等身大の生活実感を大切に!―――アベ政治を許さない

 「人の生き血をすすり 不埒な悪行三昧・・・」
      私たちの一票で、醜い浮世の鬼退治!  
 
  

   前回は、GDP成長率というかなり抽象度の高い数字を見てみましたが、アベノミクスが景気を回復させていないことは私たちの生活実感からも当然のこととして感じられます。実際、『報道ステーション』の世論調査(2016年7月)では、景気回復を「感じている」は15%、「感じていない」は78%にも達します。それにもかかわらず、アベノミクスを「支持する」のは40%(不支持は46%)、そして、内閣および自民党の支持率は42.2%にも達するのです。これは一体何んなんでしょうか。

   共産党の法定ビラ第1号には、「いつまでたっても『道なかば』(首相) 『アベノミクス』は格差と貧困を広げただけです。」とありますが、実際、私たちの目の前にあるのは、〈アベノミクスによって私たちの生活が破壊されつつある〉という現実に他ならないのです。すなわち、アベノミクスの「道」とは、「デフレからの脱却(なるほど、インフレかい!)」ということなのですが、実は、〈一般ピープル〉の生活の破壊の上に、一部の富裕層が暴利を貪ろうということでしかないのです(ねえ、竹中さん!)。そのことは、アベが都合のいい数字を並べ立てて隠そうとしていることそのものに表れているのです。

   G7中〈最低〉(!)のGDP成長率を実現した、アベノミクスの「経済の好循環」は、以下9つの数字によって表されています。簡単なコメントも付しておきます。

①国民所得36兆円増加――GDP隠し、物価上昇と円安効果
②就業者数110万人増加――正規が減って非正規が増えただけ
③有効求人倍率24年ぶりの高水準――求職者減少、正規は0.85
④若者の就職率過去最高――団塊世代の退職、人口減
⑤給与3年連続で2%水準の賃上げ――誰の?実質賃金5年連続減少
⑥企業収益過去最高70.8兆円――0.05%の大企業が内部留保で株主
⑦税収21兆円増加――実は、消費税分
⑧企業の倒産件数25年ぶりの低水準――“隠れ倒産”2万6699件
⑨外国人旅行者数過去最高約2000万人――日本人旅行者激減

   これらの数字については、すでに、様々な批判を読むことができます。例えば、『しんぶん赤旗』(6月11日:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-06-11/2016061103_01_1.html)や『日刊ゲンダイDIGITALl』(6月22日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/184098/6)、最近では『週刊金曜日』(7月1日号)などがその代表的なものです。まだの方は是非ご一読を。それらを詳細に紹介することはしませんが、事実は私たちの〈実感〉どおりで、膨大な借金(税金の先取り)を積み重ね、国民の資産を勝手に使いながら実体のない金融操作にのめり込み、真の復興や成長とは無縁なところに血税をつぎ込み、労働のブラック化(非正規・低賃金・長時間労働)を推し進めて、「お友達」の懐を肥やしたというわけなのです。もし、今後もアベの「空ぶかし」の暴走を許すならば、国民生活の破壊と人間関係の崩壊は一層深刻さを増すことになるでしょう。若者たちはどんな世の中を生きることになるのでしょうか。

  それにしても、こうした自公の政治支配を支えている「意識」・「心理」とはなんなのでしょうか。もう少し限定して言うならば、景気回復を「感じている」15%はまあいいとして(よくはないですが)、なぜ「感じていない」78%のうちの約30%もの人がアベノミクスを支持し続けるのでしょうか。少なくとも、彼らの多くは、自らの〈実感〉にもかかわらず、「この道しかない」と思わされているようです。アベの詐欺まがいのウソを許している、こうした思考の回路を解明していく中にこそ、この梅雨空のようなジメジメした日本の状況を変えていく契機があるはずです。昔ながらの「人間関係」(地域ボスの支配)の中で思考を停止しているのでしょうか。宗教的支配の中でアベ政権を支持しないと「地獄へ落ちる」とでも信じさせられているのでしょうか。「強者」たるアベたち自身が作り出した格差への不満や生活への不安を、外国や他の社会階層・弱者に投射するよう仕向けられてのでしょうか。それとも、実は自分たちの真っ当な労働や努力によってかろうじて支えられている現状を、なんと、それを破壊しつつあるアベたちによる「恩恵」ー「善政」の結果とでも錯覚しているのでしょうか。どちらにしても、社会を支えている「一般ピープル」が、従属的ではない主体的な、〈知性と勇気〉を獲得しない限り、この「アホらしい」現状は克服できないのでしょう。


いくらなんでも、あれはウソだよね
DSC_4468.jpg
よほど人間を舐めてるんだろうね






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる