FC2ブログ

合唱曲―――日常からの不可思議な脱出

  今年の夏の家族旅行は―――合唱曲で盛り上がったりして

 
プレミアム・ツイン・ベスト 合唱ベストプレミアム・ツイン・ベスト 合唱ベスト
(オムニバス) 合唱団京都エコー 大田区立東貼付第一小学校 神代混声合唱団 福岡県合唱連盟合唱団 茨城県日立市立台原中学校 西六郷少年少女合唱団 長野県長野市立櫻ヶ丘中学校

EMIミュージックジャパン 2010-06-29
売り上げランキング : 2960

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



     今年の夏の家族旅行に、私は、上記のCDと『クラス合唱曲集 ニューヒットコーラス ラベンダー版 第4巻』を持っていきました。長距離走行による眠気覚ましのためだったのですが、それがなかなか評判が良かったのです。理由は、子供たちが中学時代の合唱コンクールなどを懐かしく思い出し、楽しんで歌えたことにあったようです。勿論彼らの持ち込んだ音源はゲーム音楽だったのですが、彼らも合唱の魅力は否定できなかったようです。

     ところで、なぜ私が合唱曲を聴いたりするのかというと、それは、私自身が学生時代から合唱にそれなりの興味関心を持っていたということにあります。あまり口にしたことはないのですが、実は、私は学生時代に合唱サークルに入ろうとしたり、また、短期間ですけれども実際に活動した経験もあるのです。一つ目は、かなり大規模な混声合唱団に入ろうとしたのですが(私の声は「セカンド・テナー」というパートに属するのだそうです)、そのあまりにも”ハイソ”な(あるいは“ブルジョア的”な)雰囲気に違和感を感じて入団を止めたのです。もう一つは、小規模な合唱サークルへの参加で、ほぼ半年間程練習したのですが、「時代」の流れの中で活動を止めることになってしまいました。このように、歌を十分に歌うことはできなかったのですが、なぜか、合唱曲に魅力を感じるところがあったわけです。

     そうした私が再び合唱曲を聴くようになったのは、子供たちの影響によってでした。とりわけ、娘が小学校の頃から合唱のピアノ伴奏をする機会が多かったので、その練習を聞いたり、一緒に歌ったりすることが度々あったのです。一番印象に残っているのは、「明日の空にはばたけるつばさを」で、妻と次男と私が協力して合唱したことを鮮明に記憶しています。また、中学校の卒業式の式歌「旅立ちの日に」の練習も―――勿論、当日のこともですが―――懐かしく思い出されます。その練習のために使ったのが『クラス合唱曲集 ニューヒットコーラス ラベンダー版 Disc4』なのですが、それが今や私のお気に入りの一枚になっているのです。音楽というのは、まさしく再現芸術であり、演奏者によって同じ曲が全く違った印象を与えるのものですが、このDisc4に収録されている演奏はどれもこれも繰り返して聞くにたえる実に素晴らしい演奏だと思います。特にその中でも田舎者たる私を惹き付けているのが、「大地の歌」(詩:谷川健、曲:熊谷賢一、指揮:平松剛一、ピアノ: 奥田和、平松混声合唱団)です。私は、子供たちの合唱祭でよく聴く「大地讃頌」よりもこちらの方が好きです。それにしても、このCDに収録されていた「旅立ちの日に」は、中学生が歌っていたのですね。本当に凄いです!!!

     さて、『プレミアム・ツイン・ベスト 合唱ベスト』の方も大変良い企画です。特にDisc1は、身近で有名な曲が多く、非常に楽しく聴けるアルバムになっています。とりわけ、子供たちに「受けた」のは「マイバラード」で、大変懐かしがっていました。私にとっては、「グリーングリーン」がグッと来ましたし、また、松原混声合唱団の「千の風になって」は同年輩の方々にも是非聴いていただきたいと思う作品です。それにしても、秋川雅史さんはどうしてこの曲をあのように歌うにも聴くにも息苦しく感じる編曲にしたのでしょう。声楽家の「意地」でしょうか。 Disc2も技術的にはこだわりも感じらるのですが、大学生のグリークラブを中心にしたその演奏には、今ひとつ情景を彷彿とさせるような「迫真力」の欠如が感じられるように思われました。そして、子供たちのリクエストは、ヤング101の「怪獣のバラード」でした。

    さて,私にとっての合唱曲の魅力とはなんなのでしょうか。これも不可思議で、そう簡単には答えられそうにありません。しかし、どうやら、それが持つ一種独特な雰囲気に関係がありそうです。つまり、あの私の感性に直接働きかけてくるような曲想と歌詞の双方が、「一体感」あるいは「共同性」への憧憬とでも言えそうな、あるいは、「人間」の美しい〈理想〉的情景といったようなものを、現実の日常生活から一時的に離れてですが、思い出させてくれる、そんなふうに感じられるのです。私たちは,この世知辛い競争社会の中で、その孤立化効果に曝されながら生きていますけれど、合唱曲は私たちが望んでいるのはこんな状況ではないのだと訴えているようにも思われるのです。確かに,こうした合唱の世界を、虚偽の、欺瞞的世界と受け取ることもできるかもしれません。しかし、それらは、我々が私たちの関係性の中に確実にあるであろう「共同的なもの」を、非日常的な世界の中においてであれ、思い起こさせてくれると言っていいのではないでしょうか。もし,そうした時をすら持たないとすれば、私たちの意識の中における「共同的なもの」は本当に枯れ死んでしまうかもしれません。「君が代」斉唱の強制に見られるような欺瞞的方策によってではなく、皆が個を大切にしながら自然に「共同性」を歌い上げることができる社会、そんな社会を合唱の歌声が私たちに想起させてくれているのかもしれません。



       「国歌」には「さくらさくら」を!


【参考資料】

『クラス合唱曲集 ニューヒットコーラス ラベンダー版』
ディスク:4
1. 明日の空にはばたけるつばさを 日野混声合唱団 
2. 明日にわたれ 神代混声合唱団
3. 君と見た海 平松混声合唱団
4. 新しい世界へ 日野混声合唱団
5. 時の旅人 混声合唱団東京カンマー・コーア 
6. 大地の歌 平松混声合唱団
7. 旅立ちの日に 堺中学校合唱団
8. Yesterday Once More 平松混声合唱団
 (9~16はカラピアノ)


『プレミアム・ツイン・ベスト 合唱ベスト』
ディスク:1
1. あの素晴しい愛をもう一度 茨城県日立市立台原中学校
2. 贈る言葉 小平市立小平第五中学校
3. グリーングリーン 大田区立東貼付第一小学校
4. 信じる (混声合唱とピアノのための「信じる」より) 松原混声合唱団
5. 巣立ちの歌 杉並混声合唱団
6. 千の風になって 松原混声合唱団
7. 空駆ける天馬  新津市立新津第一中学校
8. 大地讃頌 (混声合唱のためのカンタータ「土の歌」より) 杉並混声合唱団
9. 翼をください  西六郷少年少女合唱団
10. 名づけられた葉 コール・フロイント
11. 涙をこえて 神代混声合唱団
12. 野生の馬 長野県長野市立櫻ヶ丘中学校
13. 山のいぶき 調布市立神代中学校
14. マイ バラード 斐川町立斐川西中学校
15. 瑠璃色の地球 福島県立安積女子高等学校合唱部
ディスク:2
1. 流浪の民 合唱団京都エコー
2. 秋の日ぐれ 早稲田大学グリークラブ
3. 上を向いて歩こう 慶応義塾ワグネル・ソサエティー男声合唱団
4. 音戸の舟唄 同志社グリークラブ
5. 風  関西学院グリークラブ
6. かぞえうた 同志社グリークラブ
7. 鴎 (混声合唱組曲「夢みたものは」より) 松原混声合唱団
8. 君といつまでも 関西学院グリークラブ
9. 斎太郎節 関西学院グリークラブ
10. 島原の子守唄 同志社グリークラブ
11. 柴の折戸 (江戸子守唄) 慶応義塾ワグネル・ソサエティー男声合唱団
12. 涙くんさよなら 慶応義塾ワグネル・ソサエティー男声合唱団
13. はるかな友に 関西学院グリークラブ
14. 河口 (混声合唱組曲「筑後川」より) 福岡県合唱連盟合唱団・長崎合唱連盟合唱団
15. 怪獣のバラード ヤング101




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2019年11月現在満13歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる