FC2ブログ

五代目中村雀右衛門襲名披露・三月大歌舞伎を観た!

 男が演じる女方の様式化された「芸」の難しさ
    ―――それにしても、菊之助には〈華〉がある!



   ※春野菜の植え付けが始まっています。ジャガイモ2種類とキャベツとブロッコリー、そして、ネギは終わりました。これからは、土を耕し、畝起こしをしたところに種を蒔いていく予定です。ただ、今日は、気温が低く、雨上がりで土が重いため、作業は明日以降にします。ということで、今回は、先日観に行った、歌舞伎について報告しておきたいと思います。

  中村芝雀改め
  五代目中村雀右衛門襲名披露 三月大歌舞伎 (歌舞伎座)
  (夜の部)
   一、双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)角力場
       橋之助、菊之助、高麗蔵、他
   二、五代目中村雀右衛門襲名披露 口上(こうじょう)
       藤十郎、菊五郎、吉右衛門、他      
   三、祇園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき)金閣寺
       雀右衛門、幸四郎、仁左衛門、他
   四、関三奴(せきさんやっこ)
       鴈治郎、勘九郎、松緑



   実は、過日、『曽我物語』(全10卷)を読み終えたところだったので、(昼の部)の「寿曽我対面(ことぶきそがたいめん)」も観たかったのですが、今回は(夜の部)だけということにしました。ただ、(夜の部)には「五代目中村雀右衛門襲名披露 口上」があり、歌舞伎の華やかさを大いに堪能できました。「口上」では、主役の雀右衛門が予想以上の艶やかさで、声にもハリがあり、素晴らしい襲名披露だったと思います。また、仁左衛門の先代のエピソードを織り交ぜた巧妙な語りをはじめ、インフルエンザだったらしい菊五郎や午前の部だけに出演している吉右衛門も含めた歌舞伎役者総勢19名の口上を聞くことができ、私にとって、初めての、貴重な体験となりました。

   さて、最初の「角力場」についてですが、これは、男同士の義理の立て合い・意地の張り合い(達引)をコミカルに描いた演目で、江戸時代の庶民の「正義感」が奈辺にあったかを窺い知ることのできる興味深い内容でした。また、山崎屋与五郎の濡髪長五郎に対する「ファン心理」は、森の石松の「寿司喰いねえ」をも想起させる、なんとも微笑ましいもので、隣席の若い女性も満面の笑みで楽しんでいました。それにしても、放駒長吉と山崎屋与五郎という全く異なるキャラクターをそれぞれ実に見事に演じ分けた菊之助は、本当に〈華〉のある、素晴らしい歌舞伎役者だと思いました。

   次に「金閣寺」ですが、これは「哀しくも美しい絢爛な時代物の名作」として、次のように紹介されています。
   「謀反を企む松永大膳は、将軍足利義輝を殺害し、その母の慶寿院を金閣寺の二階に幽閉しています。共に幽閉している雪姫に思いを寄せる大膳は、夫の狩野之介直信に代わり金閣の天井に龍を描くように迫ります。そこへ此下東吉が現れ、大膳の家臣になることを願い出ます。一方、手本がなければ龍を描くことができないと断る雪姫。大膳は、雪姫を桜の木に縛りつけると、直信の処刑を命じます。悲嘆にくれる雪姫が、降りしきる桜の花びらをかき集め、爪先で鼠を描くと…。」(『歌舞伎美人』より)
   この雪舟の孫娘である雪姫こそが、「三姫(さんひめ)」と呼ばれる女方の大役の一つであり、今回、五代目雀右衛門が初めて挑戦する役どころとなったものです。とりわけ、手を縛られながら演じる「爪先鼠(つまさきねずみ)」は最大の見どころとされています(―――これは、雪舟の少年時代の逸話を膨らませたものですよね!)。ところで、私はこれを見て、男が演じる女方の、様式化された「芸」の〈難しさ〉を改めて感じさせられる思いでした。といいますのは、雀右衛門が演じる雪姫は、その女性を表現する〈様式美〉によって、高い気品と熟練を感じさせはするのですが、やはり、男が演じているという感が強く、女性と見まごうような玉三郎や七之助の演技とは「異質」なものを感じてしまったからです。彼の芸の〈質〉を決定するのはあくまでもその〈様式美〉なのだと思いますが、そのことをより深く、明確に感じ取るには私の「歌舞伎経験」は浅すぎるのだろうなと感じざるを得なかったのです。
   また、松永大膳を演じた幸四郎について言えば、昨年暮れの『東海道四谷怪談』における与右衛門に続いて、雪姫の「仇役」そして「色悪」といった役柄を演じ、まさしく、悪役の「魅力」を振りまいていました。実は、前回の与右衛門役については、かなり年齢的な不安を感じたのですが、今回は、声も明瞭で、一安心というところでした。やはり、幸四郎と菊五郎―――二人共もう73歳でしょうか―――には、もっともっと頑張ってもらいたいと思います。
   ところで、現在私は「一般ピープルにとって〈仇討ち〉とはなにか?」と言うテーマを考えています。この点に関連し、今回の演目における雪姫と此下東吉こと真柴久吉の「仇討ち」についての対話は、大変興味深いものがありました。この点については、近いうちに考えをまとめることができればと考えています。

   最後の「関三奴」は舞踏でしたが、リラックスして楽しむことができました。舞踏といえば、三津五郎の「喜撰法師」や三津五郎と勘九郎の「団子売」などを思い出しますが、あの独特の動作には、当時の一般ピープルの〈文化〉を強く感じさせられます。それにしても、酔っ払ってもいるわけなのですが、あの軽妙なリズムと絶妙なバランスは難しいですよね。鴈治郎も勘九郎も松緑も、いい味を出していたと思います。

   最後に、今回の3階席は、前後の間隔が狭くて窮屈でしたが、「京屋!」とか屋号を叫ぶおじいさんやそれを真似する外国人などが居て、なかなか面白いところでした。今度は、1000円の幕見席で見てみましょうか?! 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2017年11月現在満11歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる