FC2ブログ

『この世界の片隅に』を観て考えたこと

    「世界の片隅に」普遍的な〈愛〉をみつける



   ※良質の映画を見る事は幸せなことです。とりわけ、不誠実極まりない歪んだアベ政治の現状を前にしているとその感を強くします。ところで、以前、この映画の原作、こうの史代さんの『この世界の片隅に』について触れた事がありました(http://saromuriki.blog.fc2.com/blog-entry-59.html)。あれから4年、じっくり作り込まれた作品が完成したのです。いち早く観てきた(どことなくすずさんに似ているような)「姉貴」が「良かったよ」というので、私も早速近場の映画館に駆けつけてみました。期待を裏切ることのない、素晴らしい作品でした。

   歳をとると涙腺が緩むと言いますが、私は、冒頭に流れたフォークルの『悲しくてやりきれない』からウルっときてしまいました。そして、観終わった後私の脳裏に浮かんだのは、私自身意味不明なのですが、〈「ポスト・モダン」的「状況」の中に香る”普遍的”な愛〉なるものでした。とはいえ、なぜ私がこの原作と映画に感動したかといえば、それは、「大状況」と「大イデオロギー」(「大きな物語」と「大きな正義」)とは水準を異にする、「世界の片隅」に生きる「ふつうの人々」の生き方と思想に、その「大状況」と「大イデオロギー」を根底的に批判しうる可能性を感じたからなのだと思います。また、こうの史代さんの好きな言葉にアンドレ・ジッドの「私はいつも真の栄誉をかくし持つ人間を書きたいと思っている」があるとのことですが、私は、すずさんやリンさんや周作さんや水原さんの生き方と言葉に、そうした人間としての「栄誉」を感じることができたと思っています。

   それでは、この物語のキー・ワードと考えられる4つをあげておきましょう。ただし、映画と原作との間には、〈設定〉―――とりわけ、原作の横糸とも思われる、(水原=)すず×周作(=リン)の関係におけるそれぞれの「こだわり」とそれからの「解放」―――や〈セリフ〉に若干の相違があります。その事の意味することやその評価についてもまた別途考えたいとは思いますが、ここでは、記憶力の問題もありますので、主に原作に即しつつ論じておきたいと思います。

 ○「どこにでも宿る愛」ー「あちこちに宿る切々のわたしの愛」

  「個」と「類」、そして、それを媒介する様々な「集団」の〈内的・外的〉関係は、極めて複雑で矛盾に満ちたものです。しかし、「神は細部に宿る」とも言われますが、人間社会を「人間」社会たらしめてきたのは、個々人一人一人に宿る、人間を「人間」たらしめる基底的な〈感情〉―――それらは、古今東西、「慈悲」、「仁」、「愛」、「憐憫の情」、「ピティエ」、「シンパシイ」等々、様々な宗教的・哲学的概念によって把握されようとしてきたもの―――に他ならなかったろうと思われます。実際、巨大な暴力や差別の状況の中にあってすら、そうした〈感情〉(「愛」)を大切にし、育み、生きようとした、すずさんやりんさんのような「普通」の人々が存在したのです。そして、そのような人々の存在によってこそ、人々は絶望と憎悪の淵に沈みこむことなく、存在し続けることができたのだと思います(「どこにでも用意さるゝあなたの居場所」)。いうまでもなく、「栄誉」はこうした「普通」の人々にこそ与えられるべきでしょう。

 ○「すず お前はほんまに普通の人じゃ」(水原晢)

  これは、すずの幼なじみである、海軍志願兵水原の言葉です。また、彼はすずに「この世界で普通で・・・まともで居ってくれ」、そして、彼が死んだとしても、彼を「英霊」としてではなく(「普通」の一個人としての)「おれ」として思い出してくれとも言い残します。これらの言葉は、すぐさま、この世界でなにが「ふつう」で「まとも」なのかという問に繋がりますが、それは、水原自身の家族や同胞への思いが、軍隊という国家組織や「愛国心」という「大きな正義」に「包摂」されたときに生まれた「歪み」(「人間の当たり前から外された」〈不条理〉)故に発せられた言葉だったと考えられます。もちろん、こうしたことは、女性の結婚や出産などに関わる差別的な社会的風潮の中で悩み、また、「歪んだ」大義を振りかざす戦争という巨大な暴力によって〈右手〉を奪われたすずについても言い得ることでしょう。しかし、すずはこうした「歪み」に負けず、「普通」に「当たり前」に生きて行こうとする強さを持っていたのです。そして、いうまでもなく、こうした一人一人の「ふつう」で「当たり前」な生活が〈歪められる〉ことに真正面から向き合い、「当たり前に」〈怒り〉そして〈抵抗する〉ことが、「個の尊厳」と「基本的人権」を基底的な価値とする「民」主主義の原点だと言って良いと思います。さらに言うならば、〈国家〉イデオロギーとしての「愛国心」のレベルにおいては〈国家〉間の「戦争」は根底的に批判し得ず、それは、こうした「個の尊厳」に基づく一人一人の「基本的人権」・「平和的生存権」の視座によってこそ可能と思われるのです。いうまでもなく、「一般ピープル」は、差別し、暴力を振るう存在でもあります。しかし、それを乗り越えるのも「一般ピープル」の「普通」で「まとも」な人々なのだと言えるのではないでしょうか。

 ○「そんとな暴力に屈するもんかね」(すず) 

  この言葉は、広島が被爆した後、空飛ぶB-29の編隊を見つめながらすずの口から発せられた言葉です。また、すずは、敗戦の詔勅を聞いた後、「この国から正義が飛び去っていく じゃけえ 暴力に屈するという事かね それがこの国の正体かね」とも言います。朝鮮半島やアジアの国々を暴力によって侵略し、そこに住む「普通」の人々の生活を破壊した「国家の大義」は脆くも崩れ去ったのです。それでは、いかなる暴力にも屈することのない、すずの「正義」とは何なのでしょうか。言うまでもなく、それは、「普通」で「当たり前」な人々の生活を基準とするものに他ならないと考えられます。そして、そうである限り、「面従」することはあっても、暴力に屈して虚偽のイデオロギーを受容することもなく、逆に、不条理な暴力を笑い飛ばし、さらに、どのような場所においても、「当たり前」に生きるために全力を尽くすのです。そこには、「普通」で「当たり前」な人々の意地と勇気さえ感じられるのです。

 ○「りんさんの事秘密じゃなくしてしもうた・・・これはこれでゼイタクな気がするよ・・・」(すず)  
   しかし、戦争や差別などの不条理に〈歪められた〉「普通」の人々は、悲しいこと、辛いこと、悔しいこと、恥ずかしいこと等々に悩み、苦しまざるを得ません。そして、私たちの多くは、閉塞的状況の中で、諦め、忘れることでその苦しみから「解放」されようとするのです。そして、リンの言う、記憶を秘密にして死んでいく事の「贅沢さ」とは、その究極的な表現とも言えましょう。戦争体験を一言も話さず墓場まで持っていくと語る元兵士たちの苦しみはいかばかりのことだったのでしょうか。しかし、すずが可能だったように、記憶を〈分かち合う〉ことも出来るのです。そして、そうした存在を身近に持つ事は最高に〈贅沢〉な事なのかも知れません。
   このアニメ映画に登場する呉の街並みは、当時呉に生きていた人々の記憶を掘り起こし、その「かけら」を寄せ集めて再現したものだと聞いた事があります。世界の片隅で生きる「普通の」人々がその記憶を世代を超えて分かち合う事の大切さ、これもこの映画を見て感じたことです。私が流した涙の質は、直接戦争を体験はしなかったものの、戦争を生き延びてきた親世代の体験を聞きながら育った私たちが、そんな親世代の想いを分かち合い、心寄せることによって生まれてきたもののようにも感じられました。

   13日(火)沖縄で2機のオスプレイが事故を起こし、15日(木)には国際的にも国内的にもほぼ「最悪」のアベ=プーチン会談が行われました。ここでも、私たちは、〈国家の論理〉を〈私たちの普通で当たり前の論理〉によって乗り越えなければならないのだと感じました。

サロさんありがとう この世界の片隅で仲良くやろうや!
DSC_4936.jpg


スポンサーサイト



カジノ法案強行採決とアベ政治の本性――日々雑感11〜12月(1)

 ボッタクリ、負担を押し付け
    一般ピープルの〈劣情と憎悪〉を煽る



  ※11月も終わり、もう師走です。ただ、私の気分は重苦しく、クリスマス気分とはかけ離れたものです。沖縄に対するアベ政権の弾圧には本当に許し難いものを感じます。また、その他の政治的・社会的現状についても、考えれば考えるほどアホらしく、TPPにしても、南スーダンの「駆けつけ警護」にしても、年金カット法にしても、豊洲市場の「盛り土」問題にしても、労働法制にしても、カジノ法案にしても、アベ政権を支持しているという国民の60%は、現実に何が起こっているのかを正確に認識しているのでしょうか。まさしく、一部の人間たち(とそのおこぼれに与る限定された人々)の〈短期〉的利益のために、日本と世界の「普通の人々」―――ひいてはすべての人々―――の〈命と生活〉が脅かされようとしているにもかかわらずです。

   それにしても、最近のアベ〈自公〉政権による「強行採決(採決強行)」のオンパレードは、「ボッタクリ政権」としてのその本領を遺憾なく発揮していると言ってよいでしょう。そして、その最も象徴的な事例がカジノ法案に他なりません。私は行楽や娯楽を否定するつもりは毛頭ありませんし、また、「宝くじ」や〈ちょっとした〉「賭けごと」についてもほぼ同様です。しかし、カジノ合法化に向けた自公政権の姿勢は日本社会の「質」そのものに関わる重大な脅威だと感じます。

   さて、この法案に対する問題点や疑念は多々あるのですが、その中でもとりわけ大きく論じられているのが「依存症」の問題です。「中毒」の代わりに「依存症」という言葉が用いられるようになったのはいつ頃なのかはよくわかりませんが、要するに、「ギャンブル依存症」とは、「病的賭博」と呼ばれる、治療を要する病気だということです。すなわち、この病気は、自分の意思では賭博を止めることができず、ギャンブルのことで頭がいっぱいになり、仕事や勉強や家庭生活が思うようにできなくなるばかりではなく、さらに、借金・破産・犯罪そして自殺などへと突き進んでしまうことが多いものとされています。そして、現在の日本には、自分の意思でパチンコなどを止められない「依存症」患者がなんと536万人も存在すると報告されているのです。(ちなみに、2014年のパチンコ人口は1150万人、市場規模は24兆円。また、その経営者トップは日本長者番付に名前を連ねています。)パチンコ店に行ってみると、「パチンコは適度に楽しむ遊びです。」(あなたの遊戯は度を超えていませんか?)といった〈説諭〉や依存症の相談窓口の電話番号などが掲示されたりしています(「依存症対策」)。ただ、なぜ依存症になってしまうのかについて『What's?パチンコ・パチスロ依存症』(東京都遊技業協同組合)を読んでみると、「パーソナリティー」(頑固で融通の利かないタイプ)・「接触体験」(子供の頃から親に連れられて慣れ親しんだ)・「心理的・精神的圧力」(様々なストレスと自責の念)などが複合的に作用した結果だとされ、結局、その責任は個人の側の何らかの事情に帰され、その「賭博」性や「射幸心」を煽るその過度な「演出」などは全く問題にされていません。いうまでもなく、パチンコは単なる「遊戯」(ゲーム)なのではなく多額のお金が賭っており、また、最近の機械は、その光量や音量を調節しなければならないほど(おそらく、大量のドーパミンを「絞り出し」、脳を「破壊」してしまうほど)のレベルに達しているだろうにです。〈ギャンブル中毒〉が〈薬物中毒〉と同様の〈性格〉を持っていることははっきりしていますから、個人の選択や自己責任の問題として片付けてしまうことはできないでしょう。なんらかの方法で一度「中毒」にしてしまえば、後はいくらでも「ボッタクル」ことができるからです―――ASKAはそうした〈中毒〉の凄まじい一事例と言えましょう。

   そして、IR(統合型リゾート)法案が、ゲームセンターではなくカジノの解禁を目指しているのは、言うまでもなく、〈ギャンブル〉で大金を「摺ってしまう」人々を前提にしているということです。そして、アメリカの次期大統領トランプをはじめ、日本進出を目論むアメリカのカジノ資本も同様のことでしょう。トランプと「信頼関係」を築いたアベはアメリカのカジノ資本をどうする気でしょう。もちろん、OKなんでしょうねえ。

   ところで、今回のカジノ法案で印象的だった人物の一人に、この法案採決に反対した民進党を「バカ」呼ばわりした、維新の大阪府知事松井一郎がいます。彼は、住之江〈競艇場〉の照明・電気設備関係の工事・保守を一手に請け負う株式会社大通の代表取締役であったとのことですが、彼にとって、カジノ解禁は相当「美味しい」ものなのかも知れません。もちろん、あの「三店方式」の(同じ敷地内に特殊景品の買取所があるといった)パチンコやスロットの現状を考えれば、カジノ解禁がどれほどのものかとも思いますが、しかし、現状では、少なくとも建前として、「賭博」・「バクチ」はご法度ということになっているのです。これに対して、アベ政権は、堂々と、「賭博」・「バクチ」の合法化ー〈民営化〉を推進しようとしています。しかも、その目的を「経済効果」とか「成長戦略の目玉」とか言ってのけているわけですから、アベ政権は、まさしく、金さえ儲けられれば、「実体経済」とは対極にある、「賭博」・「バクチ」もOKと言っているのです。わが日本の政府・与党の価値観は、あの時代劇でもお馴染みな、〈賭場の胴元〉と変わらなくなったのです。彼らが欺瞞的にも主張しそうな「公序良俗」や「淳風美俗」とカジノ解禁との関係はどうなのでしょうか。日本の近代化や戦後復興そして高度成長を支えた日本の「一般ピープル」の労働や金銭にたいする基底的価値観(意識や感覚)はどうなってしまうのでしょうか。
   カジノに通う人とはどのような人々なのでしょうか。他人を食い物にし〈不当〉に手に入れた「あぶく銭」を「遊び」につぎ込んだり、あるいは「浄化」しようとしたりする人々なのでしょうか。それとも、心のなんらかの「闇」を解消しようと、〈汗水たらした〉金や財産を吸い取られ、あるいは、やめたくても止められず、借金や犯罪まで犯して「ボッタクられる」人々なのでしょうか。どちらにしても、その帰結は、自己の劣情と自他に対する憎悪の増幅のように思われます。アベ政権は、まさしく、日本を文字通りの「ギャンブル大国」とし、日本人の基底的価値観を「劣情と憎悪」に導こうとしているのです―――もっとも、アベの一味にとって、〈お仲間〉の金儲けのためなら、戦争だろうと武器輸出だろうと、原発輸出だろうと再稼働だろうと、TPPだろうとなんだろうと、御構い無しなのですが。

   来週には、日本の政治家諸君の「基底的価値意識」が問われます。韓国議会は大統領を弾劾しましたが、日本の国会(参議院)はどのような判断と対応を取るのでしょうか。


 【追記】それにしても、松井大阪府知事は「えげつない」ですねえ。大阪商人の心意気とは「信頼の持続」と思っていましたが(田中優子:井原西鶴『日本永代蔵』「100分で平和論」)、松井の「賭博」合法化への志向は、それと真逆だと言わざるを得ません。
   


西御荷鉾(にしみかぼ)山に登ってきました

 友人夫妻が憧れた山に登る
    低山にも魅力がいっぱい 帰りがけには「白寿の湯」



   
   ※政治・経済的には、「今年も良いことなかったねえ!」と言わざるを得ない2016年になりそうです。しかし、私たちは、けっして「腐る」ことなく、私たちの本当の〈自由と幸福〉を追求し、その彼方に、腐朽したイスタブリッシュメントの支配を乗り越える契機を掴んでいかなければならないのだと思います。そんなことを考えながら、友人夫妻が自宅の真正面に見えるという御荷鉾(みかぼ)山に登るのに付き合いました。日帰りの小旅行でしたが、充実した1日でした。


中央登山口〜西御荷鉾山〜投石峠
DSC_5009 (1)

  ※友人の知人宅の庭を拝見した後、神流川沿いの国道462号線から御荷鉾スーパー林道に入り、中央登山口前の駐車場に車を停めて、西御荷鉾山〜投石峠〜中央登山口のコースを歩きました。歩き始めたのは12:30でした。


霜柱を踏んで 山頂への急登
DSC_4986.jpg

  ※「晴れ女」がいるらしく、午後は曇りの予報でしたが、ある程度遠望のきく天気に恵まれました。霜柱も立っていましたが、気温はさほど下がらず、頂上への急登にはちょうど良かったかもしれません。


西御荷鉾山(1287m)山頂で
DSC_4990.jpg

  ※友人にとっては、歩いて登った二つ目の山のはずです。低山ですが周囲の山並みを見渡すことができる恵まれた位置にあるようです。これで富士山が見えれば最高だったのですが。


冠雪の浅間山を背に
DSC_4995.jpg

  ※冠雪した浅間山が立派に大きく見えました。その右側近くには妙義や榛名や赤城、そして、遠方には上州武尊などを望むことができます。


秩父方面の山々
DSC_5000.jpg

  ※南側には秩父方面の展望が得られます。中央に見えるギザギザは両神山ですよね。その奥は、雲取から甲武信への稜線だと思われます。


秋の神流(かんな)湖
DSC_5022.jpg

  ※午後2時過ぎには下山し、神流湖の金比羅橋を渡って城峯公園に向かいました。国道462号線は何度か通っていますが、紅葉には少し遅かったと言えます。ただ、晩秋〜初冬にも味わいはあるものです。


城峯公園の冬桜
DSC_5017.jpg

  ※この城峯公園の冬桜は神流川を挟んだ群馬県側の桜山公園の冬桜とともに有名なのだそうです。その慎ましさは微笑ましい限りですが、夜にライトアップされた時はどのように見えるのでしょう。また、レストハウスで食べた「桜うどん・そば」(?)は、歯ごたえが独特で、大変美味でした。



城峯公園・展望台から御荷鉾山方面
DSC_5024.jpg

  ※後方に見えるのが御荷鉾山です。この後、帰りがけに神川町の「白寿の湯」に寄りました。この温泉、「おふろcafé」というチェーン店の系列なのだそうで、泉質(ナトリウム-塩化物強塩温泉)が良いのはもちろんですが、独特な内装空間の中、コーヒーがタダだったり、雑誌や漫画が約10000冊も用意されていたり、まあ、時代の変化を感じさせられました。そして、最後は、高崎線の神保原から帰路につきました。この辺りの高崎線の駅を使ったのは初めてのことだと思います。なかなか面白い経験でした。







サロ満10歳―――2016年11月29日

  ますます人間化する家族の一員
   ―――今年の「いい肉」はサイコロステーキだった



    ※11月29日はサロさんの10歳の誕生日でした。東京新聞によると犬の平均寿命も15年を超えたそうで、サロさんもまだまだ元気いっぱいです。また、柴犬は認知症になりやすいという説もあるそうですが、サロさんは逆に年齢と共にますますその認知能力を向上させているようです。不安なのはサーヴァントの方ですね(苦笑)。また、「キレやすい老人」が話題になっていますが、このヘンテコな世情を鑑みるに、精神状態を平穏に保つのは至難の技です。私も気をつけねばなりません。そういう意味でも、サロさんは私にとってかけがえのない存在です!
  サロさん 誕生日おめでとう!これからもよろしくね!
            2016・11・29  サーヴァント・ムリキ


今日はなんの日か忘れてないよねえ
DSC_4945.jpg

  ※冬になって、僕は絶好調だよ!そして、誕生日には、一年に一度本物の「いい肉」が食べられることになっているんだ。今年は、何かな  


早くしてよね
DSC_4946.jpg

  ※この足が曲者・・・モーニングコールは右足で、「骨」の要求は左足で。今日は、怒ってないみたいですねえ。あと、写真の下の方に写っているのは、この前の地震で思いついて作った、2階からの縄梯子です。サロさん用の長いリードで編み、カラビナがつけてあります。まあ、使えそうです。  



おっ!今日は焼いてるね
DSC_4965.jpg

  ※「姉貴」と、サロさんにとって生肉と焼いた肉ではどちらが美味しいのかという話になりました。結論は、人間だって焼いた方が美味しいのだから、サロさんもということになりました。生肉を好む人もいるのでしょうが、この判断は正しかったようです。もっとも、サイコロステーキは十分加熱する必要があるのですが。



お預けが面倒なんだよね
DSC_4964.jpg

  ※ご飯の時、サーヴァントさんは「ご飯だ、ご飯だ、ご飯だよ!美味しいご飯を食べましょう!」と歌って踊りながら、お預けをするんですよ。これが余計なんだよね。僕にとって



一気食いで食べてしまった
DSC_4972.jpg

  ※なかなかの美味だったよ。夢中で食べてしまった。でも、サイコロステーキは噛み切りにくいので、小さく切ってもらわないと危ないから気をつけてね



もう、無いの? 虚しい
DSC_4976.jpg

  ※ウ〜ム!200gもペロリンチョだね。季節によって食欲もずいぶん違うけれど(恋の病にかかると全然食欲がなくなるからねえ)、これからは、朝晩の食事が楽しみだよ



でも、まあ、満足ということで
DSC_4978.jpg

  ※自分で言うのもなんだけど、僕の舌は長いよね。ところで、次の狙い目は、Xmasイヴの時のチキンちゃんかな?色々作戦を考えておかねばならぬ、ウ〜ム




今年のサロさん用のサツマイモ
DSC_4916.jpg

  ※11月の中旬に、昨年から「自給」を始めたサロさん用のサツマイモを収穫しました。昨年よりもそれらしい形と大きさの物が多かったようです。少しは栽培技術が上がっているのかもしれません。里芋も今年は十分太っていました。サロさんも大喜びでした。

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる