FC2ブログ

衆院補選・北海道5区の結果に思う

 日本の主権者は現代の「僭主」に抗しうるのか?
   ―――日本の主権者はそんなに愚かではない!




我が野菜はアベノミクスには負けない!
DSC_3883.jpg




   ※一昨日の深夜、NHK・BS世界のドキュメンタリー『ドナルド・トランプのおかしな世界』を見ました。トランプの人格的問題性と彼を熱狂的に支持するアメリカの白人「貧困層」の姿には戦慄すら覚えました。5月5日午後5時から再放送がありますので、見逃した方には是非お勧めします。BBCのジャーナリズムとしての心意気も感じさせる秀作です。もちろん、古代ギリシャの「僭主」をあげるまでもなく、政治の世界では、危機と偏見を煽る「扇動政治家」の出現とそれに容易に「感応」する(人口の一定の部分の)人々の存在は「常識」的なものですらあるでしょう。しかし、そうした現象が、この21世紀の超大国アメリカにおいて、まさかと思われる言説と規模で現れているのです。そして、こうした事態は、「反中・嫌韓」を煽るアベ政権下の日本においても、けっして無縁ではないように思われるのです。

   ところで、アベ政権の〈無能〉さとそれ隠蔽せんとするが如き〈報道統制〉の強化は、熊本地震以降も、人々の不幸を利用するような形で、ますます強められていると言ってよいでしょう。事細かく論ずることはしませんが、(どれほどの効果あるいは誤りがあるのかの検証もないまま)一定の間隔で、アベの偉そうな「指示する姿」を垂れ流し、どさくさ紛れにオスプレイの投入を大声で喧伝し、「未経験」の熊本地震を前にしてさえ、間近な川内原発を〈静か〜に〉稼働し続ける(要するに、危険が全くないと装うために、事故が起こってしまうまでは動かし続けるつもりなのでしょう。なんて奴らだ!)等々、権力による組織化された「メディア戦略」は確実に推し進められているのです。こうした流れを止め、私たちの安全と安心を実現するには、夏の参院選における「野党共闘」の勝利が必要不可欠な第一歩となるのです。そして、その前哨戦が、今月24日投票の、京都3区と北海道5区における衆議院補欠選挙でした。この選挙に対する評価は様々ですが、私の個人的な感想は次のようなものです。

   まず、京都3区(投票率30.12%)は、民進(社推薦)の泉健太氏(65,051票)がアベ政権のお友達であるおおさか維新の会の森夏枝氏(20710票)に3倍の差をつけて当選したこと、これは「野党共闘」の観点から非常に大きいように思われます。
   また、北海道5区(投票率57.63%)については、池田氏の敗北は非常に残念ではありますが、大局的に見れば、決して敗北とだけ考える必要もないのだろうと思われます。それは、市区町村別および無党派層の投票動向に見ることができましょう。

 衆院北海道5区補選確定得票数(北海道選挙管理委員会のHPより)
当 135,842 和田義明<1>自新=[公][こ]
  123,517 池田真紀 無新=[民][共][社][生]

 衆院補選確定得票数
          和田よしあき      池田 まき
市区町村名     得票数 (得票率%)    得票数 (得票率%)
札幌市厚別区   29,292 (46.70)   33,434 (53.30)
江別市      28,661 (49.12)   29,687 (50.88)
千歳市      25,591 (63.93)   14,439 (36.07)
恵庭市      19,447 (59.82)   13,062 (40.18)
北広島市     13,419 (46.89)   15,200 (53.11
石狩市      13,103 (49.94)   13,133 (50.06)
市区計      129,513 (52.12)  118,955 (47.88)

当別町      5,023  (56.28)    3,902 (43.72)
新篠津村     1,306  (66.43)     660 (33.57)
石狩振興局    計 6,329  (58.11)    4,562  (41.89)

北海道第5区   135,842 (52.38)  123,517 (47.62)  

    
   言うまでもなく、ここで注目すべきことは、青字の都市部で野党統一候補=池田氏が自公の和田氏を超えていることです。これに対して、和田氏が池田氏に大差をつけた千歳と恵庭などは、いわゆる自衛隊関係者の多い地域で、これまでも自民党の地盤といわれてきたところです。そこに、今回は、イケメン小泉進次郎をはじめとする大量の組織的動員をかけ、徹底的に票固めをした結果がこれです。もちろん、アベは、自衛隊関係者に対し、その存在を認め、評価してきたのは「自民党」なのだと宣伝したのでしょうが、実は、憲法違反の集団的自衛権容認の戦争法をでっち上げ、フルスペックの憲法改定を策し、「専守防衛」と災害派遣で自己の存在を確証してきたこれまでの〈自衛隊〉を否定しようとしているのはアベ自身に他ならないのです。すなわち、アベは、日米のエスタブリッシュメントの利害に基づき、〈自衛隊〉を〈軍隊〉として海外に派遣し、米軍の露払いとして差し出そうとしているだけなのです。おまけに、アベたちは、なんと、憲法9条は核兵器や生物・化学兵器を禁止しているわけではなく、〈政策的判断〉によって保有を見合わせているだけだと強弁し、〈自衛隊〉にそうした非人道的な役割さえ押し付けようと企んでいるのです。アベは、自分の〈駒〉として利用するため、さかんに自衛隊員を持ち上げようとするでしょうが、もし、自衛隊員が米軍との「お友達作戦」の最中、〈虚偽情報〉に基づいて甚大な被害を被った時、それに抗議する自衛隊員にどんな対応をとるでしょうか。きっと、現場の自衛隊員の方々の方が容易にその様子を想像できるのではないでしょうか。自衛隊は、「警察予備隊」として、「災害救助隊」として自己規定することこそが、憲法9条の理念に適うものなのだと私は思います。

   また、共同通信社による出口調査では73・0%が野党統一候補=池田氏に投票したとのことです。和田氏が称揚するアベノミクスなど、日本の無党派一般ピープルにとっては、もうとっくに正体がバレているのです。また、農業を担う北海道の人たちも、あのノーベル経済学賞スティグリッツ教授が、TPP(=「悪い貿易協定」)について、「あらゆる人々の犠牲のもとに、アメリカのごく一部の最富裕層と、世界各国のエリート層が恩恵を受ける」危険性を指摘していたことを噛みしめるべきです(『週刊金曜日』、1082号、13頁)。〈セコイ〉アベ政権に瞞着されてはなりません。

   さあ、夏の参院選に向け、私たち〈一般ピープル〉も、自分の頭で考え、主権者として発言し、行動していかねばなりません。アベにこの日本と世界を壊されてなるものですか!

スポンサーサイト



さらば!愛車よ!―――私は寂しいよ

  一般ピープルが愛したKei君!
     17年間・170000km――本当にご苦労様!


君は本当に運転しやすかったよ
DSC_4324.jpg

   ※4月が終わろうとしていますが、今月の私にとって、最大の出来事は愛車Kei 君との別れであったように思います。先ほども、ホコリを被ったアルバムを引っ張り出してこの17年間を振り返り見てみました。いやはや感無量というところです。もともとは母の介護のために入手したのですが、母亡き後も、サロさんをはじめとする家族との思い出がいっぱい詰まっているのです。これからも、楽しく、幸せだった日々とともに思い出すことにしましょう。辛く、悲しいことは忘れて。 

天寿を全うしたね
DSC_4331.jpg

   ※Kei君は、スズキの軽自動車(660cc)で、ターボ車だったこともあって加速等にも全く不満はありませんでした。また、ABSがついていたので、安心感も大きかったといえます。ABSには2、3回救われていると思います。横から大型トラックに突っ込まれたり、充電装置の不具合など、全くトラブルがなかったわけではありませんが、様々な人の手助けによって、「天寿」を全うしたと言って良いでしょう。エンジンのオイル漏れさえなければもう2年間とも考えたのですが、やはり車両火災はまずいので、断念せざるを得ませんでした。しかし、メンテナンスさえうまくやれば20万キロは十分可能だったと思います。


サロさんも大喜びで乗ってました
DSC_4317.jpg

   ※この写真は、サロさんが最後にKei君に乗った時のものです。近場に行く時はKei君に乗り、車の中から外を見るのが大好きだったので、Kei君のそばを通ると、前足でドアのところをコツコツと叩いて乗りたいと要求したりしたものです。また、車の中の匂いにも興味津々のようで、車の中を嗅ぎ回っていました。サロさんも、Kei君のエンジン音と鼓動が気に入っていたのでしょう。来月は、サロさんとキャンプの予定です。さて、どんな旅になることでしょうか。

「晴耕雨ブログ」―――『夢の江戸歌舞伎』を読む

   江戸の歌舞伎小屋に思いをはせる
       ―――江戸の一般ピープルの〈ハレ〉の場



夢の江戸歌舞伎


   ※今朝、小雨の中サロさんと散歩をしたら眠くなりました。一眠りして、目が覚めたらもう雨が止んでいました。「さて、畑仕事か!」と思いましたが、畑の方は、5月のサツマ芋の植え付けを残してもうやってしまったので、久しぶりに、徒然なるままに、ブログを更新することにしました。お付き合いください。

   さて、私は4月生まれなのですが、今年の「誕生プレゼント」は〈餃子30個〉と〈絵本〉でした。餃子の方は、私が「一度〈飽きるまで〉食べてみたい」と言ったので、それを実現してくれたわけです。お馴染みのCO-OP餃子でしたが、もちろん、十分満足しました。また、絵本の方は、最近私が浄瑠璃や歌舞伎の本ばかり読んでいるので、写真にもある『絵本・夢の江戸歌舞伎』(服部幸雄文・一ノ関圭絵、岩波書店、2001年)を贈ってくれたのです。

   この絵本は、文化文政期の江戸・中村座に見習いに入った少年が「顔見せ興行」の様子を自ら体験しつつ紹介するという形で書かれています。服部さんも示唆していますが、江戸時代の歌舞伎は、現代のような(ある意味で)「お上品」で「文化」的な性格のものではなく、芝居が大好きな役者をはじめとする芝居小屋関係者全員と様々な階層の観衆が一体となってつくりあげる、非日常的で、祝祭的な、もっともっと楽しく面白いものだったようです。それは、芝居小屋の構造そのものにも表れていて、その様子をたくさんの人々の姿と共に緻密にイラストで表現した一ノ関さんの「職人」的情熱にも感服せざるを得ないところです。「ウオーリーを探せ」的な楽しみもありましたが、さらに、立体的に見える「3Dアート」的な処理がなされたらどんな風に見えるだろうなどとも想像しました。故中村勘三郎が「(平成)中村座」を再現しようとした気持ちもわかるような気がします。

   また、この絵本は、その劇場空間を中心とした、巻末の「解説」と「絵注」がとりわけ秀逸で、細かい字で大変でしたが、三日間、熟読してしまいました。それは、舞台上の演技や脚本に焦点が当てられている『歌舞伎十八番』(集英社)などとはかなり異なった印象を与えるもので、「演劇」の本質的な魅力が奈辺にあるのかをを改めて考えさせられるものでした。私は、還暦を過ぎてから見始めた歌舞伎や浄瑠璃に触発され、当時の人々の感じ方や考え方をより明確に知りたいと思い、「日本〈古典〉文学全集」の関連する作品群を読み進めてきました。しかし、この絵本に出会うことによって、(とりわけ演劇ファンだとかお祭り好きであったというわけではない)私のそうした動機が、かなり「主知主義」的な傾向を持っているだろうことに気付かされたのです。確かに「日本〈古典〉文学全集」は面白いです。しかし、それが実際に演じられ、人々が楽しんだ演劇空間の方がより本源的なものなのだろうと思うのです。大切なことを教えられました。素晴らしい絵本です。


国谷・岸井・古舘諸氏の「降番」に思う――マスコミ雑感2016・4月

 アベ〈ナチスに学べ〉政権が志向するマスコミ統制
   ―――そして、格差と戦争の〈種〉が蒔かれている!



   ※この季節は「晴耕雨ブログ」です。新しく借りることになった土地への植え付けと種まきは終わり、後は、連休前後のトマトやキュウリなどの植え付けに向けての準備ということになります。一昨日、近場の桜並木を見てきましたが、青空が桜色に染まっているのは本当に美しいですよね。ただ、晴天の日が続くと、忙しくて、図書館で借りた本を2週間以内に読むのが大変になります。でも、今日は、朝から雨でした。


   最近の「御用マスコミ」の報道を見ていると、これだけしか見ていない人々にとって、世の中がどう見えるのだろうと考え込んでしまうことがあります。何しろ、政府に都合の悪いことは出来るだけ報道しない、そして、政府に都合の良い「見方」は雨あられと垂れ流すのですから(「フィルター・システム」)、まさしく、「健全な批判精神」どころか、時の権力の「プロパガンダ機関」に堕しきっているとしか言いようがない有様なのです。こうしたなかで、良質な報道番組が姿を消していくことは、本当に残念でなりません。
   
   「物事を伝えることが次第に難しくなってきた」―――これは、『クローズアップ現代』国谷裕子さんの番組最後の言葉です。また、『NEWS23』の岸井成格さんは、「何よりも真実を伝え、権力を監視するジャーナリズムの姿勢を貫くことがますます重要になってきている」と言いました。また、『報道ステーション』の古舘伊知郎さんは、直接やめさせろといった圧力はなかったとしながらも、「ただ、このごろは、報道番組で、あけっぴろげに昔よりもいろんな発言ができなくなりつつあるような空気は、私も感じています」と述べています。要するに、三者三様、最近のアベ政権による報道統制(ー思想統制)の動きに警鐘を鳴らしているといって良いでしょう。

    さて、昨年、私は『ヒトラー』(ヘレンドルファー/フェスト監督)や『ニュールンベルグ裁判』(スタンリー・クレーマー監督)そして『ハンナ・アーレント』(マルガレーテ・トロッタ監督)などの映画を見ましたが、その中で強く感じたのは、当時世界で最も民主的だと言われていたワイマール憲法下でナチスが政権を獲得し、独裁体制を樹立していく上で最も大きな役割を果たしたのが「メディア戦略」だったということです。そして、彼らは、あのドイツ国民の〈こころ〉に〈差別と戦争〉の種を蒔きつけ、それを発芽させ、成長させることによって、ドイツ国民をあの〈無謀〉で〈残虐〉な侵略戦争に引きずり込んだのでした。そして、もう一つ、さらに重要だと感じたのが、そうしたイデオロギーの受容を許した〈土壌〉(「基底的(価値)意識」)とは何だったのかということです。このことについてはこれまでもエーリッヒ・フロムの『自由からの逃走』をはじめとする様々な研究があったのですが、今回の映画におけるハンナ・アーレントの「悪の凡庸性(陳腐さ)」や「凡庸(陳腐)な悪」(『イェルサレムのアイヒマン』参照)も非常に啓発的なものに感じられました。こうした視点は、戦前の「超国家主義」(「天皇制ファシズム」)を経験し、また、現在、「歴史修正主義」的歴史観を持つ「三代目」によって日本国憲法の諸原理(国民主権・基本的人権・平和主義)が恣意的に踏みにじられつつある日本の〈一般ピープル〉にとって、とりわけ貴重なものに感じられました。私たちは、私たち日本の〈土壌〉を、重層的に点検・反省する必要があるのだと思います。

   ところで、アベ政権の〈ナチスに学べ〉路線の中で、現在最も重要な位置を占めているのは、やはり、〈メディア戦略〉に他ならないでしょう。もともとアベ政権は、〈大日本帝國憲法〉体制―――戦前の支配層の〈権力〉と〈富〉―――に恋慕する「三代目」が、アメリカを中心とする国際金融資本が主導するグローバリズム(新自由主義)経済のなかで利益を確保せんとする国内の「イスタブリッシュメント」と結びついたもの(「権力ブロック」)であり、「実体」的な財やサービスの生産に従事する私たち〈一般ピープル〉の利害と相反する性格を強く持っているのです。ですから、彼らが私たち〈一般ピープル〉の支持を取り付けるためには、結局、彼らの政策の真の目的と本質を「隠蔽」せざるを得ないのです。こうして、アベ政権は、私たちにとって、本当に「実」(私たちの生活の実質的向上)のカケラもない、「宣伝に始まり宣伝に終わる」が如きものになる他なかったのです。「空気を吸う様に嘘をつく」という表現をどこかで見た気がしますが、集団的自衛権の容認(戦争法案)にしても、アベノミクスにしても、原発にしても、TPPにしても、労働政策にしても、福祉にしても、教育にしても、嘘でなかったものがあったでしょうか。ありゃしませんよね!そして、彼らがとりわけ〈エグい〉のは、その政策が国民大多数の利害と相反していることを知りつつ、すなわち、「お友達仲間」の〈一人勝ち〉を当然のこととしながら、自覚的にウソを垂れ流しているところにあるのです。そこが角栄たちと違うところでしょう。アベ政権の、ファシスト的シニシズムが漂う、〈見え透いた〉ウソや目くらましには心底怒りを感じざるを得ません。
  
   ところで、憲法違反の「戦争法」そして9条破壊を目論む「改憲」策動を正当化する彼らの論拠は、極めて〈通俗的〉な「抑止力」論でした。すなわち、平和を守る(戦争をしない)ためには(戦争ができる)軍隊と軍事同盟が必要だ、「あなたも、強い相手、あるいは、相手の強いバックに殴られる・殺されると思ったら手を出さないでしょう」というわけです。大体、圧倒的な「抑止力」を持った連合国に戦争を仕掛け、多くの人々に犠牲を強いたあの戦争は正しかった(「靖国史観」)などと考えているらしい「三代目」に、軍隊と同盟が平和を守るなどとは絶対に言われたくないのですが、こうした軍事的「抑止力」の効果への「信仰」や、暴力(戦争)に対する〈抑止力〉は暴力(戦争)しかないという発想自体が、とりわけ、私たち〈一般ピープル〉にとっては、非〈現実的〉なのです。

   と、こんなことを考えているうちに、外の雨は止んでしまったようです。ちょっと外に出てこなければなりません。ということで、次回は、主に〈凡庸な〉個人の水準で、「素朴」で「通俗的」な「抑止力」論を批判してみたいと思います。もちろん、理論的水準では、国家や民族は均質な統一体でも、個人の延長でもないのですが。



「原発のない未来を」3・26全国大集会(代々木公園)

DSC_1988.jpg

  

 〈一般ピープル〉と柴犬に原発はいらねえ!

DSC_1979.jpg


   
プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる