FC2ブログ

この恥ずかしさは何だ!――2020東京オリンピック

  安倍の” under control "から始まった「嘘つき」五輪
   
君達は一体何をやっているんだ?!DSC_3551.jpg


   佐野研二郎様デザインの《五輪エンブレム》問題―――これは現在の日本社会の風潮をそのまま表しているのでしょう。それにしても、次から次へと明らかになる、《時流》に乗った「(似非)エリート」さんたちの「非道」は 本当に酷すぎませんか。とりわけ、「日の丸」を背負って世界中に「恥」を晒すとなると、「国民」としても、穏やかな気持ちではいられません。本当に恥ずかしい限りです。時代劇風に言えば、「成敗」とか声がかかってもやむを得ない状況でしょう。しかし、こうした新国立競技場から五輪エンブレム問題へという流れの根っ子には、福島原発事故の復興支援を脇に置いて、「お友達」の利益実現にのみ突っ走った政治家たちの存在があることも忘れてはならないのです。すなわち、オリンピック誘致の最終プレゼンで「アンダー・コントロール」と宣った〈嘘つき〉アベッチたちの存在です。私は、2年前に書いた「SARO-MURIKI「つぶやき」選集(21)―――福島とオリンピックと」(http://saromuriki.blog.fc2.com/blog-entry-144.html)を思い出してしまいました。そこには、こんなことが書いてありました。

○ 猪瀬、首都高速は渋滞しているだろが! アベ、汚染水は港湾外に流れ出ているだろうが!オリンピックは、子供たちに嘘を言って良いと教えるのか?! 
○ 鉄人が(トライアスロン) 防御服着て泳ぐ 東京湾(お台場)
○ アベッチに ノーベルウソコキ賞を、ノーベルアメポチ賞も。
【追記】 9月7日早朝、いつもより早く目が覚めてしまった私は、2020年オリンピック開催地決定の様子をライブ放送で観ることになりました。そして、猪瀬都知事や安倍首相のプレゼンを聴いてつぶやいたのが最初のツイートです。それにしても,この二人,真っ当な時代であったなら決してあり得ないような低級な俗物が高位について〈ハイ〉となり、彼らの浮ついた支持者やそのアホぶりから利益を得ようとする狡猾な外国人には〈受ける〉のだろう〈軽薄〉な「美辞麗句」を口からでまかせに並べ立てるという、どうしようもなく恥ずかしいパフォーマンスを演じることになったのです。

   いやはや、当時の東京都知事・猪瀬直樹も、徳洲会からの「借入金」問題で、嘘をつきまくった挙句、辞めてしまいましたねえ。それにしても、童話に『裸の王様』というのがありましたが、現在の賢い日本の「ネット市民」や「一般ピープル」の目をごまかすことなどはできないのです! そして、こうなってしまった以上、「王様」とその〈お友達〉そしてその〈お仲間〉になりたがっている連中の「裸の姿」を隠すには、もう《秘密保護法》におすがりするしかないということでしょう。もちろん、こんな愚劣な〈お友達〉連中の内々の「密談」を許してはならないのですが。ただ、”ノブレスオブリージュ”の片鱗もない、欲に目が眩んだ〈イスタブリッシュメント〉とそのおこぼれに与ろうとする太鼓持ち(=「似非エリート」)たちは、決して〈公然とした悪あがき〉も止めないのです。その中心が「〈御用〉マスコミ」による世論操作です。この件については、次回のブログで、最近感じた印象的ないくつかの事例を取り上げて考えてみたいと思います。


DSC_3556 (1)
I'm Saro in disguise. Ha Ha HA
       ―――バレバレだよ〜ん
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる