芸術祭十月大歌舞伎―中村芝翫襲名披露(昼の部)を観た

 江戸庶民の「反権力」の心意気
    ―――河竹黙阿弥の名作を芝翫が演じる



DSC_2501.jpg
さあ、どんな舞台が?高まる期待!


   ※10月19日(水)、歌舞伎座で「芸術祭十月大歌舞伎―中村芝翫襲名披露」(昼の部)を見てきました。いつものように、あらかじめ演目と配役とみどころを「歌舞伎美人」をもとに整理しておくと以下の通りです。
   
一、初帆上成駒宝船(ほあげていおうたからぶね)
   橋彦 国生改め橋之助
   福彦 宗生改め福之助
   歌彦 宜生改め歌之助
 ◆山口 晃・寛徳山人作の襲名を寿ぐ祝儀の新作舞踊。成駒屋ゆかりの詞章で三兄弟が舞を舞う晴れやかな一幕。
   
二、女暫(おんなしばらく)
   巴御前 七之助
   舞台番松吉 松緑、他
 ◆女方ならではの趣向でみせる荒事の様式美:源平の合戦で功を立てた蒲冠者範頼が、家臣らを引き連れ北野天満宮へ詣でると、居合わせた清水冠者義高らは、権勢を誇る範頼の暴挙をたしなめます。怒った範頼は、成田五郎らに命じ、義高らの命を奪おうとします。そのとき、「しばらく」の声をかけて現れたのは、巴御前。女ながら武勇に優れた巴御前は、義高らを救い、紛失していた名刀倶利伽羅丸を取り戻します。そして範頼の仕丁を成敗すると、急にしおらしい姿を見せ、恥じらいながら去って行くのでした。歌舞伎十八番の『暫』を女方が演じる華やかな舞台。

三、お染 久松 浮塒鷗(うきねのともどり)
   女猿曳 菊之助
   お染 児太郎
   久松 松也
 ◆身分違いの恋を描いたお染久松ものの舞踊:浅草の大店のひとり娘のお染は、親の決めた縁談が嫌で家を飛び出し、隅田川の土手までやって来ます。その後を恋仲の丁稚の久松が追いかけて来て、家に戻るようさとしますが、お染は聞き入れません。そこを通りかかった女猿曳は、二人が噂のお染と久松であろうと察すると歌祭文に事をよせ意見をします。そして二人の気を引き立てようと万歳の様子をみせ、その場を後にします。しかし、二人は別れることができず、心中の覚悟を決め去っていきます。華やかで情感豊かな清元が、お染久松の心情と女猿曳の軽妙な味わいを盛り立てる。 
 
四、極付 幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)
 「公平法問諍」
   幡随院長兵衛 橋之助改め芝翫
   女房お時 雀右衛門
   水野十郎左衛門 菊五郎、他
 ◆男伊達の潔さと江戸の心意気:大勢の芝居見物客で賑わう江戸村山座の舞台に、旗本水野十郎左衛門の家臣が乱入して騒ぎ出します。これを止めた幡随院長兵衛の様子を見ていた水野十郎左衛門が、長兵衛を呼び止めます。そこへ長兵衛の子分の極楽十三、雷重五郎、神田弥吉が駆け出して来て、一触即発となりますが、長兵衛がその場を収めます。後日、水野の屋敷に呼ばれた長兵衛は、この誘いが水野の企みだと悟りながら、出向くことを決意します。案じる女房子どもに別れを告げて、長兵衛は水野邸へ一人で乗り込み…。町奴の長兵衛と旗本の水野の対決を鮮やかに描いた河竹黙阿弥の名作。


 ※ さて、橋之助の八代目芝翫襲名のことは『東京新聞』のコラムで知っていましたが、3月の雀右衛門の襲名披露に続いてこの公演を見ることができ、大変幸運であったと思います。それでは、若干の感想を述べておきます。

   まず、三人の息子たちによる舞踏『初帆上成駒宝船』についてですが、私には、西洋のクラシックバレエや社交ダンスなどとは全く異なる、その庶民的な身のこなしとその若々しさが大変好ましく思われました。また、今回一緒に行った「姉貴」によれば、指先の表現力など、やはり長男〜次男〜三男と、その「うまさ」(熟練度)の度合いには違いがあるようだとのことでした。私は身体の移動やバランスに注目していたわけですが、人によって見るところが違うものです。要するに、いろいろ楽しめるということです。

   つぎに、『女暫』ですが、これは、「勝者」=頼朝の家来範頼の驕り高ぶった暴挙に対して、「敗者」=義仲の息子清水冠者義高と巴御前が〈反撃〉するという、いわゆる「判官贔屓」の如き筋立てになっています。ただ、私が歌舞伎を見ていつも感じるのは、そうした〈反撃〉が、単なる敗者・弱者の「怨恨(ルサンチマン)」からというのではなく、たとえ一見支配階層からの借り物に見えるとしても、しっかりとした「倫理」的《怒り》にもとづいていることなのです。今風に言えば、「エスタブリッシュメント」の支配に抵抗する「一般ピープル」の〈原理〉(何が奪われ、何が不公平であるのか)が明確に示されているということです。 
   それにしても、七之助はいいですねえ。セリフも動作もアドリブも。楽しいことはいいことです。

   つぎに『お染 久松 浮塒鷗』についてです。私は今年の正月に観た『小狐礼三』で菊之助のファンになりましたが、今回の女猿曳役の舞踏については少し難しく感じました。清元に合わせたその踊りの「良さ」は私には理解不能と思われました。ただし、作品としての『お染 久松』については、やはり、「人情」からする封建的身分制や性差別に対する「批判」が読み取れるといえるでしょう。日本社会の「冷たさ」の象徴とも言える「間引き」や「姥捨」の伝承に接した時も、私たちはそこに「人情」から発する「涙」を感じることができるでしょう。そして、そこに「涙」が感じられる限りにおいて、私たちはそうした状況を改善していくことができるのです。そうした意味において、『お染 久松』の(涙の)物語は、「両性の合意に基づいてのみ成立する婚姻」(「両性の本質的平等」)を準備したとも言えるではないでしょうか。

  最後は『極付 幡随長兵衛』です。ところで、夜の部の『一谷嫩軍記 熊谷陣屋』も大変評判が良かったとのことですが、私にとっては、歌舞伎の「反権力」性という面において、『幡随長兵衛』の方がプログラムの一貫性という意味でより良かったのではないかと感じています。すなわち、当時の歌舞伎のストーリーの背後には、7代目市川團十郎の江戸追放や芝居小屋の江戸郊外への移設など、当時の幕府(武士)の政策への批判があったろうと推察されますが、河竹黙阿弥によってこの作品の中で描き出されているのは、まさしく、「きたない」やり口の旗本奴(=武士)に対する町奴長兵衛の、仲間や江戸の人々のことを思う「倫理」的ー「道義」的優越性に他ならないと言えましょう。封建的身分制はその倫理的正統性をもはや失っていたのです。
  また、山場においてセリフが少し不明瞭に聞こえることを除いて、私には、YouTubeで観た萬屋錦之介と片岡仁左衛門の『幡随長兵衛』よりも、今回の芝翫と菊五郎のものの方が歌舞伎の「様式性」(ここでは、ロマンチック過ぎない)という点で勝っていたように感じられました。時代物や荒事などにおける8代目芝翫のこれからの活躍に大いに期待したいと思います。



DSC_2505.jpg
今日は奮発して木挽町辨松の弁当を

  ※普段はコンビニで買ったパンやおにぎりで済ますのですが、今回は、歌舞伎座前の木挽町辧松の弁当を奮発しました。確かに、美味い!量は足りないですが(苦笑)。


DSC_2503.jpg
芝翫襲名の祝幕

  ※歌舞伎座では、毎回、緞帳の紹介を楽しみにしていましたが、このような「祝幕」は初めてでした。立派なものです。それにしても、このように大きな幕をどのようにして作るのでしょうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる