『君の名は』を観て―――あの日あの場所で

 〈運命的〉な出会いへの想像力
      ―――時空を超えた「同胞」への共感から!


DSC_4469.jpg
あの日のことを思い出すねえ


   ※昨日、サロさんのご飯を買いにペットショップに行ったら、たくさんのワンちゃんを見かけました。しかし、これまでもそうだったのですが、どのワンちゃんとも目のピントが合わないのです。ところが、10年前、あのペットショップの前を通りかかったサーヴァントとサロさんとの目は本当にガッチリと合って、まさに〈運命的〉なものを感じたのです。そして、翌日から、サロさんは私たちの家族の一員になりました。人生には、このようなこともあるものです。

   先週の日曜日、今話題の新海誠監督作品『君の名は』を観に行きました。若者をターゲットにしたアニメーション映画でしたが、テレビによると、興行収入がなんと歴代第4位(ちなみに、第1位『千と千尋の神隠し』、第2位『タイタニック』、第3位『アナと雪の女王』)なのだそうで、中高年の観客も多いとのことでした。そんなわけで、ミーハーな私も遅ればせながら観に行くことにしました。

   さて、視聴後の感想ですが、前評判通り、その映像の美しさは特筆すべきだと思いました。とりわけ、都市(東京)の風景の描写には感心させられました。『かぐや姫の物語』の淡い色彩表現も印象的でしたが、このアニメ映画の風景描写は、写真のそれよりもはるかに美しく、また、親近感を感じさせるものでした。

   「2nd兄貴」によれば、新海監督は一部のアニメファンにはよく知られた人物だったとのことですが、ここまでメジャーになりうる要素は何だったのでしょうか。もちろん、それは、やはりストーリーそのものが持つ独特な魅力であったろうと思われます。私は、連続ラジオドラマ『君の名は』をかすかに記憶している世代ですが(『宝島』や『一丁目一番地』などは主題歌もはっきり覚えています)、今回のアニメはそれとは全く違った印象を与えるものです。また、男女が入れ替わるという点についても、(性の制約を超えた新しい女性の可能性を感じさせる)『とりかへばや物語』とは勿論のこと、(「らしさ」にこだわらない魅力的な少年・少女の「鏡像段階に於ける自己認識」をテーマとしたという)『おれがあいつであいつがおれで(『転校生』)』とも違ったものです。私が感じたこの映画のストーリーの魅力は、以下のようなものでした。

   「赤い糸で結ばれていた」とは、私たちが一度は耳にした言葉だと思います。男女の〈運命的〉な結びつきへの「感覚(センス)」は、トワ・エ・モワの『或る日突然』のような場合など、様々でしょう。しかし、その最も劇的で心揺さぶられるものは、やはり、突然の邂逅(「ひとめぼれ」)によるそれなのではないでしょうか。それは名も知らぬ〈未知〉の人であるにもかかわらず、どこかで会ったことのあるような〈既視感〉を伴う「感覚」でもあります。おそらく、それは、なんらかの「経験」に基づきながらも、我々の持つ想像力によって紡ぎ出された憧れの〈理想形〉との出会いでもあるのでしょう。こうした〈恋愛〉感情は、人間にとって普遍的なもののように思われます。もちろん、そうした観念は「幻想」であり、人々を悩ませることにもなります。しかし、ごく稀に、そうした「幻想」の中に生き続け、来世にまで持っていける人たちもいるようです。羨ましい限りですね(笑)。

   ところで、この作品のストーリーに独特の個性と「深み」を感じさせるのは、その端緒が、生きていれば5年後に恋人として出会うことになったかもしれない、被災地で亡くなった少女に対する少年の共感と想像力に発しているが故だろうと考えられます。もちろん、この少年は美しい飛騨の自然とそこに生活するまだ見ぬ少女に憧れ、また、少女も同様だったことでしょう。そして、この惹かれ合う〈未知〉の二人の憧れと〈共感〉が、遡及するが如くに、「入れ替わり」を生んだように思われるのです。人間の想像力は、時空を超え、或る時は「縄文時代」に、そして、或る時は「未来社会」にさえ及びます。そして、この「共同性」に対する「感覚(センス)」こそが人類を結びつける「絆」に他ならなのではないでしょうか。
   被災者名簿に名前があった少女が、実は、あの新聞記事のように、その〈結びつき〉の力によって生き残ったのかどうかはわかりません。この点でシナリオに若干の違和感が感じられました。しかし、その〈結びつき〉の「感覚(センス)」と記憶こそが、「災害」を超えて、人々を「生かし続ける」ことになるのだろうと思うのです。切れそうな〈運命〉の糸を紡ぎ続けるのは私たちなのでしょう。

   今日は、歌舞伎『しらぬい譚』を観てきました。そして、27日からは、オリバー・ストーン監督作品の『スノーデン』が封切られます。期待しています。(1月24日記)

   

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる