FC2ブログ

ギリシャ財政破綻の危機―――マスコミ雑感(2)

財政破綻の原因と緊縮財政の是非
 ―――結局、ツケは「一般ピープル」へか?!



DSC_3422.jpg
よ〜く見なければいけないんだよね
(僕は爪を一度も切ったことがないんだよ。散歩で減っちゃうから。)


   あの《恥ずかしい》「〈似非〉エリート」たちは、自分たちの《恥ずかしい》行状を棚に上げて、盛んに「一般ピープル」の直接的な政治参加に〈ケチ〉をつけたがります。とりわけ、集会やデモ、そして、住民投票や国民投票についてそうです(もちろん、橋下の大阪都構想の時のように、自分にとって都合が良さそうな時にはそれを利用することもあるのですが)。
   ところで、こうした点に関連して、私が最近非常に興味深く感じたのは、デフォルト(財政破綻)に陥りそうになったギリシャがその財政支援の条件としてEUから求められた「緊縮財政」の是非を問う国民投票に対するマスコミの報道姿勢でした。すなわち、その主要なトーンは、国家の社会保障費削減に反対する「一般ピープル」に対して、〈国民〉は多額の年金を受け取っているとか、ギリシャ人は働かないとか、公務員が3割もいるとかといった、いわば、「借金を抱えているくせに、盗人猛々しい」とかいった論調だったのです。さらに、それは、「緊縮財政」に反対する「一般ピープル」の判断とその「国民投票」による表現を「ポピュリズム」(〈愚かな〉大衆に迎合する政治)として批判するものだったともいえます。しかし、私が認識していた限り、ギリシャの財政危機の主な原因は、アテネオリンピックを機にした(ギリシャ国内の「〈似非〉エリート」たちと連携した)国際金融資本の〈過剰融資〉だったのです(ドキュメンタリーWAVE『嘆きのギリシャ』などを参照)。さらに、その危機の原因は、なんと〈歳出の4分の1〉(総額で世界第4位)を、主に独・仏・米からの〈武器購入〉に充てていた(充てさせられていた)という事実にもあったのです(『週刊金曜日』1052号、32頁)。いうまでもなく、ギリシャのGDPは埼玉県よりも、フォルクスワーゲン社の売上げ額よりも少ないのです。そうした中での〈歳出の4分の1;単純に日本に当てはめれば約25兆円〉の持つ意味がどれほど大きいかは容易に想像しうるところでしょう。つまり、そうした事実の根本的な検証を抜きにして、マスコミ主流の報道は垂れ流されていたのです。すなわち、問題のポイントは、「財政破綻」の危機を、債権者や投機筋、そして、いざとなったら資産を持って国外に逃亡しようとする「〈似非〉エリート」の側から見るのか、世界で最も働き者(労働時間・世界第2位)でもあるギリシャの「一般ピープル」の立場に立って観るのか、ということなのです。

   ところで、現在の日本においても、その巨額な財政赤字の累積にもかかわらず、「2020年東京オリンピック」に向けて巨額な公共投資が目論まれています。そして、その内実がどのようなものであるのかは、今回の新国立競技場問題でその一端が明らかとなったと言えましょう。また、安倍政権はその発足時から軍事費を増大させてきましたが、来年度も約5兆円の防衛予算を要求し、さらに、文科省の「安全保障」関連費などを含む、多額の軍事費の支出を企んでいるのです。そして、このことは、社会保障費の切り捨て=「一般ピープル」の生活の劣化(:「緊縮財政」)と深く関わっているのです。例えば、もし、問題のオスプレイ12機ー1321億円分だけでも社会保障費や教育関連費に回すことができれば、どれほど多くの問題が解決できることでしょう!(→「1500億円で出来ること」)

   すなわち、ギリシャの「一般ピープル」について言えることは、ダントツの世界一の借金大国(!)日本の「一般ピープル」についても言えることなのです。確かに、「一般ピープル」の側にも解決すべき課題はたくさんあり、努力すべきこともたくさんあるでしょう。しかし、ギリシャでも日本でも、「似非エリート」とその「太鼓持ち」たちがつくり出した「負の遺産」の「一般ピープル」への転嫁に対しては特別の注意が必要なのです。世界の「一般ピープル」は、世界の「〈似非〉エリート」による手前勝手な世論操作に注意しなければなりません。

   
             【追記】 

   今、NHK/BS1 ドキュメンタリーWAVE『混迷 ギリシャ危機』を見終わりました。「緊縮財政」と国民投票、チプラス政権とEUとの交渉、その結果としての「緊縮財政」の中身、「犠牲」を強いられる市民、そして、それに抗して立ち上がる自主管理工場ビメオの労働者と彼らを支援する市民たち、見ごたえのある番組でした。(9月7日午後6時、記)

   
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる