FC2ブログ

SAMURAI SPIRIT・宮本武蔵・剣の理法の探求(2)

  さて、私が感じた『五輪書』の魅力とは、「剣の理法」の徹底的に「合理」的な追求、そして、そのいわゆる「求道」的追求ということでした。つまり、武蔵にとって、戦いに「勝つ」ためには、千変万化の状況に対して柔軟・適切に対応できなければならないのであって、そのためには、その精神的・身体的諸条件が徹底的に合理的に理論化される必要があったのだと思います。『五輪書』の中に見られる、この<実戦>に即した理論的追求の<迫力>は、ここに詳述する必要もないでしょう。こうしたなかでは、禅の思想にも通ずるといわれる「平常心」も、何か倫理的、人間形成的な意味においてとらえられているわけではなく、まさに、「勝つ」ためには絶対に必要な、「兵法の心持」に他ならないのです。この他、「身なり」、「目付け」等々、さまざまな武器とわが身を自由自在に使いこなすための実践的追求は、実に見事なものと感じざるをえないでしょう。
  それでは、何が、彼をして、そうした「剣の理法」の徹底的に合理的な追求に向かわせたのでしょうか。それは、日本封建制国家の家臣団(官僚・軍人)の「心構え」としての『武士道』だったのでしょうか。私の受けた印象は、それとは全く異なるものです。すなわち、武蔵のそうした追求が可能だったのは、まさしく、彼が「封建的な道徳」の言説から距離を置き、時代と国を超えたより普遍的な『「武」道』精神に則ったからに他ならないと思うのです。彼が「兵法の道」を「大工」に喩えて論じていることの意味は決して軽くはありません。すなわち、彼の「兵法の道」は、狭い封建時代の武士身分のそれを超え、全ての時代と全ての職業(あるいは全ての人々の生き方)にも通じる普遍性―――それを「求道精神」と呼んでいいと思いますが―――を有していたということです。こうしたことから、『五輪書』は、武道たる剣道を学ぶ現代の私たちにも極めて実践的な示唆を与えてくれると同時に、世阿弥の『花伝書』やシュリーマンの『古代への情熱』と同じような感動を与えてくれるのでしょう
  これに対して、剣道を学ぶことが「剣の理法」を学ぶことに違いはないとしても、その「剣の理法」を学ぶことが、その奥にある、(封建的官僚・軍人たる)「武士の精神」、たとえば、「一旦緩急あれば義勇公に奉じ」て、「忠君愛国」のために命をささげることを学ぶというようなことであるならば、それは、もう、時代と国を超える、普遍性をもちえないでしょう。そうではなく、現代に生きるわれわれにとって大切なのは、剣道がもつ歴史的特殊性を忘れてはならないのは勿論のことですが、剣道そしていわゆる「武士道」がいかに時代と文化を超えた普遍性を持ちえていたかを探ることだと思われます。こうした意味においては、外国人が剣道に寄せる興味や関心は、大変示唆的であると思います。例えば、『SAMURAI SPIRIT <剣道編>』において、Alexander Bennett氏は、剣道にとって非常に大切な精神面での成長を『四戒(驚・懼・疑・惑)』の克服ととらえていましたが、これなどは、明らかに、世界の武道にとって普遍的な意味を持ちうることだろうからです。また、<捨てる>「勇気と胆力」も、武道にとって普遍的意味を持つでしょう。恐怖に身をすくめていては、勝機はないからです。勝海舟は、冷静に、ある<人間精神上の作用>について、次のように述べています。
(俺は)「危機に際会して逃れられぬ場合と見たら、まず身命を捨ててかかった。」
「俺はこの人間精神上の作用を悟了して、いつもまず勝敗の念を度外に置き、虚心坦懐、事変に処した。」(『氷川清話』)
  しかし、この「命を捨ててかかること」は、『葉隠』的な意味でとらえてはいけないのです。命を賭けることは、蛮勇でも、すてばちでも、そして、義のためでなく「私」のためでも可能なことなのですから。海舟は次のようにも言っています。 
「死を恐れる人間はもちろん談すに足らないけれども、死を急ぐ人も、また決して褒められないョ。日本人は一体に神経過敏だから、必ず死を急ぐか、または、死を懼れるものばかりだ。こんな人間は、ともに天下の大事を語るに足らない。
元亀・天正の間は、実に日本武士の花だった。しかし当時は、ただ死を軽んずるばかりを、武士の本領とするような一種の教育が行われて、ついには一般の風が,事に臨んで死を急ぎ、とにかくに一身を潔うするのをもって、人間の能事が終わったとするようになったのは、実に惜しいものだ。」(『氷川清話』)
  
  長くなりました。ところで、現在の私は、剣の理法を追求していく「求道精神」のなかにこそ、人間の本質的自由と主体性、そして、武道が生み出す美しい「華」(美しい技、人間間の相互的尊重、そして、平和 )を見ることができるだろうと感じているのですが、次回は、武蔵の『五輪書』とそれらとの関係を考えてみたいと思います。

  サーバントさん!昨日はいろいろおいしかったよ。ありがとね
  サロさん、最近太ってるよ。
  
  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる