FC2ブログ

SARO-MURIKI「つぶやき」選集(21)―――福島とオリンピックと

 2013年9月ーーー矛盾が集中する一般ピープルを切り捨てながら

   〈責任〉を取らない支配層
 はどこへ行こうというのか!

     
              

   ※ 「板子一枚下は地獄」といいますが、私たち一般ピープルにとって、この日本政治の現状の中で社会的〈弱者〉へ「転落」することは、ほとんど、「棄民」されるのと同じような境遇へ陥れられることを意味するでしょう。人生の終焉期に現在の日本の介護・医療体制の故に苦しまざるを得なかった母のように! そして、東日本大震災の被災者、基地の沖縄県民、福島原発の被災者、そして、働く貧困層・・・、もし、ここに直下型地震が起きたとしたら、立川基地にオスプレイが配備されたとしたら、福島原発4号機の使用済み核燃料プールが破壊されたとしたら、そして,明日、私が寝たきりになったとしたら、一体どうなるというのでしょうか。
    日本に本当の〈民主主義〉があるのか? 私は、今の日本の政治・経済が、日本社会を支えてきた,支えている,そして、支えることになる一般ピープルのために行われているとは到底思えないように感じます。そして、〈民主主義〉が決してイスタブリッシュメントによって与えられるものではないとするならば、一般ピープル自身が〈民主主義〉を闘い取る必要があるはずです。そして、もしそのことが実現されなければ,結局,私たち一般ピープルは,相変わらず「全にして無」の存在として、イスタブリッシュメントの操作の対象としてある他はないことになるでしょう。

 
 猪瀬、首都高速は渋滞しているだろが! アベ、汚染水は港湾外に流れ出ているだろうが!オリンピックは、子供たちに嘘を言って良いと教えるのか?! それにしても、テレビに出ている(「おもてなし」の)芸能人や(涙の)アスリートとやらも、全く、どうしようもない感じですな。
 鉄人が(トライアスロン) 防御服着て泳ぐ 東京湾(お台場)―――お台場近辺であなたは泳げますか?
 アベッチに ノーベルウソコキ賞を、ノーベルアメポチ賞も。―――IOCには話は通っていたんでしょうが。

【追記】 9月7日早朝、いつもより早く目が覚めてしまった私は、2020年オリンピック開催地決定の様子をライブ放送で観ることになりました。そして、猪瀬都知事や安倍首相のプレゼンを聴いてつぶやいたのが最初のツイートです。それにしても,この二人,真っ当な時代であったなら決してあり得ないような低級な俗物が高位について〈ハイ〉となり、彼らの浮ついた支持者やそのアホぶりから利益を得ようとする狡猾な外国人には〈受ける〉のだろう、〈軽薄〉な「美辞麗句」を口からでまかせに並べ立てるといった、どうしようもなく恥ずかしいパフォーマンスを演じることになったのです。とりわけ、アベッチは,この他にも、「私を右翼の軍国主義者と呼びたいなら呼べばいい」とか、映画『ウォール・ストリート』で違法取引によって実刑判決を受けた「強欲は善」だとする投資家の言葉をまねて「アベノミクスは買いだ」と演説したり、まあ、抗鬱薬の飲み過ぎでなければ、根っからの恥さらしという他はない有様なのです。よしてくれ!


 世の中、日本も世界も、本当に不条理に満ちているよね。相変わらず、戦争も、環境破壊も、人間破壊も激化している。おごれる嘘は久しからず、とは思うのですけれど。
 あれだけの見え透いたウソを連チャンで言えるのは、まさしく、ファシスト的心性そのものと言わなければならない。愚民視された一般ピープルは怒りを歌えるのか?それとも、政府・マスコミの欺瞞的な正当化の煙幕に巻かれたままなのか。「日本を取り壊す」破局は近そうだ。

【追記】 自らの姑息な「集団的自衛権」〈容認〉策動を「積極的平和主義」とか名付けて恥じない姿は、まさしく、ジョージ・オーウェルの『1984年』にでてくる「ニュースピーク」を想起させるものだ。意図的に嘘を振りまいているのだ。一般ピープルは、まさかそんな見え透いた嘘をと思うのですが、そこは、権力〈似非〉エリート! 「戦争は平和だ」的な〈でっかい〉嘘をついて一般ピープルを煙に巻こうというわけだ。本当に、あの図々しさ! なんとしてくれましょう! 彼奴は、自分は安全な場所にいて、戦争で儲ける奴らのために、一般ピープルを殺し合わせる戦争がしたいだけなのだ。


 宮崎駿さんが長編アニメから引退した。私の宮崎へのオマージュ、暇があったら見てください。「『風の谷のナウシカ』によせて」
(1)http://sarochan.dtiblog.com/blog-entry-46.html … 
   ~(6)http://sarochan.dtiblog.com/blog-entry-74.html …

【追記】 ご苦労様でした。それにしても、宮崎氏は縄文系の風貌をしていますよね。ところで、私は『風の谷のナウシカ』からのファンですが,まだ,『風立ちぬ』は観ていません。次の休みの日にでも観てきましょうか?! ただ,繰り返しになりますが、彼が引退間際にその思いを公にした「憲法改正」(『熱風』2013年7月)には、心より敬意を表したいと思います。そして,その思いは『風立ちぬ』にも込められているのでしょうね。さて,高齢者は,どう生き、行動すべきなのでしょうか。


 東電のHPの日本語版と英語版を見てみたが、要するに、日本の国民は舐められているのだ。まあ、オリンピックでばか騒ぎさせられている国民だからね。これからの国際的な信用失墜に対してどうするというのだろう。ウソからマコトがバレるのですよ! (http://www.tepco.co.jp/en/index-e.html、参照)

【追記】 私の拙い英語力を持ってしても、情報量の差は明らかでした。まあ、政府・東電は、相変わらず、国際原子力マフィア(IAEA)を始め、原発推進諸国の利益諸集団)に対して、(戦前の侵略戦争に対してと同じように)「お前らも俺らと同じなんだからあまり批判しちゃまずいだろう」といった発想で対処しているのだろうけれど、それは事態を誤って判断していることになるだろう。福島第一原発から確実に放出され海洋汚染を拡大しつつある大量の放射性物質を世界の一般ピープルが許すはずはなく、安倍政権の日本は、世界各国の政府からも地球環境破壊の元凶ー厄介者として扱われることになるだろう。それにしても、日本政府や原子力村の連中のこの事態に対する危機意識の希薄さはなんなのだろう。恐らく,完全な欲ボケによって、事実を直視することすらできなくなっているのだろう。足尾、水俣を振り返ってみるがいい―――濃度規制と総量規制そして(食物連鎖による)濃縮など、お前たちは,まさしく,「亡国」の輩に他ならない。
    

 消費税増税ー大企業減税;福祉目的はどこへやら。わかっちゃいたけれど、自民党政治は、町内会費をボスの身内で山分けする構造と同じだ。そして、あの歌が聞こえる。
      ♫ 皆の衆 皆の衆 悲しかったら 泣けばいい ♫ と

【追記】昨日、NHK・BSの「ザ・ベストテレビ2013」という番組を見た。以前にも見たことがある作品ではあったが、『メルトダウン(1)原子炉“冷却”の死角、(2)連鎖の真相』そして『追跡 復興予算19億円』は、やはり、優れたドキュメンタリー作品であると感じた。このような極めて高い水準の報道番組もあるが、しかし、“犬あっち行け”=NHKをはじめとする、低劣な「大本営発表」的なニュース番組や週刊誌などの存在は、本当に深刻なものだといえるだろう。それらの「素直な人々」に対するイデオロギー注入効果はすさまじいものと思われる。戦前のマスコミと同様ほとんど犯罪と言っていいのではないだろうか。ただ,私たちは、例えば「消費税ー逆進性」といっても、国民の中には「割合」を具体的にイメージできない人々も相当数いることも知っておかなければならないのですが。
 

 福島の危機と政府・東電による〈犯罪〉そのものと言って良いその〈隠蔽〉と〈無策〉!!! 必ずやってくる中程度の地震にすら、あの膨大な汚染水(タンク)と4号機使用済み核燃料(プール)は耐えられるというのか?「容易」に予想される事態は、日本列島と太平洋の全面的汚染だ。

【追記】 私は、福一の事故発生当初から,最大の危険は4号機の使用済み核燃料プールだと認識してきたが,この広島型原爆1万発分の放射性物質が環境に放出された場合、私たちが暮らしている関東平野も帰還困難区域になってしまうことは必至だろう。さらに、青森県六ヶ所村に蓄積されている放射性廃棄物は地球全体を汚染するに十分な量であるということだ。「トイレの無いマンション」とよくいったものではあるが、その糞尿とは比べ物にならない危険物質を生み出し続ける原発に未来があるはずはないではないか。ふざけるな!
 

 『平和のための名言集』(大和書房)という本を読み終えた。身近な家族・隣人は勿論のこと、より広い同胞の苦難に対する想像力をもった立派な人たちがいたのだ。結局、軽薄で欲ボケした我々が、「個」のレベルから変わっていくことを決意しない限り、『未来』はないのだろうと思った。

【追記】 東京の江東区には、東京大空襲・戦災資料センターという民間の研究施設があります。その館長をしているのが早乙女勝元さんで、本書は彼を中心とした人たちの編集によるものです。戦災資料センターを見学して私が強く印象づけられたのは、焼夷弾による悲惨な被害は勿論ですが、その空襲・戦争を「受容」せしめられた「国民」の戦時体制下の日常的意識あるいは子供たちへの教育的〈効果〉の有様です。あのような「国民」の意識があの戦争を許してしまったのだとすると、それを拒否する,あるいは、それを乗り越える「意識」・「思想」を私たちは必要としているといえるでしょう。そうした〈考え方〉の様々な例とヒントを、この本は私たちに提示してくれています。戦争屋たちが跋扈するようになる前に、私たちの一人一人が、非戰・反戦の考え方を明確にし、「時代」に流されないようにしなければならないと強く感じます。


 YouTubeでみのさんの文化放送での話を聞いてみた。実に真っ当なことを言っていた。予定されていた4号機への取材と公表が権力の逆鱗に触れたとの説もあるが、自民から民主への政権移行にみのもんたが果たした大衆への影響力を恐れたということでしょうね。

【追記】 皆さんも,まだの方は,是非、http://www.youtube.com/watch?v=06A31QILeBM&feature=youtu.be&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D06A31QILeBM%26feature%3Dyoutu.be&app=desktop、で聴いてみてください。私は,セクハラは出来ませんが、福島と東京オリンピックに対する考え方はみのさんと同じです。この程度のことは,真っ当な人間であれば、誰でも考えることだと思うのですが,如何でしょう。

 日本の「エリート」は、結局、一部を除いて、どうも意気地無しという印象が強い。なぜ村上東海村村長や泉田新潟県知事ほどの人物にしばしば恵まれないのだろう。結局、金のために魂を売ってはばからない俗物が圧倒的多数なのでしょうね。
・・・・・勉強に取り組む志そのものに関係するかもしれませんね。気の強いのは結構いるでしょうが、「立身出世」主義者が多過ぎるんじゃないでしょうか。
 あと、「意気地なし」といわれるのは、義や情を欠いた、どちらかというと、強く勢いのある連中に、やせ我慢でもいいから逆らうというか、立ち向かうというか、それができなかった時だったのではないかなあ?
 泉田知事「長崎、広島で累積被曝量1mSv超えた人は被爆手帳で医療費無料になる」

【追記】 完全無欠な人などいないと思いますけれど、このお二人はやはり過剰同調社会の中にあって得難い「選良(エリート)」なのだと思います。NHKの良質な番組、美しい合唱曲などとともに,当然距離を置いてということになりますが、しっかりと評価し、大切にしていかなければならないと思います。では、どのようなことを言ったのか,一部を引用しておきましょう。

  《村上東海村村長》
・「金のために魂を売ってはならない」
・「原発の安全神話が崩れ、原発事故によって住民にもたらされた被害の過酷さを知った今、地域住民の命と健康、そして将来にわたる生活を守ることが何にも増して優先されるべきだ」
・「原発問題は日本の構造的な問題。これを解決しないと、民主化も新しい産業の発生もない。原子力業界は強大な権力集団で、民主主義に反するものだ。福島であれほどの事故を起こしながらも、そういう権力集団があるために方向転換できない。最後は自滅に向かっていくと心配している。日本の将来を考えて、言うべきことは言わなくてはならないと危機感を持っている。今後は憲法問題についても発言していきたい。」(「東京新聞」参照)

  《泉田新潟県知事》 
・「更に、福島でですね、被害に遭われた方々からですね、私のところに直接、ほんと、あの、嘆願っていうか、要請をですね、頂いています。一つ例を挙げるとですね、5mSv、これ一つの基準になります。年間約5mSvを超えると、日本の普通のエリアでは、放射線管理区域になるんです。ところが、福島では20mSvまで住んでも良いという事になるわけで、5mSv、放射線管理区域になると、18歳未満の方は、就労禁止になるんですよ。ところが、福島では普通に生活して、20mSv年間浴びて良いですよと、いう事になると、法の下の平等っていうのは、どうなってるんでしょうかという訴えが、私のところにも届いて来ます。」
・「それから、もう一つ、同じ、これは放射能の被害っていう意味では、日本は、長崎、広島、経験しているわけで、この長崎、広島でですね、被爆手帳貰える方っていうのは、累積被曝量1mSvを超えた人に交付されてるんです。この被爆者手帳貰うと、医療費無料になるんですよ。福島は年間20mSv浴びてもですね、そこで子育てをして、医療費無料の対象にもならないと、日本は、一体どうなってるんですかと。広島、長崎では1mSvで、ちゃんと国の手当がなされるのに、これ避難する事も出来ない。そして、法律がですね、縦割りに適用をされていると。知事、何とかしてくれっていう、ほんと悲痛な叫びっていうのが届いてます。」
・「チェルノブイリでもですね、これ移住権を与える方、それから移住する所っていう形で、合理的に仕分けしてるわけですよね。世界の標準、なんで放射線管理区域が5mSvなんですかと。
・「これが今まで間違っていましたという事を証明して、それで変えるんだったら、全体を変えるっていうなら、まだ分かりますけども、日本の普通の地域の放射線管理区域と福島の扱いが違うっていう事、これで本当に良いんだろうかという事については、やっぱり疑問だと思ってます。こういったところを、まぁ各省の基準もね、違うわけですから。砕石、食品、色々違うわけですが、何ら整合性がないまま、司令塔がないまま、今日まで来てるという事は、残念ですし、特に小さなお子さんをお持ちのご父兄、お母さん方、大変心配されてる心情って、私は理解出来ます。」
(http://www.youtube.com/watch?v=FHUyhldie9o、参照)
 
     実に,真っ当なことを言っていると思うのですが、如何でしょう。勿論、東京電力が柏崎刈羽原発の再稼働を原子力規制委員会に申請することを泉田知事が条件付きで認めたとする報道に対して疑念や批判が出ていることもわからなくはないですが,私は知事が「金のために魂を売った」などとも思わないし、再稼働自体を容認したとも思っていません。逆に,これからの知事の闘いに大いに注目していきたいと考えています。この点については、「柏崎刈羽原発の再稼働申請を条件付きで承認した知事の真意とは」(http://www.youtube.com/watch?v=DD5_W1VjwcU)などを見ていただければとも思います。私たちが自然と人間を守るために結果を出さなければならない今、必要なのは、彼を一層孤立させるのではなく、彼とともに一緒に闘うことでしょう。
     また、選挙の結果などで知ることのできる、いわゆる「意識的」な人々の数などせいぜい16%ぐらいなのであり、古い言葉ですが,「小異を捨てて大同につく」ことこそが、今、私たちに求められていることだといわなければなりません。


「恥も通る」クン! 命名大賞差し上げます。―――あるツイートへの返信

【追記】 堺市長選の結果、堺市民の良識に拍手を送りたいと思います。最近の地方自治体選挙の結果は,確かに中央とは異なる流れを感じることができるように思われます。要するに、地方政治は,最も身近な住民の命と生活を守るという極めて基本的なものであって、その意味では、全国的あるいは国際的規模での〈利潤〉追求を志向しているイスタブリッシュメントの利害とは一致しない基盤を有しているのかもしれません。こうした流れが、大阪都構想や道州制といった中央集権政治のミニチュア版ではなく、各自治体の独立性を維持しながらの、全国的な規模での連携や連合が形成される可能性はないのでしょうか。原発に関連していえば、あの危険きわまりない原発に依存しなくても良い産業基盤の形成を、始めは小規模なものであれ、協同して追求していく余地はないのでしょうか。
     それにしても、この間の橋下の対応を見ていると、いよいよ金メッキが剥がれてきたなというか、大言壮語の中身が空っぽだったというのが周知の事実となってきたと言うか、そんな感じが強くします。まあ,真っ当な知能の持ち主ならば相手にしなくなるのは必定です。まだまだ,日本人の国語力は落ちていなかったということでしょう。

政府・多国籍資本こそが、農業や製造業を典型的な例として、国内産業を没落させようとしているのは事実だが、日本国内の生産〈能力〉自体が落ちているわけではないのだ!失業の問題もそうだが、要は、現在の経済的な「仕組み」と「理屈」が間違っているのだ。

【追記】 本日、アベッチが消費税率の8%への変更を発表しましたが、まさしく、それは新自由主義的バイアス―――典型的には新富裕層優遇―――に性格づけられたものといえましょう。これらの問題については、今月、力を入れて書いていければと思っているのですが、今日はもう時間がありませんので,今後の課題としたいと思います。なにしろ、日本経済の現状の〈狂い〉は,経済に対する根本的な捉え方の〈狂い〉に起因しているように思えるのです。


 (リツイート)やられたら二乗してやり返す 平方返しだ!

【追記】話題の『半沢直樹』をさすがに最終回だけは観た。イスタブリッシュメントには10倍の二乗=100倍返しでしょうか。シリア問題についても考えるところがありますが,これも宿題とします。


 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる