FC2ブログ

イラク派遣-自衛隊員の〈死〉に思う

 
 他人の生き血を吸うが如き
     ―――「政治家」と「富める者」の志は卑しかりけり!



   先日、NHKの『クローズアップ・現代―――イラク派遣 10年の真実』を観た。番組によると、イラクに派遣された延べ10000名の自衛隊員のうち28名が自殺していたという。また、自殺ばかりではなく、調査が行われた第1次から第8次までの4000名の隊員のうち、常に10%以上、多い時には、20%から30%の隊員がASD(急性ストレス障害)に陥っていたということだ。この自殺数が多いかどうかといえば、日本では、人口1億2千万人のうち毎年約30000人が自殺するというけれど、両者を比較すると、おおよそ、11倍にもなるのだ(東京新聞の報道によれば、14倍以上とのことだ)。この数が少ないはずはあるまい。ところで、戦場に派遣された兵士たちがこうむる精神的ダメージについては、これまでにも、米軍のイラク帰還兵の深刻なPTSD(心的外傷後ストレス障害)の問題(NHK・BSドキュメンタリー『イラク帰還兵――心の闇と闘う』や米軍の自殺者が戦死者を超えているといったワシントン・ポストやガーディアンの報道など、様々な形で報道されて来ている。しかし、 重要なのはこうした事実をどう理解し、どのように対応するかということだろう。

   番組によると、防衛庁は、こうした自殺がイラク派遣と〈直接的な因果関係〉があるかどうかは不明である、という立場なのだそうだ。この話を聞いて、私は、福島県の18歳以下の若者に対する甲状腺検査の結果を思い出した。通常、子供の甲状腺がんは100万人に1〜2人といわれているが、2011〜13年における福島県の検査では、該当する約36万人のうち、一次検査終了者約23万9000人そして2次検査実施者1148人中、甲状腺がん確定数は26人(疑いを含むは59人)だった。つまり、 通常の約50〜100倍ということだ。しかし、「原子力村」の太鼓持ちたちは、影響が出るのは4年後だというそれ自体根拠が定かでないチェルノブイリ発の議論をもとに原発事故との因果関係を否定しながら、他方で、チェルノブイリでは5mSv/年以上で強制避難、1〜5mSv/年でも避難する〈権利〉があり(住居や職場など)様々な保証がなされているにもかかわらず、福島では、20mSv/年までは「平気」だとし、それ以下では避難の権利も認めず、自主避難の人々をほとんど無保証のままに放置しているのだ。これは、水俣病など、日本の公害病の事例とほとんど同じ構図といってよいと思う。イラクの〈戦場〉における状況や原発事故が理由でないとしたら、一体何だというのだ。個人の弱いメンタリティーや福島の特殊な地域性によるとでもいうのか。こうして、太鼓持ちたちは、悲惨な「既成事実」を追認させようとしているのだ。日本の民衆は本当に大切にされていないと感じる。

   また、驚くべきことに、この番組に出演した五百旗前防衛大学校校長は、派遣された自衛隊員たちが直面しただろう過酷な問題点を糊塗するがごとく、「(東南アジアの占領地における)優しい日本の兵隊さんたちは・・・」といった戦中のプロパガンダ映画を想起させるような、派兵正当化論を展開しているのである。五百旗は集団的自衛権容認派すなわちイラクやアフガニスタンなどでの米軍を中心とする多国籍軍との共同行動を容認する立場なのだと想像するが、もしそうであるなら、復興支援ならぬ集団的自衛権行使の〈戦闘〉状態についても同様の論を展開するに違いない。そして、つぎに来るのは、アメリカ同様、『レジリエンス(折れない心)の育て方』ということになるのだ。しかし、大切なのは、「そもそも、日本の若者をそのようなストレスの下に曝すなよ!」ということなのではないか。

   もともと、自衛隊のイラク派遣にせよ、今回の集団的自衛権容認そして憲法「改正」せよ、それらは、結局、アメリカの軍産複合体の利益にすり寄ることによって、自らの〈セコい〉利益を実現しようとする日本の財界・富裕層の「手先」たちの策謀なのだ。勿論、そのことは、日本の一般ピープル、とりわけ、若者や子供たちに犠牲を強いることになるのだが、そんなことは〈卑劣〉な彼らにとっては問題にすらならない。戦争準備を「積極的平和主義」、あるいは、武器輸出を「防衛装備移転」などと言い換える〈子供騙し〉的な言辞を労しつつ、ただ只管、外国の脅威を繰り返し繰り返し刷リ込んで、国民を騙そうとするばかりなのだ。日本国民も本当に舐められたものだ。後者の点については近いうちに論じたいと考えているが、今日は、次の点だけは指摘して筆を置きおきたいと思う。すなわち、若者を海外の戦場に送って〈犠牲〉を強いること、また、必ずや紛争地域の一般民衆に被害をもたらすであろう武器輸出を緩和・推進することによって、自分たちの〈セコい〉利益を実現しようとしている政治家たちや富裕層は、とてつもなく、〈卑劣〉な存在であるということだ。

   前々回のブログで触れた芭蕉の『おくのほそ道』の中には、次のような表現がある。「・・・かれは富めるものなれども、志いやしからず。」すなわち、「通常」、富める者の志は卑しいというのだ。そして、吉田兼好も『徒然草』で「昔より賢き人の富めるは稀れなり」と書いている。最近の世相を観るに、実に、納得しうる見解だ。そして、最近、恥ずべき悪行が次々と露見している、ウソと汚い金にまみれた政治屋や「富裕層」と比較すれば、真っ当に生きている、我々〈一般ピープル〉の道徳的優位は明らかというべきではないか・・・・・我々〈一般ピープル〉は、彼らの偉そうな外見の下に隠されている〈卑劣〉さを、芭蕉や兼行同様、再認識すべきなのだ。

  
 ※ 気が小さいだけかもしれないけれど、サーバントさんは、あんまり悪いことしてないよね。HAHAHAHA〜

僕は、幻想ないから、事実だけ見てるよ〜ん


DSC_1702菜の花
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる