FC2ブログ

剣道・達人の教え(4)―――「脱力」とスピード

  我〈しもべ〉たる飼い主は、最近、僕の冬毛がたくさん抜けるものだから、「柴犬と言うのは、縄文時代から日本の山岳地帯に住む猟犬だったというけれど、本当に日本の季節に敏感だねえ。もう春なんだねえ」などと言いながら、指先やコロコロで僕の毛を抜くんだ。でも、あんまり無理に抜かないでよ。まだ、寒いんだから。

  1年ほど前、我師匠は、知り合いの剣道八段の人と一緒に稽古をするので私も来ないかと誘ってくれた。八段同士の稽古を見られるなどということはそうあることではないので、大喜びで参加させてもらうことにした。そして、それは、勿論、「大当たり」だった。
  稽古は合計1時間程だったと記憶しているが、それは、いわゆる試合と言うよりも、何かを確かめ合うといった風情のものといってよかったと思う。単純化していえば、攻めて相手を崩し、ここぞというところで、渾身の一撃を繰り出すということであったが、それを見て私が受けた強い印象とは、その柔らかさとスピードである。
  まず、「柔らかさ」についてであるが、それは、言い換えれば、千変万化の状況変化に対する「反応速度」の問題であって、たとえば、中心の攻め合いにおいてすばやく反応して体勢を崩さない、つまり、「崩れない」ということだ。「スキがない」とは、要はそういうことなのであって、繰り返しになるが、こうした素早く安定した反応を生み出すものが「柔らかさ」なのだと思う。このことは、八段の人と竹刀をあわせてみると強く感じることができるもので、そのずば抜けた「柔らかさ」・「反応速度」こそ彼らの最大の特徴ではないかと私は思っている。
  二つ目は「スピード」である。八段といえば年齢的には若くないわけで―――お二人は60代前半と50代後半である―――、若者たちと比べるとそのスピードは一見遅いと感じることさえあるだろう。ところが、間近で見てみると、「ホホー!」と思うほど早いのである。つまり、足裁きにしても、打ちに伴う身体の移動にしても、確実に、若い人よりも早そうなのである。身体は衰えているはずなのに、それはなぜなのだろうか? 私の見たところ、その秘密は、すべて、「脱力」-「自然体」からの「一拍子」(!)の動きというところにあると思われる。つまり、大げさな前ぶりや「えいやっ!」といった「溜め」もなく、始点から終点まで、無駄な動きがないまま、「スーッ」と身体が動いているのである。これは大発見だったと思う。
  そして、この二つとも、やはり、「脱力」が鍵になっている。それが、現時点における、私の理解だ。

  お二人の稽古の後、私も、客人とほんの短時間ではあるが稽古をさせてもらった。初一手、やはり、手の内柔らかく、強烈な小手が来た―――まあ、忘れられないでしょうね。そして、稽古の後、アドヴァイスをいただこうとしたら、(人それぞれ流派や考え方が違うので)まずは、師匠一人の話を聞いていたほうがいい、ということだった。なるほど、まずは「守」なわけですね。う~む!深そうだぞ。


スポンサーサイト



剣道・達人の教え(3)―――「手足ばらばら」

  我飼い主は、今日、散歩の時、久しぶりに僕と一緒にダッシュしたよ。やっと、腰の調子も落ち着いてきたみたいだね。仕事の方も一段落付きそうなので、そろそろ、剣道を再開しそうだぞ。でも、まだまだ心配だな。 

  我師匠は、ある時、「結局、如何に力がぬけるかがポイントですね」と言ったことがあった。「脱力」である。しかし、それは、けっして、打ちの弱さを意味するのではない。問題は、脱力と強い打ちがどうすれば両立できるのかということにほかならない。
  以前、私は、「剣道・達人の教え(1)―――力はいらないんですよ」で、自分の体と竹刀を如何にスムーズにバランスよく使うのかという点に触れたが、そのことについて、体の各部位や体の動きの諸過程を区分けして論じるとすれば、私の簡単なメモ書きだけでも、数十項目にも及ぶことになるだろう。そこで、今回は、まず始めとして、「手と足の連動」について簡単に確認しておくことにしたい。
  
  基本打ちの練習を始めて、まず、師匠に指摘されたのは、「肩に力が入っている」だった。しかし、私は体型的に「いかり肩」の方なので、「これは生まれつきで、決して、力を入れているわけじゃないんですよ。」と内心では思っていた。ところが、これも後で気がついたのだが、自分では力を入れていないつもりでも、実は、やはり、腕の重みを肩の筋肉で支えていたのであった。これでは、「脱力」とはいえず、自然ですばやい反応は出来ない道理であったのだ。
  次に指摘されたのが、「手足ばらばら」である。これも、最初は何のことなのか要領を得なかったのだが、稽古の過程で理解できるようになったのは次のようなことだった。つまり、それは、単に、右足で「バン」と強く踏み込みながら打てということではない―――それは中高年の私にとっては非常につらく、危険なことでもあった。そうではなく、師匠が言いたかったのは、その踏み込む「力」をうまく竹刀に乗っけろということらしいのである。師匠によると、この踏み込む「力」というのは、軽そうに見える場合でも、数百キログラム(4、500kg?)にも及ぶのだそうで、その力を身体全体をうまく連動させて伝えてやれば、とてつもなく強い打ちとなるというわけだ。こうして、脱力と強い打ちが両立できるということになるのである。それでは、どうやって身体全体を「連動」させるのか、それが問題であるが、その「教え」については、又、別の機会にということにしたいと思う。
  さて、次回は、その前に、八段の先生同士の稽古の様子をじっくり見学させてもらった経験から、「脱力」とスピードとの関連について、感想を記す予定です。  
  それにしても、我教士・八段の話は説得力があったなあ!

SARO-MURIKI 「つぶやき」選集(3)

 

立 春 編



○ リツイート(改)  学ばなきゃならないことが 教科書から 世の中になって、このところ、ずっと苦しい

○ 4年ほど前、歯が痛かったので、近くの歯医者に行った。すると、この歯はもう駄目、インプラントにせよと言われた。さもなければ、良い歯2本とブリッジだと脅かされながら・・・・ 納得できずに、職場近くの歯医者で、セカンドオピニオン。あれから4年、私のこの歯は完璧に(!)生きている。
  良心的な歯医者を選びましょう!ちなみに、『近くの歯医者』はベンツに乗ってました。そりゃ、そうでしょう。(拡散希望!)

○ それにつけても おやつのほしさよ

○ NHKニュース速報がダルビッシュ・・・・ダルビッシュが嫌いなわけじゃないが、いくらなんでも、それはないでしょう。 われわれの頭をどうしようとしているんだい?!―――それともなにか隠す事あったかな?

○〈NHK〉の9時のニュースに尾木ママが出た。〈法政大学〉教授だって。それがどうしたって? 内緒・・・・

○ 秋入試を語り合う12大学―――なぜか頭をかすめた故郷の言葉 「ハンカクサイ」 ―――なぜだ? 
  グローバル化した日本企業は、秋入試の実施によって優秀な「外国人」留学生を獲得できた12大学から人材を採用して、その収益性を増大させることが出来るのでしょうか? チャンチャカチャーン。

○ 気の毒に ああ 気の毒に 気の毒に―――でも、人生長いんだし、やんなきゃならないこともあるし、「幸せになってほしい人たち」も待ってるし、雨も降ってるし、寒いし、眠いし、家事手伝いもやだし(?)、まあ、3月を待ちましょう。

○ 美男なり 枯野にたてる 冬木立 盛りの夏は いかにとぞ思う

○ 真東の 街路を昇る 冬朝日 燃えて 生命(いのち)に 輝けという―――まあ、なんと、真っ直ぐなお方でしょう

○ 「先生、質問! イスラエルが核兵器を持っているというのは公然の秘密だといわれてるそうですが本当ですか?」―― 「・・・・・・」 (汗)   「先生、質問! イランは、報復覚悟でイスラエルに核の先制攻撃をしかけるんですか?」――「・・・・・お前ねえ。真面目に考えちゃ駄目よ。」
 「先生、質問! どうしてイラクの罪もない子供たちがあんなに殺されたんですか?」 ―――「イラクが大量破壊兵器を・・・・」     
 「先生、質問!どうして日本の土と海がこんなに汚されたんですか?だれが悪いんですか?」―――「・・・・・・・・お前。しつこいよ。」

○ 朋あり 十年ぶりにくる あっちは変わらず こっちは激? また〈おもしろ〉からずや―――まあ、 中身はあまり変わってないんでしょうがね。

○ 如月や やっと区切りの 一(ひと)安堵  ―――ご同輩 ご苦労様でした。

○ 「はんぶんこしよう」と君は言いました ですから雪見大福2箱

○ 自らの「倫理」観からする「善行」が、〈身体的な拒否反応〉を引き起こした。我「倫理」観のなんと皮相なことよ。しかし、「汚れ」とは、まさしく、物質的なそれではなく、それを生み出す〈精神〉にこそ関係があることを実感した。

○ 立春の 朝駆け抜ける 高速ビュンビュン―――このところ朝の散歩は絶好調だよ! 昨日は豆食べたしね。(2月4日)

○ 年齢と国境を超えて 『ミツバチの羽音』に目覚めん ―――いい映画を観ました。

○ 怖い方が「おめでとう。あと2年遊べるね。」と言っていた。僕は、日本酒に続いて、ワインをなめてみたが、これは正直僕にはあワンかったよ。もう 寝よ。




      夢:春の野を踏み よろこぶ君に おくりたいのは 花草履

SAROが来るまでの動物たち(2) ハムスターのアル

  我〈しもべ〉たる飼い主は、時々、アルちゃんのことを話すんだよ。アルちゃんというのは、ベージュ色の雌のゴールデン・ハムスターで、1996年7月から1998年4月まで、この家の「主人公」だったんだって。

  なあ、サロさん。地球上の生き物は、ひょっとすると、みんなつながっている可能性があるよね。そして、どんな小さな生き物だって、喜んだり、悲しんだりするんじゃないかな。例えば、植物だって、太陽に向かってうれしそうに伸びるし、水を吸って喜び、生き生きとするじゃないか。まして、高等哺乳類ともなると、本当に、心を通い合わせることが出来るようなんだよ。
  アルちゃんは、1996年7月26日、sato君の誕生祝として、家に来たんだ。眼はアルビノ系だったよ。家に着くと、君の兄貴たちは大喜び。彼らがアルトロン・ガンダムのファンだったんで,その子のことを「アル」ちゃんと名づけたわけなのさ。
  アルちゃんは、我家に来た動物の例にもれず、部屋の中をあちこち歩き回って、やりたい放題。特に、押入れの中のダンボールに基地を作って遊ぶのが大好きだったんだ。でも、私が呼ぶと出てくるので、まるで人間のようだったよ。そして、そうこうしているうちに、アルちゃんは、何かを知らせるように、私の手の平をカプカプと甘噛みをするようになったんだ。それは、早くケージから出してくれとか、色々な信号だったのさ。
  ところで、アルちゃんは、近所のメソ君との縁組が相整い、こげ茶色のベルとジョン、ベージュのアルル、雷マークのサンダーを生み、その後、心優しい金熊ハムスターのショウちゃんと結婚して、自分にそっくりなメル、ショウにそっくりのシャル、白いアルビノのミル、そして、もらわれていった4匹の子供の合計7匹を生んだんだよ。アルちゃんは、出産・子育て中も私との関係はほとんど変わらなかったな。アルちゃん自身、子育てのストレスを解消するかのように私の手の上で遊んだし、そして、ちょっとだけれど、赤ちゃんに触っても怒らなかったな。なにしろ、私たちの間には、確かな「信頼関係」があったと確信できるんだよ。
  私は、学生時代、ダーウィンの『人類の起源』を読んだことがあるんだけれど、ダーウィンが父親譲りの反人種差別主義者だったことも重要なことだけれども、さらに、この本からは、本当に、地球上の全ての「命」への慈しみを感じることが出来たと思うんだよ。そして、アルちゃんと私とは、確かに、この地球上の同じ二つの「命」として、心を通わせあったと思うんだけど、どうだろうね。

  僕だって、サーバントさんの機嫌ぐらいわかるよ。それって、当たり前のことじゃない
  
追加:夕暮れ迫る夏のキャンプ場。タープテントの下にあるテーブルの上で、アルは遊んでいた。ところが、アルの姿が急に見えなくなって、皆は大騒ぎ!テントの周りの草むらは、「アル!アル!」と呼びながらの大捜索の場と化した。しかし、アルの姿はなかなか見つからない。皆に焦りの色が見え始めた頃、なにやらゴソゴソという音が聞こえた。そして、テーブルの椅子の上にあった「かっぱえびせん」の袋の中から、頬ぶくろをいっぱいに膨らませた、満足そうなアルが発見されたのであった。
    
  
  

子供と犬のしつけはドイツ人に習え?

  我飼い主は、最近、仕事に一区切り出来たらしく、楽しそうにテレビを見たり、本を読んだりしている。そこで、少しチョッカイをだしたら、横目でチラッとこっちを見て、そして、パソコンに向かいながらこんなことを言ったよ。
  
  ねえ、サロさん。最近のNHKの番組は面白いのが多いよ。ニュース番組は質がどんどん落ちて観る気もしなくなってきているけれど、N・スペやE・テレ、そして、BSのじっくり作り込まれた番組には観るべきものが多いよ。君に関係するところのもので言えば、『旅のチカラ 犬の幸せって何だろう 浅田美代子 ドイツ・ベルリン』なんかもそうだね。この番組は、大の犬好きでペットの保護活動にも取り組んでいる浅田美代子さんが、動物愛護の「先進国」ドイツへ飛び、ドイツ人の犬への愛情と責任がどのようにあらわれているかを体験するドキュメンタリー番組だったんだ。
  まず、日本では毎年7万頭ぐらいの犬が「殺処分」されているとの事だけれど(猫はもっと多いらしいよ)、ドイツでは「殺処分ゼロ」なんだね!どうしてかって?それは、直接には、ドイツには犬の孤児院というのがあって、捨て犬を引き取って、新しい飼い主に渡すまで徹底的にそして最後まで面倒を見るからなんだね。
  ところで、私の印象によると、それは、ドイツにおける人間と犬との「共生」の全般的なルールのひとつの側面で、要するに、ドイツにおいては、犬と人間の共同生活がかなり密度高く〈コントロール〉されているということなんだろうね。たとえば、ドイツにはペットショップは無く、犬を飼おうとすると、直接ブリーダーからかあるいはこうした施設から入手するということになるわけだ。また、年15000円程度の税金だとか、避妊手術の徹底とか、子供料金と同じ額の動物用運賃とか、そして、何より、その厳しい〈しつけ〉なんかにそれは現れているということでしょう。
  さて、この〈しつけ〉については、君の様子を見ていると、考えさせられることが多いよね。 まず、番組の中に登場する犬の躾学校の校長先生が強調しているのは、犬と人間とは違うということなんで、だから、(犬が人間の中で生活するには)まずその本能を制御出来るようにしてやらなければならないわけだね。そして、彼女はこんなふうに言うんだよ―――「私たちの目的は、躾けることで、犬に最大限の自由を与えることです」ってね。確かに、〈厳しく躾けられた〉犬たちが〈自由に〉人間の周りを歩き回っている姿を見ると、なるほどと思うことも多かったね。君も厳しく躾けられれば、レストランにも、音楽会にもいけるかもしれないからね。
  ところで、浅田さんが格闘した、〈しつけ〉を受ける機会をもてなかったシャーロック君のことを考えると、一部ではあるけれど、日本の若い人たちの現状へも想いが及んでいくんだ。ひょっとすると、彼らも「社会性」を身につける機会を保障されてこなかったんではないかとね。自分のことを棚にあげてとも思うのだけれど、彼らの、他者を顧みない〈幼児性〉「ジコチュー」に接すると、これではとても一緒にやっていけないと感じざるをえない時もしばしばあるんだよ。そして、このままでは、日本社会の全体に「棲み分け」がすすんだり、「Gated Town」化が進展したりするんではないかとさえ心配することもあるんだよ。私は、わがままな個体同士が〈同じ場〉で生きていくには、直接的な欲求をコントロールして、共通のルールを作り出し、守っていくことが必要だろうと思うのだけれども、その基底的な部分を〈しつけ〉というとすると、それを身につけていない若者も少なくないといえるかもしれないね。
  ただ、ワンちゃんのことを考えると、過ぎたるは及ばざるが如しとも思うんだ。野生動物に魅力を感じる感性もあるだろうし、〈飼いならされていない〉「おりこうさんのワンワン」に愛情を感じることもあるだろうからね。ところで、サロさんは避妊手術をしていないのだけれど、勿論、私は、ブリーダーになろうとしたわけでもなく、手術代をケチったわけでもなく、ただ、そうすると君の性格が変わってしまうんではないかと心配してそうしなかったのだけれども、君にとってはどちらがよかったんだろうね。君はドイツに生まれた方がよかったと思うかな?それとも、「お犬様」の国の方がよかったのかな?どっちだろうね?

  難しい質問だね。ドイツだと、僕にとって何がよかったんだろうね?

  
プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる