第7回沖縄意見広告報告集会(関東)に参加して

  反基地運動の国際的連帯
    ――沖縄の米軍基地は人権と世界平和への脅威だ!



DSC_2084.jpg
講演するアン・ライトさん



   6月12日、東京神田駿河台の連合会館で行われた第7期沖縄意見広告運動報告集会(関東)に行ってきました。沖縄で起こった元海兵隊員・軍属による悲惨な強姦殺人事件は私の心に重くのしかかっています。本人やご家族、知人の方々の気持ちはいかばかりでしょうか。その恐怖と怒りと悲しみを思うと気持ちが不安定になってしまう程です。そうした中で行われた今回の報告会。アン・ライトさんやキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんら、女性の発言に心動かされることの多かった集会でした。

   集会は、元国立市長・上原公子さんの司会で、まず、参院選に野党統一候補として出馬する元宜野湾市長・伊波洋一さんのビデオ・メッセージ、続いて、辺野古で抗議行動を行っているヘリ基地反対協議会共同代表・安次富浩さんの報告がありました。その後、元米陸軍大佐・国務省外交官のアン・ライトさんの「沖縄とともに、『米軍基地NO!』を世界に」と題する講演があり、休憩後、質疑応答と連帯の挨拶そしてキャサリン・フィッシャーさんの話がありました。

   アン・ライトさんはイラク戦争に抗議して外交官を辞めた人で(その時の「離任状」は、コードピンク大阪のホームページで読むことができます)、著書に『異議あり DISSENT』(コードピンク大阪)などがあります(これについては、天木直人氏のブログで紹介されています)。

   ライトさんは、世界に800もある米軍基地において、今回と同様の事件や環境破壊などが相次いでおり、米軍基地の存在こそがその原因であると指摘していました。性犯罪については、基地の外だけではなく基地の内部でも起こっており(4人に1人)、その原因は軍人が暴力的であるように訓練されるためだと述べていました。米軍帰還兵による自殺や殺人行為の頻発がしばしば報道されていますが、戦争・軍事行動が引き起こす〈死に至る〉心的外傷の恐ろしさは想像以上のものだと思われるのです。さらに、今回の悲劇の原因は、米軍基地が極端に集中する戦後沖縄の置かれた差別的な現状、そして、不平等な日米地位協定下の米軍基地の有様にあることは確かです。最近、英国人ジャーナリストのジョン・ミッチェル氏が入手した米海兵隊「研修資料」の要旨が報道されましたが(『琉球新報』2016・5・25、『東京新聞』2016・5・29)、それは、「米軍が兵士に対して県民を見下すよう教えている。それが海兵隊員の振る舞いに影響を与えていることが分かる。」といった内容でした。そして、このような蔑視が、米軍の特権を認めた日米地位協定によって支えられているのは明らかなことなのです。米軍基地の撤去、少なくとも、日米地位協定の改定が是非必要なのです。
   この後、ライトさんは、Web上でアクセス可能な世界各地の反基地闘争を詳しく紹介してくれました。米軍基地の存在は、安全保障どころか、世界と地域の不安定化要因に他なりません。しかし、世界には反戦・平和の志を共有し、反基地闘争を戦うたくさんの人々も存在するのです。私たちはこうした人々と連帯して行動していく必要があるのです。


   『涙のあとは乾く』(講談社、2015年)の著者であるキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんについては、『東京新聞』・電子版(「レイプ被害の体験記出版 強いられた闘い今も キャサリン・ジェーン・フィッシャーさん」、2015年6月13日)でも紹介されていますが、彼女の生の声を聞いて、日本の警察の屈辱的な取り調べ、日本の検察による不起訴処分、そして、米軍が犯人をこっそり帰国させること等々、「日米地位協定」下における米兵の性暴力の実態がどのようなものであるかがより深く理解できたように思います。どれだけ多くの女性が苦しめられてきたことか。とりわけ心に残っているのは、今回の被害者である島袋里奈さんも発したであろう、「誰か助けて!」という叫びについてフィッシャーさんが語ったことであり、私たちはその悲鳴に応えなければならないと強く感じました。日米両政府のおざなりな謝罪や抗議、綱紀粛正や再犯防止策ではなく、日米地位協定の改定はもちろんのこと、米海兵隊基地そのものの撤退を要求していかなければならないのです。フィッシャーさんの勇気と強さに見習わなければなりません。

   (現在、「怒りと悲しみの沖縄県民集会に呼応する 命と平和のための6・19行動」(国会正門前)が行われています。私は「体調不良」のため参加できませんでしたが、その代わり、このブログを書きました。)

    米軍基地は大幅整理縮小
    辺野古新基地断念
    地位協定抜本改定
    戦争法はいますぐ廃止
    海兵隊は全面撤退
    安倍内閣は退陣
    参院選で野党は勝利

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる