FC2ブログ

戦争法案・強行採決―――2015・7・15〜16

平和国家・日本の曲がり角
 ――なるほど、こうやって戦争にひきずりこまれるのか



DSC_3423.jpg
僕も怒っちゃう!この恨み晴らさでおくべきか?!


 ※ 各種の世論調査にもはっきりとあらわれている集団的自衛権や「戦争法案」に対する国民多数の懸念・反対にもかかわらず、憲法と民主主義を踏みにじる自公政権―――日米軍産複合体の利益をただ只管追求しようとする自民党と政権の座にありつく旨味に執着し連立相手に擦り寄って平和を志向する支持者たちを〈瞞着〉する公明党―――は、戦後日本の「平和」を辛うじて支えてきた憲法9条の解釈を恣意的に変更し、その〈憲法違反〉の戦争法案を衆議院で強行採決した。まさしく、姑息にも、戦後日本における「安全保障」政策の大転換を、〈違憲状態〉の詐欺的な議会構成の中、主権者たる国民の判断を経ることもなく、まさしく、ますます多くの国民がこの法案の本質に気がつく前にと、強行したのだった。さらに、事もあろうに、国民の理解は深まっていないが、これから丁寧に説明し、理解を得ていくなどとホザクのだ。このような国民を愚弄した発言が許されていいものか!彼らにとって、主権者たる国民は、自分たちが勝手に決めたことを、騙しても、はぐらかしても、言いくるめても、なにしろ、受け入れさせる対象でしかないというわけだ。それも、あのように〈強欲〉で、〈恥知らず〉で、そして、何よりも〈無能〉な連中が言うのだ。ツケを支払わされることになる〈一般ピープル〉は、本当に、怒り心頭に発すると言わなければならない。

   こんな思いに駆られながら、7月15日、地方から駆けつけてきた友人夫妻と共に、抗議の意思表示をするため、国会前まで行ってきた。国会周辺は身動きもままならないほどの人々で溢れ、一人一人が自らの表現方法でこの歴史的暴挙に抗議の意思を表していた。その数は、午後6時の時点で2万5千人、延6万人から10万人の人々が国会に押し寄せていたのだろうと思われる。しかし、その場に立ってみて感じたのは、やはり、こうした暴挙を行った現在の国会構成を変えることの必要性だった。すなわち、われわれ〈一般ピープル〉は、こうした安倍政権の本質をより明確に理解し、次の選挙で彼らを失職させ、よりマシな「代表者」に変えることが必要なのだと思う。しかし、そのためにも、今、私たちは、美辞麗句で粉飾された彼らのどす黒い不当な〈私利〉や〈権力〉の追求を見破り、政府の情報操作や報道統制に抗して、直接声を上げ続けていかなければならないだろうと思う。知れば知るほど、安倍政権の国家主義的で新自由主義的な政策の「非人間性」、とりわけ、〈一般ピープル〉にとっての危険性は明らかだと思われるのだ。

   それにしても、一事が万事とはよく言ったものだ。こうした騒ぎの中、安倍政権は、あの「バカバカしい」新国立競技場建設問題の見直しを、まさしく、戦争法案への「目くらまし」的な効果を狙って、打ち出してきたのだ。実際、16日のニュースは、イヌHKニュースをはじめとして、衆院本会議での強行採決は不当に軽く扱われ、それに比べて新国立競技場の問題や、さらには、ギリシャ情勢や天気予報が極めて大きく伝えられていた。もともと、あの新国立競技場とは、国民やアスリートたちの〈真の必要〉とは無縁の、国民の税金を〈安倍のお友達〉に回す、〈安倍の取り巻きたち〉による策謀でしかないのだ。それは、福島の惨状を横目に華々しくぶち上げられたが、その問題性が広く明らかになるや否や、関連する似非「エリート」たちの醜い責任のなすり合いが演じられ、また、「国際公約」だの「工期が間に合わない」だの、後付けの嘘八百が並べ立てられたわけだ。しかし、この「見直し」が本当になされるのかというと、それさえも疑わしいのだ。原発問題(「脱原発」→「再稼働」)と同様に、ほとぼりが冷めた頃を見計らって、またまた様々な理由をくっつけて「お友達」に金を回そうと策するに違いないからだ。転んでも、ただでは起きない。要するに、無能な似非「エリート」の「愚行」によって生じた「負の遺産」も、バブル崩壊後、金融機関が自ら生み出した不良債権を〈一般ピープル〉に対する超低金利政策や手数料徴収などによって埋め合わせたように、そのツケを〈一般ピープル〉に転嫁してしまえば問題ないもんねというのが彼らの常套手段なのだ。まあ、実直な篤農家や商人・職人・経営者、そして、「井戸塀」政治家たちとは大違いの、正に〈軽蔑すべき〉輩が「エリート」面をしてのさばっているのが現状といっていいのだ。

   安倍たちとその取り巻きたちの言い分は、アメリカとの「軍事同盟」関係(=日米安保体制)を強化し、「先進国クラブ」の一員として「集団的自衛権」を行使できるようにする(=「普通」の国のように同盟国と一緒に外国で「戦争ができる」国家になる)ことが、日本と世界の「平和」の実現にとって必要だということのようだが、日本が戦後70年間「戦争」をせず「平和」で済んだのは、〈日米安保条約〉のおかげなのでは決してなく、国際紛争を武力=戦争によって解決してはならないという〈憲法9条の平和主義〉のおかげであることは明々白々のことなのだ。すなわち、占領下、アメリカの「使いっぱ」として使役するために〈再軍備化〉を求められた1950年以降今日まで、少なくとも、時の政府が憲法9条を盾に「専守防衛」(個別的自衛権)の枠内に日本の安全保障政策を維持しようとしたが故にこそ、国民は、アメリカが行った朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン戦争、イラク戦争等々の、〈一般ピープル〉同士が殺し合わされる戦争に直接巻き込まれずに済んだのだ。最も最近の事例でいえば、9条の平和主義によってこそ、あの国際法違反のイラク戦争に集団的に参加し、中東情勢を一層混乱させるという愚を抑制しえたのだ。また、もし戦後の日本が安倍の祖父たる岸信介たちが支配していた戦前のような「普通」の国家であったならば、〈一般ピープル〉は確実に彼らの私利のために戦争に動員され、他国民との〈殺しー殺される〉関係に引きずり込まれ、犠牲を強いられたに違いない。ついでに、今のところ安倍は「平和国家・日本」の政権担当者としてこれまでの政府見解を踏襲すると口先で言わざるを得ないのだが、本心では、膨大な〈一般ピープル〉の命と尊厳が奪われた戦前の戦争を「肯定」する歴史観(侵略戦争ではなく自衛戦争だったとか宣う)に立っていることは忘れてはならないことだ。

   しかし、それにしても、よく言うものだ!「怖くない!怖くない!」って?! リスクは変わらず、むしろ、減るって?!大体、世界におけるアメリカの武力行使=戦争が、現在、どれほど悲惨で混沌とした情勢を生み出しているというのか。そして、日本が「集団的自衛権」を行使してアメリカの武力行使を「後方支援」することよって世界がより安全になるなど、どのような根拠で言えるのだ。考えられるのは、国際社会の一層の不安定化と戦争とテロの誘発ではないか。利益を得るのは各国の軍産複合体とそれに寄生する一部の者たちだけだ。武力によらない平和的解決に向けて知恵と努力を尽くすことこそが、「平和国家・日本」の世界への貢献ではなかったのか。

   また、日米安保条約の下、アメリカを守ること(米衛)が日本を守ること(自衛)になるというが、例えば、目の前の「北方領土」や「竹島」が〈不法占領〉されているというのなら、どうして、アメリカは日本を助けてくれないのか?こんな「自明」のことすらも日米軍事同盟は解決し得ないではないか。盛んに外国(中国や北朝鮮)の脅威を煽ってはいるが、そもそも、米中関係を読み違えているのではないか?! 尖閣の問題にしても、これまでの日中の外交交渉を基礎に、いたずらに軍事的緊張を増幅させるのではなく、平和的な解決を目指すことこそが、日中両国の〈一般ピープル〉の利益になるはずではないのか。要するに、現在の日本政府の動きは、自衛隊をアメリカを中心とする多国籍軍の一員として世界に派遣することによって「直接」的・「短期」的な利益を得ることができる勢力(主に軍需関連産業)が存在するということだけを意味するのだ。そして、こうしたことに無自覚でいることは、そのことによって犠牲を強いられる〈一般ピープル〉だけではなく、戦前のように、日本全体の「長期」的な利益にも反することになるのだ。
   
  戦前、その〈侵略戦争〉によって世界の〈一般ピープル〉に膨大な犠牲を強いておきながら、戦後、アメリカによって命を救われ、アメリカの「諜報員」となって金と地位を保証される者すらもいた(!)戦前の〈戦争指導者〉たちの末裔が、再び、国民に犠牲を強いようとしている。それも、憲法学者の指摘を受けるまでもなく通常の頭で考えれば明々白々な「憲法違反」かつ「反民主主義的」なやり方でだ。私は、再び、言わねばならぬ。


           勝手に決めるな!
           主権者なめるな!
           戦争法案 絶対反対!



DSC_3435 (1)
「怒りの記念日 7・15」―――強行採決の場を背に



スポンサーサイト



「沖縄意見広告運動」集会に参加して――6月を振り返って(4)

沖縄の心こそ反戦・平和の礎
 
   うりずんの 雨は血の雨 涙雨
   礎(いしじ)の魂 呼び起こす雨


          詠み人 小嶺基子
    (ジャン・ユンカ−マン監督作品
         『沖縄 うりずんの雨』より)


   3年前の沖縄旅行の際に「オスプレイ 反対してよ!」と声をかけてくれた公設市場のおばさんへの義理立てもあって(?!)、その後の私は、できる得る限り、沖縄に関する報道に目を通し、また、沖縄の基地反対運動にも注目してきました。そして、今、皆さんにも呼びかけたい「辺野古基金」への賛同もそうした気持ちの表れでした。

   ところで、6月23日の沖縄・「慰霊の日」に先立つ6月21日、私は東京の日本教育会館で行われた「第六期沖縄意見広告運動 関東報告集会」に参加してきました。集会は、元国立市長・上原公子さんの司会で始まり、第1部では、元宜野湾市長・伊波洋一さんとヘリ基地反対協議会共同代表・安次富浩さんの報告、第2部では、オーストラリア国立大学名誉教授・ガバン・マコーマックさんの講演「安倍政権と沖縄、そしてアジア」、そして、第3部では、世話人や各賛同団体からの連帯の挨拶がありました。若々しい上原さんには「アジ」られ(!)、ツイッターでおなじみの伊波さんの地道な仕事ぶりには頭が下がり、辺野古で座り込みを続ける活動家の理念型のような安次富さんからは挫けない〈元気と勇気〉をもらいました。また、『空虚な楽園―――戦後日本の再検討』や『転換期の日本へ』などを読んで知っていたガバン・マコーマックさんの日本語による講演では、彼の学者としての、人間としての誠実さを強く印象付けられました。そして、各賛同団体からの数多くの連帯の挨拶を聞いて、この運動の広がりと根の深さを確信する事ができたのでした。

   さて、こうした沖縄との関わりの中で私がつくづく感じるのは、「恒久平和の発信地」(翁長知事)たる沖縄の「こころ」によって、平和を求めてはきたけれど、直接戦争を経験したことのない私自身が支えられ励まされているといった感覚なのです。それは戦争体験者や厳しい現実の中で運動を続けている人々の〈表情〉そのものから与えられるもので、たとえば、映画『沖縄 うりずんの雨』に登場する人々の話と〈表情〉から―――最近のTBS・報道特集「台湾人の元慰安婦」を見た時にも感じたことですが―――、彼らが体験したまごうことなきその〈事実〉とそのことによって奪われ凌辱された一人一人の命と尊厳の〈重み〉を看取する事ができるということなのです。それらは、集団的自衛権容認や安保法制、普天間基地の辺野古への移設などに関連して繰り返された、誠実さのひとかけらも感じさせない安倍の嘘と詭弁と(そんな子供騙しが通用するとでも思っている)無能さ、そして、繰り返す事もはばかられるような、沖縄に対して投げつけられた無知で・差別的で・破廉恥な(安倍の大切なお友達)百田尚樹のデマ―――「冗談だった」で済まそうとするところにまた彼の品格のレベルが表れている!―――等々とは対極をなすものなのです。私は、私たち自身の命と尊厳を守るために、沖縄の心から多くのことを学ぶことができると感じるのです。

   最近の動きを見れば、詐欺的な手法によって、沖縄の心そして日本国憲法の諸原理(平和主義・国民主権・基本的人権)の破壊を目論む安倍政権のまさしく〈憲法違反〉の策謀は、国民多数にとっていよいよ明白となり、はっきりと拒否されつつあるといえます。とりわけ、若い人々の間に生まれている新しい動きは共感するところ大であり、強く期待せざるを得ません。そして、安倍が、世論調査にも明示されたこうした国民多数の意見を無視し、国の根本原理を恣意的に覆そうとするのであれば、彼らはまさしく「民主主義」とは無縁な独裁者かファシストであることを自ら証明することとなるでしょう。今週は、〈憲法違反〉の安保法制を〈強行採決〉しようとする動きを止める事ができるかどうかの山場と言われています。私も、若者たちと一緒に叫ばなければなりません。

   勝手に決めるな!
   主権者なめるな!
   戦争法案 絶対反対!

   

N響演奏会(大宮ソニック)に行ってきました―――6月を振り返って(3)

久しぶりのコンサート・N響がうまい! 
 ――渡邊一正氏の理知的でサックリとした指揮にも感銘!



   ※ 6月27日(土)、大宮のソニックシティ大ホールで開かれた、渡邊一正指揮『NHK交響楽団演奏会』に行ってきました。 演目は、お馴染みの以下の3曲でした。

         ボロディン
     歌劇「イーゴリ公」から
      「ダッタン人の娘たちの踊り」「ダッタン人の踊り」

         リスト 
     ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調 ピアノ:横山幸雄
        チャイコフスキー 
     交響曲 第6番 ロ短調 「悲愴」


   最近、音楽を聴く時間が相対的にではありますが少なくなってきているようです。しかし、今回は、妻と「姉貴」を誘ってクラシックのコンサートに行くことにしました。私以外の二人は結構忙しく日程の調整も難しかったのですが、丁度いいプログラムにも恵まれ、お馴染みのメロディーをハミングしながら、ルンルンと帰路につくことができました。
   演奏についての印象を述べるならば、第一曲目の「ダッタン人の踊り」から、オーケストラのうまさに思わず頰がほころぶのを感じました。(どうしたらあのような音が出るのでしょう。プロですねえ!)
   第2曲目は、有名なピアノ協奏曲ですが、横山さんのピアノの音とオーケストラの音との「バランス」に何かしら「不具合」を感じました。リストのオーケストレーション自体に問題があるのかもしれませんが、妻も言っていたように、ピアノの音が弱く聞こえないといった箇所が数多くあったように思われました。ライヴでは難しい曲なのでしょうか。
   第3曲目の「悲愴」は指揮者によって非常に異なった雰囲気を醸し出す曲ですが、渡邊一正さんの指揮による演奏は、抒情性に流されない、非常に「理知」的な印象を与えるものでした。第1楽章から、一音一音が明瞭に、早めのテンポで演奏され、ゆっくりとしたテンポですすり泣くような楽器の音色によって表現されてきた、古典的な〈叙情〉的雰囲気は、意識的に極小化されているように感じられました。また、その「抑制」的性格は顕著で、とりわけ第3楽章では、指揮者がオーケストラ(とりわけ、パーカッション)を盛んに抑えこんでいるといった印象さえも感じられました―――それは、曲想こそ異なりますが、フルトベングラー=BPOの演奏を思い起こさせるものです。そして、この第4楽章こそがこの曲の〈核心〉なのだといった風に、その「抑制」と「解放」の微妙な結合によって終曲を迎えるのです。(勿論、以上は素人の純個人的な感想です。悪しからず。)

   私が前回ライヴで聴いた「悲愴」は西本智実さん指揮によるものでしたが、その時も「現代」的といってよい印象を受けました。しかし、渡邊一正さんの演奏はさらに一層「サックリ」とした印象を与えるものであり、そのことは、この曲が呼び起こす「どんな悲しいことがあったのだろう?」という問いに対する答えが、まさしく、現代に生きる私たちと「等身大」のものと感じられるところにあるように思われます。ただし、そうした「現代性」が〈人間性〉という観点からどう評価されるかは別問題といえるでしょうが。

   ――小沢征爾さんが、日本は「(今後もずっと)『戦争をしない国』としての良い例を世界に示せるはずだ」と述べたという記事が東京新聞(6月22日)に載っていたよね。とにかく、音楽を本当に楽しめる日本そして世界であって欲しいと心から願わざるを得ないよ。でも、そのためには、今、「平和のための闘い」が必要ということなのでしょう。疲れるねえ。サロさん!

   でも、散歩は・・・・

信州・蓼科山に登る――6月を振り返って(2)

 友人夫妻の初登山に同行
  ―――山登りにもやっぱり性格は出ますよね!(笑)



   ※ 私はいわゆる「山男」ではありませんが、「観光登山」をこの40数年ほど続けており、山行は百数十回に及んでいるはずです。ただ、あまりにも身近な感じだったからでしょうか、有名な蓼科山には登ったことがありませんでした。そんな話をしたところ、友人夫妻が一緒に登りたいということになり、6月の下旬、梅雨の晴れ間を狙ってアタックすることになりました。友人は平坦地では超高速の歩きを見せるのですが、勾配がつくと途端に「意欲」を喪失し、山に登ること自体を拒絶するといった感じの人でした。奥さんの方は、何度か山登りに参加したことはあったそうですが、他の人に気兼ねしたのでしょうか、途中で断念して頂上まで行ったことはなかったのだそうです。そんなご夫妻が、「初登山・初登頂」を目指して蓼科山に「挑戦」することになりました。

【日程】6月23日(火)
  8:00七合目一の鳥居←→蓼科山荘←→蓼科山・頂上11:00
                       (13:10下山)
      女神湖周辺・散策――B&Bペンション泊

    6月24日(水)
  10:20 御泉水自然園←→蓼仙の滝(1時間30分)
        

鎖場ではしゃいでいるのは誰かな?
DSC_3340 (1)


   ※ コースは頂上への最短ルート「七合目一の鳥居」からの往復としました(山頂までのコースタイムは1時間50分)。麓は雷雨に見舞われたりなどの不安定な天候で、足場の悪いところもあったのですが、概ね順調な登山となりました。面白かったのは、〈単調〉な登りの時には「ブツブツ」言っていた奥さんが、鎖場に差し掛かると突然奮い立って(高速道路での運転のように)ガンガン登って行ってしまったことです。なるほど、彼女にはロッククライミングの方が適しているのかもしれません。途中の蓼科山荘では小休止をとり、コーヒーを楽しみました。小屋はステンドグラスで飾られ、ピアノが置いてあるなど、大変〈こだわり〉の感じられる小屋でした。また、そこには『長谷川恒男記念庫』の案内が置いてあり、若い頃妻と穂高に登った時、奥穂高山荘の同じテーブルにガイド客と一緒の長谷川恒男さんがいたことを懐かしく思い出しました。小屋の外では、手の平に野鳥がとまったりする光景も見られました。


「日本百名山」・蓼科山 山頂(2530m)にて
DSC_3347.jpg


   ※ 残雪も見られる岩綾を登りきって、蓼科山頂に無事到着。それにしても、この広大な岩の群。大昔、ここらあたりは海の底だったのか? はじめはガスっていた山頂も、透き通るような青空が頭上に広がり、間近に北横岳も顔を見せてくれました。遠望はききませんでしたが、気温も低く、登山日和といって良い1日だったと思います。山頂でのおにぎりやりんごは相変わらず美味しかった! 友人夫妻の「初登山・初登頂」の感想はどうだったのでしょうね?


女神湖付近からの蓼科山(6月24日、早朝)
DSC_3377.jpg


   ※下山後は、麓の女神湖で一泊しました。女神湖はツンドラの名残りである湿地帯に作られた人造湖ですが、白樺をはじめとする亜寒帯の植物群が最大の魅力だと思います。以前泊まったことのある白樺湖よりも落ち着いた雰囲気で、私は気に入りました。宿泊先は、B&B(Bed and Breakfast)=1泊朝食付きで3500円というペンションでした。夕食は別途ですが、これまでは温泉宿かキャンプ場に宿泊していた私にとっては、極めて魅力的な新たな選択肢(安価で!安心できる!)を発見したと言って良いと思います。
   翌日は、近くの御泉水自然園(蓼仙の滝)を歩きました。爽やかな森の中を歩く幸せは、筆舌に尽くしがたいものです。サロさんと一緒に来たいとも思いますが、サロさんと一緒だと、引っ張られて、とんでもないことになりそうです。やっぱり、君はお留守番かねえ。


リクリエーション農園にて――6月を振り返って(1)

 腹一杯!野菜を食する喜び
   ―――それにしても結構疲れるのです(汗)。

  

DSC_2948.jpg


※ 前回のアップから一ヶ月以上経ってしまい、ブログの冒頭に広告が載ってしまいました。私自身としては、集団的自衛権や沖縄問題など、心に感じること・考えることはいっぱいあるのですが、〈思い余って〉キーボードを打つことができないでいると、ますます表現力が減衰するもののようです。ということで、今回は、より日常的な話題を取り上げ、まずは書いてみることにしました。お付き合いください。


   さて、この春から私の生活を大きく変えたのは、小さな「リクリエーション農園」を始めたことです。幼いころ、家の庭に小さな畑があったことは記憶していますが、自分自身で野菜を育てるのは、ガーデンペットでミニトマトを育てて以来のことです。25平米ほどの狭い土地ですが、春の植え付けでは、レタス・ブロッコリー・キャベツ・にんにく・ミニかぼちゃ・小玉スイカ・じゃがいも・さつまいも・里芋・きゅうり・なす・トマト・枝豆・さやえんどう・とうもろこしと、目一杯の種類を試みてみました。結果は、さやえんどう以外は予想以上の生育が見られ、個人的には大満足ということです。我が家の食卓も「完全自給」には程遠いとはいえ、連日、私が作った野菜が並び、今まではあり得なかった、野菜を腹一杯食べるという幸福感を味わっています。

   私がこんなことを始めたのは、昨年まで2階のベランダで野菜作りをしていた「姉貴」が「リクリエーション農園」を借りるというので、私もそれに便乗したと言うわけです。ところで、こうした中で気づいたことは、私と「姉貴」とでは農作業に対する考えが全然違うと言うことでした。私は『初めての野菜作り』などいう本を読みながら、土作りから、施肥、種まき、市販の苗の植え付け、草取りなど、ある意味で「正統」的な方法をとったのですが、「姉貴」は、まず、全て「種」から始め、肥料はほとんど使わず、おまけに、雑草や虫たちと「共生」させるがごとき育て方をするのです。始めは生育も悪く、こんなことで大きくなるのだろうかと心配していましたが、今や立派に生育しているのです。植物たちは大きくなりたい時に大きくなるもののようです。農法にもいろいろなやり方があるものだとつくづく考えさせられました。

   野菜作りを始めてから私の生活もかなり変わりました。一番大変なのは、水やりと雑草取りです。雨が降らないときは、前夜の風呂の水をポリ容器に移し入れて運び、水やりをしなければなりません。また、雑草、とりわけ、葦との格闘は想像以上に熾烈でした。これまでも、サロさんとの散歩だけでかなり疲れると感じていましたが、これに、日々の農作業が加わると、それだけでもう手一杯という感じになることもしばしばでした。なんとか、本を読むことはできていますが、ブログが書けないのはこの農作業のせいもあるかもしれません。しかし、野菜たちとの付き合いは、間違いなく楽しいのです。退職後に野菜作りをする人がかなりいますが、おそらく、ほかの人たちも私と同じような気持ちなのではないかと想像しています。農作業を通した自然との語らい、そして、自然の恵みを食する喜び、それらは、農耕を開始した人類がDNAに刻み込んだものなのかもしれません。そして、サロが野菜が好きなことも判明したのでした(W)。



DSC_3294.jpg
僕も茹でたブロッコリーが大好きなんだよ

   
プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる