地を守ろう
         さようなら原発 再稼動させるな
         こどもたちを守ろう 原発をとめよう
         プルトニウムはいらない 原発をとめよう       

 ふーん。僕にも関係があるらしいな。
    

地球の天寿を全うさせてあげたいものだ

 昨晩は『地球ドラマチック(月と太陽の神秘)』を見、そして、今日は、国際宇宙ステーションLIVEを見てます。いやあ、たいしたもんですわ。

 ところで、昨日、わが飼い主は貝原益軒の『養生訓』を読み終えて、「なあ、サロさん。養生というのは、欲深く命を永らえようというのではなくて、一人一人に与えられた天寿を全うするためのものらしいぞ。」と言っていた。ところで、われわれ生き物は必ず死ぬのだけれども、考えてみれば、この地球だって、そして、宇宙でさえも、不滅ではないわけだ。そうだとすれば、この愛しい命の星たる地球の「天寿」を、僕のような高等哺乳類だけではなく、この地球の生態系全体の「天寿」を全うさせてあげたいとは思わないだろうか。そして、そのためには、戦争や原発をはじめ、さまざまな地球環境の破壊をまずやめなければなりませんよね。そして、そうしたことは、貝原益軒さん流に言えば、欲におぼれず、本当の意味で命を楽しみ、大切にすることによってこそ可能ということなんでしょう。

 それでは、ちょいと、飼い主の足でもなめてやるか。この暑さで塩分も不足していることだしね。

剣道・達人の教え(予告編)

 
  僕の「僕(しもべ)」たる飼い主は、この20年くらい間歇泉的に剣道をやっているらしい。さっきも、部屋の中で頭をかしげながら真面目顔で素振りをしていた。もちろん僕の「しもべ」をやっているくらいの人だからもともとはいい加減な人なのだが、去年から今年の初めにかけて、剣道八段の超名人に剣道の基本をほぼ個人指導状態で教えてもらうという信じられないような機会に恵まれ、剣道に対する見方がすっかり変わったらしい。そして、稽古があった日には、師匠がああ言ったこう言ったと、手帳にイラスト入りで記録しながら、「なあ、サロさん、竹刀の振り方はね・・・」なんて僕に説明するわけだ。というわけで、次回からは、わが「しもべ」の貴重な体験のいくつかを皆さんにもお伝えしたいと思う。もちろん、これはわが「しもべ」の話であって、誤解もあろうから、その点はご容赦を。
 
第1回(予告):「力はいらないんですよ。」

ある日の僕

現代に生きる知恵?

『たかこ』(清水真裕・文 青山友美・絵)いとをかし!イヤー、何度読んでもこの本は癒されますわ。もう少ししたら,感想をレヴューにでも投稿しよう。
 昼間、加藤周一の『日本人とは何か』を細切れに読んでいます。また、寝る前には、我が飼い主と一緒に、貝原益軒の『養生訓』を読んでおりますが、昔の人って、こんなに細かいところにまで心を配って生きていたのかと、関心してしまう。面倒だし、真偽にも疑問があるし、そこまで考えなくてもと思うけれど、当時の人々が、自分の「知恵」に確信を持って、安定した精神状態で生活できていたことは想像できちゃう。これに比べて、現代は、そうした日常生活についての「知恵」と確信がかなり欠けているかもね。現代に生きる「知恵」、それはどんなものになるのでしょうかね。
プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる