FC2ブログ

それをやっちゃあお終いでしょう!――権力者の皆さん

 権力者の悪行に「晴らせぬ恨み」をどうするか?!
   ――「安倍晋三記念小学校」問題はどうなるんだ‼︎

   ※昨日の朝、NHKの『ニュース深読み』を見ていたら、相変わらず、「キム・ジョンナム暗殺」について延々と見せられ、次に(アッと驚く)「プレミアム・フライディ」、そして、「文科省天下り」〜「宅配」問題〜「第二の地球」〜「自画撮り」〜「親不孝通り」ときて、また「自画撮り」深読みと来たので、もう頭にきて、サロと散歩に出かけてきました。それにしても、NHKさん苦労しているのですねえ!

   世界の矛盾は深化しています。内外の権力者たちの悪行は止まるところを知らず、それに対して、わが「一般ピープル」は閉塞感と無力感に苛まれながら、従属的な無関心に沈殿するか、ファシスト勢力に期待するかの如き危険な傾向にあるようです。もちろん、頼もしい、注目すべき動向もありますが、そうした傾向に対して持つ〈マスコミ〉の責任は大きいことでしょう。

   散歩の後、家の掃除を終え、昼ごはんを食べながらテレビのニュースを見ていたら、またまた、冒頭から、北朝鮮の核実験の〈準備〉云々から始まって、そして、トランプです。こんなに海外ニュースを流し続ける国も珍しいことでしょう。なにしろ、この10日間、テレビをつける度に、冒頭からくどいほどに見せられるのが、キム・ジョンナムの〈おぞましい〉暗殺事件とトランプ大統領の「下品」な行状です。確かに、両者とも、世界の政治・経済に対してそれなりに大きな影響を与えるとは思います。また、見ている分には私も「週刊誌」的には面白いと思いますので、いつものアベ政権の目くらまし的言辞を垂れ流している「大本営発表」よりマシかもしれません。しかし、同時に、それらはどう考えても常軌を逸しているとしか思えない代物であって、政権に都合のよい「マスキング」効果や「プロパガンダ」効果を狙って巧妙に選択されていることは明らかなことだと考えられます(一般ピープル舐めんじゃねえよ!)。まあ、少なくとも、肝心の日本の状況や政治家の言動についても、キム・ジョンナムやトランプに関する程度には、「粘り強く」・「掘り下げて」、報道してもらいたいと思うのですが、無理なのでしょうねえ。お食事仲間ですから。

   私が常日頃強く感じているのは、世界の権力者たちは本当に「相補的」な関係にあるということです。つまり、彼らの国内における権力の正統化の条件ないし基盤は、「悪者」たる「敵」の存在に依存しているということです。きっと、仲が悪そうに見えて、お互いにその存在に対して感謝し合っているに違いありません。もちろん、世界の〈一般ピープル〉にとって、その「悪さ」の度合いには大きな意味があります。なにしろ、自分たちの命と生活に大きな影響を与えるわけですから。しかし、権力者たちが自分たちにとって都合が悪い人々たちに対してしばしば用いる、「合法」・非合法を問わない、拉致や暗殺などについては、例えば、アメリカと北朝鮮との間に質的な差異はないと言ってよいでしょう(アメリカの場合については、元NSA職員のこのような証言もあります。https://www.youtube.com/watch?v=XsBl28yAB3w)。大体、私にとっては、アメリカのドローンが何の罪もない子供達を殺害(「未必の故意?」)している事実の方が、中国の庇護のもとで200億円もの金を「運用」していたキム・ジョンイルの息子の暗殺よりもはるかに深刻に感じられるのです。―――世界の「一般ピープル」の命と生活を軽んじている権力者どもよ!私たちの命と生活は私たちのものだ。君たちの好き勝手、自由にさせてなるものか、ウム。

   さて、アメリカのトランプ大統領についてですが、彼の基本なスタンスが〈右翼・ファシスト〉のそれだということはもちろん重大なことで、これに対する批判の重要性は言うまでもありません。しかし、そうしたトランプ現象を生み出した根底に〈グローバリズム〉の矛盾があることもけっして忘れてはならないことなのです。この点を深く掘り下げることなく、「ポピュリスト(大衆迎合主義)」―――それはローマの「僭主政治」にまで遡るのでしょうが―――なる名の下にトランプを批判し、〈グローバリズム〉の矛盾それ自体に適切な対応をしないのならば、問題の解決には全然ならないでしょう。こうした観点から最近の日本のマスコミの状況を見ていると、TPPを否定したトランプを批判することが、あたかもTPP=〈アメリカングローバリズム〉を「正当化」するような論調(「TPPは良かったんだ!」)になってしまっているのです。そうではなく、アベのTPPの国会承認なども、トランプ政権の成立とこれからの「2国間協定」を前提に、TPPの水準においてすら孕むその大きな問題点を隠蔽し、それ対する〈日本国民〉の抵抗のハードルを少しでも下げておこうと意図したものだと解するのが正しいことと思われます。アメリカの政権がどうなろうと、対米従属によって自らの利益を実現しようと決意しているアベ〈買弁〉勢力は、国民の利益を犠牲にしつつ、「スネ夫」のようにトランプに擦り寄るばかりなのです。ほとんど何の意味もない「お言葉」を頂くために、どれだけたくさんの「お土産」をこっそり差し出したことでしょう。

   そもそも、アベ政治は、彼と彼の「お友達」の、極めて卑近な利益のために、国民(「一般ピープル」)の〈富〉や〈命〉や〈生活〉を犠牲にしようとするものに他ならないのです。

   今話題になっている「安倍晋三記念小学校」問題などはその極めて「わかりやすい」事例です―――ここで詳しくは述べませんが、未だの方は『リテラ』や『日刊ゲンダイ』や『毎日新聞』などの関連記事を是非参考にしてもらいたいと思います。ヘイト的言辞を連発し、「教育勅語」を暗唱させながら園児を虐待している、「考え方が共鳴する」素晴らしい教育を実践している「顔見知り」の〈お友達〉に、「安倍晋三記念小学校」という名称の使用にも「内諾」を与え、妻を名誉校長にし、〈官僚〉を使って、国民の財産たる国有地を、〈異例の手続き〉によって、タダ同然で払い下げたようなのです―――ついでに、豊洲市場の件について事情通らしい人の話を紹介すれば、要するに、はじめは東京ガスですら〈危険〉で無理だと断った土地を、「お友達」の再開発事業による儲けのために、その移転を強引に進めたということのようなのです。そして、こうした処理(許認可)を実際に担う〈官僚〉たちは、文科省の高級官僚たちの「天下り」事件に見られるように、自分たちの階層的利益のためには「違法性」など全く眼中に無い輩のようです。「政ー〈官〉ー業」の三角同盟とはよく言ったものです。何が「道徳教育」か!笑わせるんじゃない!ということでしょう。そして、もちろん、こうした「国有財産(官有物)の払い下げ」は本当に氷山の一角なのに違いありません。おまけに、「知らぬ・存ぜぬ」の政治家先生たちは、甘利のように責任すら問われないのです。大隈重信もびっくりすることでしょう。このままでよいはずはありません。

   また、「命」の問題で言えば、憲法違反の集団的自衛権の容認によって、自衛隊の海外派兵を進めるアベ=イナ田路線は、まさしく、歴代自民党政府の「専守防衛」の縛りをもかなぐり捨て、「国際貢献」・「日米同盟」という名の下、自分たちの「身内」や「お友達」(軍需産業)の利益を実現するため、国民の貴重な税金と自衛隊員の命を利用し尽くそうとするものに他なりません。そのためには、南スーダンPKO問題でも明らかように、主権者たる国民に対して〈事実〉を隠蔽し、さらに、そうした秘密主義を合法化し、さらには、そうした権力の乱用に反対したり、国民のためにそうした秘密を明らかにせんとする人々を監視し、恫喝しようとすらするわけです(秘密保護法・共謀罪)。大体、夫が防衛産業に関与する、ほとんど無能と言ってよい、〈伊達眼鏡〉のイナ田などに、私たちの子供達の命が守れるわけは無いのです。アベ!君は拉致被害者とその家族のことを本当に心配しているのか?アメリカの核の報復による殲滅を〈酔ったように威勢良く〉語っていたが、その意味することがわかっているのだろうな!
   
   このほかにも、TPP(農業・医療・保険等々)や労働法制、原発や基地問題など、国民の富と命と生活を犠牲にしつつ推し進められようとしているアベ政治の実例はたくさんあります。もう一度言います。アベ政治の本質は、国民(「一般ピープル」)の〈富〉や〈命〉や〈生活〉を犠牲にしつつ、彼と彼の「お友達」の極めて卑近な利益を実現するために行われているものに過ぎないのです。彼が国民に向けて盛んに宣伝するアベノミクスの成果など、もう、よほどのお人好しか理解力の乏しい人以外に信じる人はいないでしょう。そして、真っ当な「メリトクラシー(実力主義・業績主義)」の観点からしても決して有り得ないような、漢字もまともに読め無い〈三代目〉の「デンデン」総理と「ミゾユウ」副総理による、「なに調子に乗ってるんだよ!」とこちらから声をかけるしかないような〈傲慢〉な政治は、このままでは、本当に、日本に大きな負債を押し付けることになるでしょう。クワバラ、クワバラ、という他ありません。

   最後に一言!アベ政権に尻尾を振る日本の司法よ!沖縄の山城博治さんらを早く釈放しろ!   

スポンサーサイト



オリバー・ストーンの『スノーデン』を観てきました

〈監視国家〉と人間の自由の核たる〈プライバシー〉
   ――権力の濫用と暴走に抵抗するアメリカの市民たち 



   ※先ほどテレビを見ていたら、トランプとアベが抱き合っていました。本当に気持ちが悪い‼️ いくら「似た者同士」とはいえ、あの〈節操〉の無さは、まあ「恥」と表現する他は無いでしょう。それにしても、合衆国の理念・憲法に反するトランプの暴走に対して敢然と立ち上がっているアメリカの「エリート」と「市民」はやはり大したものだと思います。それに対して、トランプにも劣らないアベの〈暴走〉を許している日本の「エリート」と「国民」は一体どうなっているのでしょう。これからも、「日米同盟の強化」と言う名の下に、アベ「買弁」勢力による軍事的・経済的な〈対米従属〉が推し進められていくのでしょう。つくづく情けなく思います。

   さて、先日、前から楽しみにしていたオリバー・ストーン監督の『スノーデン』を観てきました。この作品は、元CIA(中央情報局)及びNSA(国家安全保障局)職員だったエドワード・ジョセフ・スノーデンが、アメリカ国内はもちろん世界全体にまで張り巡らされた、NSA・CIAによる大規模監視の実態を〈内部告発〉した事実に基づいたものです。この〈内部告発〉については、映画にも登場し、この件に直接関わったグレン・グリーンウォルトの著書『暴露 スノーデンが私に託したファイル』やローラ・ポイトラスの映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』、そして、NHK/BS世界のドキュメンタリー『NSA国家安全保障局の内幕』(全3回)などで詳しく知ることができます。グレン・グリーンウォルトの本は、憲法と市民権専門の弁護士であった彼の本領が遺憾無く発揮されたもので、とりわけ、第4章「監視の害悪」はこの問題を考える上で大変参考になるものです。また、ローラ・ポイトラスのドキュメンタリーは、まさしく、スノーデンの「暴露」の過程を直接撮影したもので、スノーデン本人の人柄を感じとる上でも極めて貴重な記録といえましょう(本物のリンジーも写っています)。また、BS世界のドキュメンタリーの『NSA国家安全保障局の内幕』も、より長いスパンで問題が掘り下げられており、これからも再放送されると思われますので、未見の方には是非お勧めしたいと思います。

   それでは、今回のオリバー・ストーン監督作品について、私自身の感想を幾つか述べておきます。

   まず、第1に、この作品が国家権力の闇に光を与えた(「彼らが恐れるのは光です」)スノーデンに対するオリバー・ストーン監督の共感に支えられているだろうことはもちろんですが、これは、あくまでも、興行用の作品として作られたものです。そして、こうした観点から考えても、私には、オスカーをとった『プラトーン』や『7月4日に生まれて』、そして、『JFK』や新自由主義的な(国際)金融資本の不条理を巧みに描いた『ウォール街』や『ウォール・ストリート』よりもはるかに感動的で、彼の最高傑作なのではないかと感じられるのです。主人公であるスノーデンの視点から構成されるヒッチコックばりのスリルとサスペンスに満ちた展開、そして、「ヒーロー」としてのスノーデンの人格や思想に対する抑制され考え抜かれた表現、そして、「十年来の恋人」リンジーとの緊張感あふれる関係等々、2時間が大変短く感じられる作品でした。
      
   第2は、日本に関連する興味深い指摘です。政府はNSAやCIAによる大量監視体制(「全てを収集する」)をテロ対策を名目にして正当化しようとするわけですが、実際は、テロ対策としての効果などほとんどないに等しいと指摘されるものなのです。これに対して、実際に行われているのは、その大部分が、国内の「政敵」や外国に対する外交的・経済的な目的にのための諜報活動です。そうした例の一つとして映画で取り上げられているのが、Xkeyscoreを用いた個人情報の収集やマルウェア(悪意ある不正ソフトウェアやプログラム)によるハッキング行為です。映画では、スノーデンに「日本の通信システムの次にインフラも乗っ取り、密かにマルウェアを送電網やダム、病院にも仕掛け、もし日本が同盟国でなくなった日には、日本は終わりだ」と語らせています。この点について、来日したオリバー・ストーン監督は、1月18日の記者会見で、「スノーデン自身から僕が聞いたのは、米国が日本中を監視したいと申し出たが、日本の諜報機関が”それは違法であるし、倫理的にもいかがなものか”ということで拒否した。しかし、構わず監視した。そして、同盟国でなくなった途端にインフラをすべて落とすように民間のインフラにマルウェア(不正プログラム)が仕込んであるというふうなことです」と述べています。(この点については、「IWJ Independent Web Journal」
:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/357253や「デイリー新潮」:http://www.dailyshincho.jp/article/2017/02020557/?all=1、などの関連記事を参照してください。)こうしたアメリカの「同盟国」にも向けられた「サイバー攻撃」の動きに対して、少なくとも2009〜2010年の民主党政権は抵抗したようですが、その後成立したアベ「買弁」政権は、自らの集団的利益の実現のために、アメリカの世界支配の目論見に無批判的に盲従し、自国民の基本的人権を売り渡そうとしてきたのです。「特定秘密保護法」の強行採決や「共謀罪」成立への策謀はそのことを明確に示すものです。ただ、いくらすり寄っても、一心同体の「ファイブアイズ(米英加豪新)には入れてもらえないのです。本当に、本当に恥ずかしいことです。
  
   最後に、どうしても考えざるを得ないのが、良心に従い、恵まれたキャリアや生活を犠牲にしてまでも、人間の自由を守るために行動するスノーデンのような「強い個」がどうしてアメリカに次々と出現するのかということです。日本の場合には、「強い個」というと、主に武士身分に浸透した儒教的倫理の影響といった事例を見ることが多いように思われますが(本当か?)、アメリカの場合は、やはり、「普通の人々」にまで浸透した自由・平等・独立といった価値意識(「独立自尊」?)が強く感じられるといえるでしょう。それにしても、国民に対する全般的な監視体制(「プライバシーの侵害」)による管理主義的な誘導・操作の効果(従順さを生み出す権力への同調圧力)は、日本においては、いっそう深刻な意味を持っているよう考えられます。話を戦後に限ってみても、長い間の「管理主義教育」や企業による「能力主義的管理」に慣らされてきた日本民衆は、それに対抗する〈生きた人間〉としての〈潜勢力〉を反省的に自覚することができるのでしょうか。私たち日本民衆の一人一人に問われていることのように思われます。

最近の読書について―徒然なるままに「如月」2017

  芥川龍之介って面白いですね!
     ―――これからは、寝る前が楽しみだ!



   ※今日の関東地方は、春光麗らかな、もう「春を感じさせる寒さ」です。北国育ちの私にとって、関東の〈冬〉は、「驚異的」な明るさです。もちろん、〈春〉は北国の方がずっとずっと感動的で、とりわけ、花粉がなかった頃は言葉に表すことの出来ないほどの爽やかさでした。2月も中盤に入りましたが、今月中には庭木の手入れが必要だなと考えています。

   さて、世の中、トランプの大統領令で大騒ぎです。また、官僚の作文さえもきちんと読めない「でんでん(=云々)首相」統治下の日本においても、辺野古、「共謀罪」、文科省天下り、南スーダンPKO等々、そのファッショ的で〈買弁〉的な政策を目の当たりにして、ストレスで持病も悪化してしまうくらいです。これらの点については、明日以降、せめて「つぶやき」程度には、論じたいと思っています。

   さて、この二週間ほど、図書館から借りた5冊の本を期限までに返そうと必死になって読んでいました。そして、その中の一冊に芥川龍之介の短編集がありました。芥川の小説を読むなど高校時代以来のことだと思いますが、なんと最近経験したことのないような「読書の喜び」を感じたのです。筋を追っていくと、知らず知らずのうちに、苦笑したり、微笑んだりしてしまいます。うまく表現できませんが、芥川が〈観念〉の世界の中で「遊んでいる」様が、何しろ「心地よく」感じられるのです。フィクションがこのように楽しく感じられたのは久しぶりのことのように思います。ということで、これからしばらくは、就寝前に、芥川の短編で楽しめそうです。

   ところで、なぜ芥川を読んだのかと言いますと、先月、鳥越信著の『桃太郎の運命』という本を読み、採話から始まった、童話「桃太郎」がどのように把握され、創られ、読まれてきたのかということに関心を持ったからです。すなわち、「桃太郎」は、「皇国の子」ー「童心の子」ー「階級の子」ー「侵略の子」ー「民衆の子」とかいった風に、実に多様な性格を帯びながら現在に至っているというわけなのです。戦前の帝国主義的な国策アニメや、福沢諭吉が「もゝたろうは、ぬすびとゝもいうべき、わるものなり。」(『ひゞのおしへ』)と書いていたことは知っていましたが、芥川の『桃太郎』については記憶がありませんでした。それにしても、芥川の『桃太郎』は流石と言うべきでしょう。戦争に向かおうとするご時世にあって、その含蓄深い話は私たちにとっても貴重なものと思われました。その後、今は、柳田國男の『桃太郎の誕生』を読んでいます。「民族主義者」になるつもりなど毛頭ありませんが、私がその中で生きてきた「日本文化」は、そのプラス面・マイナス面の両方を含めて、実に興味深いものと感じます。そして、そうした歴史的・文化的・イデオロギー的「側面」が、政治経済的構造とは異なる水準で、現在のトランプ現象や欧州の「右翼ポピュリスト」勢力、そして、現在の日本の政治状況にも大きな影響を与えていると思われるのです。

   このほかにも、玉野井芳郎さんの「生命系の経済学」や「地域主義」に関する著作も読みました。これらについては、また、適当な時期に触れることができればと思います。

   実は、12月の末、サロさんは掃除機と「闘って」見事に敗北し、右の後足を痛めてしまったのです。一時、回復したのですが、再度悪化したときに診てもらった獣医さんの話によると、人間の足でいうと、かかとの関節の部分の「軟骨」がハミ出したらしく、踏ん張ったり、段差を越えられなくなったりしたのでした。ただ、自然の治癒力は素晴らしく、今ではほぼ完治といえる状態になっています。今も、盛んに散歩に誘っています。仕方がありません。寒い中ですが、行ってきます。


プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる