FC2ブログ

剣道・NHK/BS ”SAMURAI SPIRIT(剣道編)” について

 我<しもべ>たる飼い主は、仕事が一段落したらしく、先ほどからコンピューターに向かってなにやら書き物を始めていた。いよいよ、恐れ多いテーマについて書こうということなのかな。よせばいいのに。

 中年から剣道を始めた者にとって、「剣道」あるいは「武道」というものが自分にとってなんであるのか、どのような意味を持つのかは結構重大な問題になります。というのは、時間的、肉体的にもきつく、また、試合をするわけでもなく、高段位を狙うわけでもない、しかし、それにもかかわらず、それが大変魅力的に感じられる時、それとどう向き合っていくのかについて自分自身を納得させる必要が出てくるからなのです。好きだというだけでやれるほど簡単なものではなくなってきているのですよね。というわけで、私などは、剣道自体をやっている時間より、それに関する本を読んだり、考えたりしている時間のほうがずっと多くなってしまったりするのです。
 
 さて、剣道の愛好者の中には、NHK―BSで放送された”SAMURAI SPIRIT日本語版"をご覧になった方も多いと思います。この番組は、NHKによれば、「世界に知られたSAMURAIの精神が、現代の日本武道にどう受け継がれているのか? 日本の武道が目指すものとは何なのか?その秘密を格闘家ニコラス・ペタスとともに探り、現代人が忘れかけている『武士道精神』を見つめ直」すというもので、「柔道編」・「空手編」・「居合道編」・「古武道編」の4作が放送されました。また、YOU TUBEでは、「ミラノ国際スポーツ映像祭」で奨励賞を受賞したという「剣道編(英語版)」も見ることができます。ということで、今回は、私の「武道論」の端緒として、まず、この「剣道編(英語版)」について簡単に見ておきたいと思います。

 この「剣道編」の概略は、まず、ペタス氏が、東海大のTetsuo Yoshimura先生から、剣道の基本や稽古への姿勢・心構え(『礼』など)を学びます。次いで、福島大のTamio Nakamura先生からは、柳生宗矩を転換点とする、殺傷を目的とした刀剣操作術から人格練成・精神修養(とりわけ自己の弱さ、臆病さの克服-『克己』)へとその目的を転換させた、剣道の歴史を学びます。さらに、ニュージーランド出身の名古屋外大Alexander Bennett錬士六段に外国人として剣道をどう捉えたかについてインタビューしますが、それについて、Bennett氏は、稽古相手は敵ではなくて人格向上を目指して協力し合うパートナーであるということ、そして、剣道にとって非常に大切な精神面での成長を『四戒(驚・懼・疑・惑)』の克服として強調します。そして、最後に、Niibori 範士八段が登場して、Hanawa錬士六段やペタス氏自身との稽古の後、『気剣体一致』の重要性やそうした人間修行が「平和」に結びつくであろうこと、そして、剣道修行の到達目標を示すものとして、彼の師たるMoriji Mochida 範士十段のつぎのような言葉を紹介しています。
  
   『 打たずに打たれなさい
      うけずに打たれなさい
       さけずに打たれなさい
      力をぬいて やわらかく
       相手となかよく おだやかに
        姿勢は美しく 匂うがごとき残心を 』

 さて、以上のような剣道のあり方は、相手(『敵』)に勝つために闘い、そして、そうした『競争心』を力の源泉にしてきた格闘家ペタス氏にとっては感慨深いものであったようです。ただ、そうした剣道の(精神的・身体的)修行のすべてが、あの特別な瞬間―――試合場での完璧な『一本(knock out)』にcome in(現れる・収斂する)すると捉えたところに、彼の「武道家」精神があられているといってもよいでしょう。しかし、問題は残っています。すなわち、それは、「武道」を極めようとするものにとっての到達目標・到達点としての、『一本(knock out)』ならぬ『平和』という問題です。そして、この点について、SAMURAI SPIRIT 「居合道編」では、番組の最後に、居合の達人が「抜かない、抜かせない」(?)究極的な姿を見せてくれ、また、「空手編」では、「空手に先手なし」とする沖縄空手の「形」の中にある、使わないことを前提とし、争いを我慢強く避け、平和を希求する、その根本精神を紹介してくれているわけです。

 時間が来てしまいました。それでは、次回も、この点についてもう少し考えて行きたいと思います。

 サロさん、君って本当に私の心を読むね。負けたよ。行きますか?!

 

 

  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

見ました。面白い!

中年から建築を始めた者にとって、「家をセルフビルドする」というものが自分にとってなんであるのか、どのような意味を持つのかは結構重大な問題になります。というのは、時間的、肉体的にもきつく、また、お金を儲けるわけでもない、しかし、それにもかかわらず、それが大変魅力的に感じられる時、それとどう向き合っていくのかについて自分自身を納得させる必要が出てくるからなのです。………何となくやっていた建築も奥が深いような気分になりました。

明日が楽しみです!

宮本武蔵は『五輪書』地の巻で、兵法の道を大工にたとえて論じています。ということで、tozsunの「家をセルフビルトする」ことは、明らかに、兵法と通ずるところがありそうですね。tozsunの「諸芸」にあらわれる「求道精神」。さあ、明日が楽しみです。よろしくお願いします。
プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる