FC2ブログ

SAROが来るまでの動物たち(1) ピーチク太郎

  我〈しもべ〉たる飼い主は、今、本居宣長とローレンス・ライトの『倒壊する巨塔―――アルカイダと「9・11」への道』という本を読んでいるので、ブログの記事に集中出来ないんだって。ということで、足元で横になっていた時、話してくれたのが、つぎのような思い出話だったんだよ。

  ねえ、サロさん。サロさんは知らないんだけれど、サロさんが来るまでに、私の家にはいろいろな動物がいたんだよ。そうだなあ、一番昔だと、5,6歳の頃の、三毛猫のオス、ホガかな。三毛猫のオスというのはいないという話もあったけれど、記憶では白と茶色と黒ぽい色をしてたよね。一緒に住んでいたMさんが置いていった猫なんだけれど、これが大きな立派な猫で、私たちに褒めてもらおうと本当にねずみを取っては見せに来たもんなんだよ。草やバッタも好きでよく食べてたな。ホガホガとね。
  そして、私自身が最初に飼ったのは、チビという君と同じような柴系のメス犬だったんだよ。小さな子犬のときから飼っていて、本当に温かくてかわいかったな。餌はご飯に味噌汁をかけて、時々、魚の骨なんか喜んで食べてたよね。ただ、メス犬だったんで、2度出産したんだ。 生き物を飼うということは実はとても大変なことで、ここでは話さないけれど、とてつもないトラウマを抱えたり、でもそのことで命の大切さを身にしみて知ったりもしたんだよ。
  その後は、初代のピーチク太郎(十姉妹のオス)、二代目のピーチク(ローラーカナリアのオス)、そして、三代目の白金華のピーチク太郎だ。この後は、君が来るまでに、金魚だとか、カブトさんだとか、ハムスター君たちがいたわけなんだけれど、私は、これらの「高等」動物たちと付き合う中で、彼らの知能についてはつくづく感心してきたもんなんですよ。そのなかで、今回は、三代目のピーチク太郎について話をしましょう。
  口ばしが真っ赤な白金華のピーチクは、私の部屋の本棚の上にかごがあって、そこで飼われていたんだ。そして、特別「手のり」というわけではなかったんだけれど、時々、かごの扉を開けて、部屋の中を自由に飛び回っていたんだ。―――そのため、今でも、私の古い文庫本の上には彼の白い糞の跡があるわけなんだよな(トホホホ)。ところが、ある日、ピーチクがかごの外に出ていることを忘れて私が部屋の窓を開けたら、ピーチクは外に飛び出してしまったんだ。私はとてもあわてたんだけれども、まあ、仕方がないので、窓のところにかごをつるして待っていたんだ。すると、なんと、ピーチクは、お腹でもすいたのかな、自分でかごの中に戻ってきたんですよ! それ以来、私たちは、天気のいい日になると、庭の物干し竿のところにかごをつるして、扉を開けてやる、すると、ピーチクは喜んで外に飛び出し、そして、屋根や木の上で一通り遊んでから、又、戻ってくる、ということになったんですよ。訓練された伝書鳩では当たり前のことでしょうが、あのちっちゃなピーチクがと思うと、いやはや、本当にすごいなと今でも思い出すんですよ。
  サロさん。君は、ピーチクのように、おりこうさんかな。
スポンサーサイト



SARO-MURIKi 「つぶやき」選集(2) 年末・年始号

12月24日
○ クリスマスとは ケーキと鳥のモモ肉を食し、 シャンメリーを飲む日と見つけたり
  ―――要するに、クリスマスはおいしい!(ふふふ・・・)

○ サンタクロースのおじさん あとはよろしくね。 一番あとでいいからね。

12月26日
○ 兄貴のsato-chanが 「最近、ほんとにテレビ見なくなったなー」って言った。 ウムウム。 メジャーな権威が今年ゃー総崩れですからね。イヤになっちゃうからねえ。

○ それにしても、3コケの大輔さまが優勝とは・・・(汗) でも、あと何年かすると、4コケの小塚様が・・・・・いかん!いかん!下司のかんぐりはいかん!

○ パラグライダーのほうが飛行機よりも後ですよね?化石燃料と風力 未来が輝いて見えてきた。 (風使い)ナウシカのメーべは可能かもね。

○ 思い出す 空を飛びたる 夢をみし頃―――君は空を飛んだ夢を見たことがあるかな。僕は、二度あるよ。

12月27日
○ 凍てつく噴水 歩みを止める 目が合い思う 肉球のなぞ―――こっちは 指先が痛いんだよ。

12月28日
○ 光だけ見えてる先人が言ってた 「・・・・400字詰1枚で」って ―――あれって戯れでしょう。

○ 縄文人も モーツァルトも見た あのオリオン  今夜 君と僕が見る。

12月31日
○ 歌読めば 春夏秋冬 一日に

○ 散歩して (あの人が、年賀状印刷して、買い物して、外の窓を洗って、車洗って、落ち葉をはいて、花を植えてる間に) 昼寝して、それから、サパーディッシュして、散歩して、こっそり酒なめて、 酔っ払って、 寝よう 僕は。  よいお年を!

1月2日
○(リツイート) 幸あれと 思う横顔気になって 乱れる願い短い祈り

1月6日
○ 「脱・ネット依存症」なんて、Twitterに書いているようじゃあ、今年も何ですね。 結構 けっこう コケコッコー!

1月10日
○(リツイート) ほろよい程度が 楽しい酒よ 泥酔されちゃァ ふかい(深い・不快)酒 

1月13日
○ 引っ張るな なぜそこなんだ 訳を言え!―――僕らの嗅覚は人間の100万倍以上なんだぜ。  ふふふふふ 苦労かけるね。

○ マウンテン・バイクが壊れて、信頼している自転車屋さんに勧められるまま、ママチャリを買った。 なんて 楽なんだろう!!! やっぱり、ママチャリは基本なんですね。基本は大切ですわ。

○ 塵も積もって 百ツイート ――― さて、なんとつぶやく:  腰痛で 新年会を欠席す 山と積もった何とかで

1月14日
○(リツイート) ストレスの 塵舞い上がる 大和(やまと)かな   無理しちゃいけませんぜ

SAMURAI SPIRIT 全8作を見て―――「武士の情」をこそ

  正月2日、ペタス氏の回想と字幕スーパー付きの『SAMURAI SPIRIT』全8作を観ることが出来、改めて、このシリーズの素晴らしさを感じとることが出ました。昨年、私は、弓道と相撲を除く6作品をBSとYouTubeで見ていましたが、その中で、私は、そこで示唆されていた日本武道に息づく<究極的理想としての「平和」>という視点に触発され、これまで読んで来た『兵法家伝書』や『五輪書』などの古典を改めて再読し、そのことを再確認しようとしてきました。それが、これまでこのブログで書いてきた「SAMURAI SPIRIT」のシリーズです。
  人を殺してでも戦いに勝つことを仕事とするはずの武士が、実は、人殺しは勿論のこと争いすらも避け、「平和」を求めているということ、それは矛盾ではないのか。とりわけ、日常的に報じられている殺人や戦争、そして、身近にも存在しそうな「競争」好きの「乱暴者」たちのことを考えると、そうした考えは空理空論としか感じられないこともあるでしょう。しかし、よく考えてみると、一部の「攻撃的精神病質者」-「社会病質者」は別として、多くの人々にとって―――たとえ、彼らが〈競争〉好きな性格の持ち主だとしても―――、〈人を殺すこと〉の恐怖やおぞましさは越えることの非常に難しい壁を意味するはずなのです。そうであるからこそ、D・グロスマンが紹介したように、第2次世界大戦中のアメリカのライフル銃兵の発砲率は15~20%だったのであり、また、「切捨て御免」だったはずの江戸時代の武士も、「武家は百姓町人を斬棄(きりす)てるといいながら、実際に斬棄てたる者なきが如く・・・」(福沢諭吉『新女大学』)という状況であったのだろうと思われます。そして、なにより、昨今しばしば報道されている戦争による多くのPTSDの発症こそ、そうしたことの現実的証左であるに違いありません。
  
   ところで、こうした〈人間的事実〉に対して、そうした殺人や争いを正当化ないし〈無化〉する思想が生み出され、また、それを克服しようとするさまざまな訓練がおこなわれてきた事も事実です。家族や共同体あるいは神への〈奉仕〉を強調すること、敵対する相手を憎み抜くこと・抜かせること、あるいは、敵を同じ血の通った人間と意識せず、心を乱さず、迷うこともなく、条件反射的に攻撃出来るように訓練すること(いわゆる「無心」や「平常心」も、戦場においては、そうした側面を持っていたのでしょう。)、等々。こうした点の現代的事例については、D・グロスマンの『戦争における「人殺し」の心理学』をぜひ参照していただければと思います。
   
   しかし、他方、そうした殺人や争いをなくしていこうとする思想や訓練も存在してきました。その代表は、さまざまな宗教―――勿論、その「真正」なるもの―――でしょう。日本の場合、それは神道であり、仏教であり、(儒教であり、)キリスト教であったと思われます。ただ、私は、日本の武士たちは、そうした宗教的な水準とは別に、彼らの実践的な武道の追求の中から、固有の思想や価値観を生み出していたのではないかという感想をえています。そして、そうした価値観を象徴する言葉が、『武士の〈情け〉』だったのではないでしょうか。たとえば、武士は、職業的な武人として修羅場に立ち、同じ立場の相手と生死を賭けて闘うのですが、本心は、〈殺したくない〉のです。多くの武士たちは、こうした感情を非常に大切なものと考え、それを理解するものこそが本当の武士に他ならないと考えていたのではないでしょうか。そして、この〈情け〉とは、神からの命令としてあるのではなく、実践の場の中から彼らが感じ取った、相手に対する同じ人間としての〈共感〉、そして、相手との相互的な尊重の感覚、それらを自覚的に表現したものだったと考えられるのです。新渡戸稲造は、『武士道』・第5章「仁・惻隠の心」の中で、この「武士の情け」にも触れていますが、そこで取り上げられた平敦盛と熊谷次郎直実の説話とは、単に彼ら武士の武功を「美化」するといっただけのものではなく、彼らの人間としての本心に迫るものであったと私には思われるのです。
  
   〈人を殺すこと〉に最も近く、それと真正面から向き合わざるをえなかった彼らが、その厳しい戦いと修行の中で獲得した精神性、あるいは、その求道的探求の中で獲得すべきと考えた精神性とは、まさしく、人としての生きる「道」を指し示す、『武士の〈情け〉』(―「人格と生命の尊重」)だったのではないでしょうか。こうした精神性に導かれたとすることによってこそ、ただ単に相手を倒し戦いに勝つということではなく、戦いの中で「殺されない」→「殺さない」→「争い自体を避ける」といった、「平和」への志向性も理解できるでしょう。そして、こうした〈情け〉なる感情が、例えば、ルソーのピティエ=「憐憫の情」(『人間不平等起源論』)そしてアダム・スミスの「同感」=シンパシー(『道徳感情論』)などとも通底する、人類共通の普遍性を有しているだろう事は容易に想像しえることです。確かに、そうした感情が、理論的に高い水準で展開されることはありませんでした。しかし、それは、逆に、単なる観念的な構築物としてではなく、日本武道の「形」や「技」の中にまさしく具体的な〈姿〉をとって生き続けているのです。こうして、「SAMURAI SPIRIT」は、世界的にも珍しい、戦いを職業とする武人たちが生み出した、人間同士の〈相互的尊重〉と〈平和〉を希求する、芳しい香りを放つ思想として、これからも世界中の人々を魅了し続けていくに違いないと思われるのです。

 「サロさん、私は、今、先を取って打ちに行く練習をしなければならないとは思ってるんですよ。でも、それは、そうした先制攻撃に応じることができるようにするためであって、その先には、先制攻撃をせずに、相手を制することのできるような境地、それがあればなって思ってのことなんですよね。」
 「ふ~ん。でも、昨日も腰が痛いって言ってたよね。年齢のことも考えて、無理しないでよ。散歩に行けなくなっちゃうから。」

僕の正月 今年もよろしく! 

 

迎春!



「昨年中は、いろいろお世話になったワン!」
「去年は、東日本大震災、福島原発事故他、いろいろありました。今年も、まだまだ気は重いんですが、<『気成楽世良(ケセラセラ)』>で頑張ります。本年もよろしくお願いします。」
サロ&サーヴァント・ムリキ   2012年1月6日


                     
  さて、この年末・年始は、最近のはやり言葉で言えば、「断捨利」を断行するのに大忙しでした。そのため、まとまった読書や運動も出来なかったのですが、そうした中で観た興味深いいくつかのテレビ番組について、若干、記しておきたいと思います。
 
  まず、久しぶりに興奮してテレビの前を離れられなかったのが、12月26日(月)に放送された、NHK-BS『風と共にアルプスを越えろ』です。これは、パラグライダーと徒歩で、オーストリアのザルツブルグからモナコまで踏破(?)する「X-ALPS」のドキュメンタリーです。アルプスの美しい風景そしてそれに挑む本当に魅力的な人々の姿には、深い感動を覚えざるを得ませんでした。
  私は、30年ほど前、スイスに行ったことがあります。その時、バッハゼーへのトレッキングの帰路、リフトが30分(?―――何しろ長かった!)ほど途中で停止し、20メートル(?―――何しろ高かった!)ほどの上空から、<ゆっくり(汗)>とアルプを眺めたことがありました。そして、その後、ユングフラウ・ヨッホに登り、あの青白く、美しい氷河を見下ろしたのでした。あのアルプスの山々を、まさしく風と共に、パラグライダーで越えるのです。パラグライダーなどというとんでもない技術が開発され、それをあのように自由自在に操縦できるなんて・・・・、もし、私がもっと若かったら・・・と、いろいろな想像がふくらみます。
  旅行好きの知人に、海外旅行はどこがいいですかと聞いたら、答えは、キリマンジェロとマチュピチュということでした。どちらも天空の彼方です。そこからパラグライダーで飛んだら、どんな景色が展開するのでしょう。私は、幼い頃、地上をすれすれに飛びまわる夢を2回見ています。その夢の様子は、今も忘れません。高所恐怖症の人は別でしょうが、<鳥人>は、やはり、われわれ人類の大きな夢の一つでしょう。そして、その夢をあんな<布切れ>一枚で実現するとは。人類の可能性を改めて教えてくれた素晴らしい番組(>『宇宙の渚』)でした。

  次回以降、『アルカイダの来た道―――アメリカはなぜ憎まれるのか』、『SAMURAI SPIRIT 全8作』、そして、『震災後、日本と世界への眼』などを予定しています。
プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2019年11月現在満13歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる