徒然なるままに「睦月」―――2017年1月

トランプの「我儘爺さん」の如き醜さにウンザリ!
 ―――サロさんはシニアだが、頑固でも愛嬌があるよね‼︎




バカバカしい時には寝るに限るよ
DSC_4919.jpg


   ※2017年も半月が過ぎました。1年の24分の1ですね(苦笑)。こんな風に感じてしまうのも、きっと歳をとったせいなのでしょう。ところで、新聞によりますと、日本老年学会は「高齢者」の定義を現在の65歳から75歳にに引き上げるよう提言したのだそうです。これに従いますと、私などは、突然、「准高齢者」に〈格下げ〉になります。しかし、こうした〈呼び名〉だけを変えることの意図については疑念を持たざるを得ないと感じます。昨夜テレビで、デーヴィッド・ジーマン指揮ーN響「シューマン交響曲第3番〈ライン〉」を聴きましたが、このジーマンさんは80歳で、その若々しさは驚くほどでした。私の周りにも80歳を過ぎて益々元気な人がいます。他方、70歳を待たずに衰え、亡くなる人も少なくないのです。要は、個人差の問題です。そして、「高齢者」であろうと「准高齢者」であろうと、その社会参加(就労)や社会貢献は、あくまでも、「死ぬまで働かされる」ことであってはならず、また、現在の働く世代を苦しめる、「ブラック」とまで称せられる日本の労働環境を維持・補完するものではあってはならないと思います。このことは、健康保険や老齢年金の問題にも関わりますが、これらの点については、後日ゆっくり論じてみたいと考えています。

   それにしても、アベの顔を見るだけでもウンザリしていたのに、年の初めから、トランプとそれに擦り寄る日本の似非エリートたちの醜い姿を見せつけられては、ホトホト嫌気がさしてきます。トランプの表情は、アソウにも似た、傲慢な「お坊ちゃん」に「わがまま爺さん」の図々しさが加わったような、実に醜いものに感じます。「トランプは任期4年を全うできない」(www.huffingtonpost.jp/2016/11/11/story_n_12920374.html)とマイケル・ムーアが予想しているそうですが、しばらくは〈辛抱〉の日々が続きそうです―――〈辛抱〉といえば、私は先日『逆転裁判1』をクリアしたのですが、ゲームに行き詰まるとすぐブツブツ言うということで、なんとゲーム機器を回収されてしまいました。歳のせいで〈辛抱〉ができなくなったのかもしれません。それにしても、今時の若い人たちは本当に「穏やか」だと感じます(苦笑)。
   
   ところで、アベにしてもトランプにしても、その政治的手法は「権力政治」の「ズッコケ型」とでもいうべき情けない代物です。ここで詳しく解説などしませんが、例えば、マキャベリの『君主論』や『ディスコルシ(「ローマ史」論)』そしてナチスの台頭を目の前に著されたメリアムの『政治権力』などを思い起こせば、それらが、「権力政治」(あるいは、「リアル・ポリティクス」)の粗野で低レベルな適用でしかなく、情勢を一層混沌としたものにする、末期的症状を呈するものとさえ言えると思います。もちろん、「歴史は繰り返す」と言いますし、また、「一般ピープル」が「分断」され「堕落」させられている限りにおいては、決して油断することはできません。しかし、多国籍資本とまさしく国家が主導する〈グローバリズム〉が生み出す矛盾は、アベにもトランプにも解決することなどできないのです。また同時に、トランプらの勢力を「ポピュリズム(大衆迎合主義)」という概念で位置づけ、「イスタブリッシュメント」が主導する〈グローバリズム〉に対峙させている限りにおいては、それが生み出す矛盾(国内的・国際的格差)を基本的に解決することなどできません。すなわち、その矛盾に対する現時点における可能な〈国家〉的レベルでの対応は、国際金融資本と多国籍(超国籍)企業に対する〈規制〉であり、国内における北欧社会民主主義的な再編成だろうと思われます。さらに、その〈社会〉的レベルにおける対応は、様々な地域的・共同的な政治(自治体行政)や経済(協同組合等々)の編成ということになるでしょう。そして、こうした方向性への現実的な担い手は、例えば、アメリカにおける「サンダース陣営」、そして、日本における「野党共闘」ということになるのかもしれません。私たちには眼前の矛盾に対応する現実的な選択が突きつけられているのです。
   
  ゲームの機器を貸してもらえなくなったからというわけではありませんが、急にブログが書きたくなりました。この他にも、諏訪大社への家族旅行やアニメ映画『君の名は』の視聴など、書いてみたいことはたくさんあります。その節は、また、お付き合いください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる