FC2ブログ

広島の〈土砂災害〉について思う

 本当に心が痛むことです
    ―――「自然災害」で済ませてはいけないのではないか?



   広島をはじめとする土砂災害の悲惨さには本当に心が痛みます。そして、地域の防災マップ(洪水被害)を見てもわかるとおり、我家にも無縁のことではないのです。ところで、こうした報道に接する度に思い出されるのは、次の2つのことです。一つ目は、地球温暖化に起因する気候変動とりわけ巨大台風や局地的豪雨については、もう20年程も前から、NHKスペシャルなどで繰り返し報道されて来ているということです。つまり、科学者の目によれば、こうした最近の気候変動は想定の範囲内だったのです―――シュミレーション画像などが目に浮かんできます。2つ目は,もう40年近くも前の学生時代に聴いた地理の授業の話です。その先生によれば、当時に起こっていた〈土石流(どせきりゅう)〉を中心とする災害は、避けることの出来ない「自然災害」のように言われているが、そのほとんどが乱開発などによって引き起こされた「人災」だったというのです。今回も、行方不明者を含めて100名近い犠牲者がでていますが、報道を見ている限り、やはりこれは避けることが出来た〈人災〉なのではないかと思わざるを得ないのです。住宅の立地状況も、地理の先生に見せてもらった当時の被災地の地形図と酷似しているように思われます。また、地価の低下などを考えて危険性を過小評価していたのではないかという報道も、原発事故と重ね合わせつつ、気の重くなる話なのです。
   私たちは、人知あるいは人間の対応能力を超える自然の力に「畏怖」の念を持つ必要があるでしょうが、また、当然想定される被害については―――確実に警鐘を鳴らしていた人がいるはずです―――、しっかりした評価を行って、こうした災害が繰り返し起こらないようにしなければならないのではないでしょうか。業者・行政は,これまでのやり方を総点検すべきだと思います。また、私たち地域住民も、自らの命と健康こそが第一であることを再確認し、しっかり対処していく必要があるでしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる