「趣味の世界」とは何だろうか?

  流行(はやり)とは異なる自分固有の世界! 
    ―――この世界は「好き・嫌い」から出発することも有りだ



DSC_5070 (1)
僕の趣味はボーッともの思いにふけることかな


   ※一昨日は、テレビで『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)・吉野川』を見た。これは『伊賀越道中双六』の作者でもある近松半二の「義太夫狂言」(人形浄瑠璃の作品を歌舞伎化したもの)で、「蘇我入鹿」の横暴によってその仲を引き裂かれようとしていた久我之助(市川染五郎)と雛鳥(尾上菊之助)が、入鹿の横暴を拒絶し、相手の生存を願いながらそれぞれ自害することになるわけなのだが、そうした最愛の我が子らの想いを理解しつつも、彼らを〈介錯〉せざるをえなかった大判事家の父親(中村吉右衛門)と太宰家の母親(坂東玉三郎)の悲劇が描かれた作品だった。そこには、こうした成り行きを《宿業》と受け止める「諦念」も語られているが、しかし、その涙の中には、強欲な権力者と武家社会の秩序に対する怒りと批判がはっきりと表出されていたと思う。そして、『妹背山婦女庭訓』四段目終幕においては、その入鹿が鎌足によって「成敗」されることになるわけだ。(「共謀罪」とは、こうした権力者に対する庶民の〈気持ち〉をも取り締まろうとするものなのだろうな。)

   さて、私の若い頃には、自分が歌舞伎中継に夢中になって見入っているなど想像もつかないことだった。もちろん、私は、教養のために、無理をして歌舞伎を見ているわけではない。今の私には、「今日用」も「今日行く」もないのであって、少数の例外的なことを除けば、好きなことだけをやり、嫌なことをやる必要などほとんどないからだ。すなわち、私が何かをやるかやらないかの判断基準は、純粋に個人的な「好き・嫌い」といって良いくらいなのだ。もちろん、他人様の迷惑になることをやってはいけないし、逆に、私がそうすることによって他者が喜ぶことを期待してということもあるだろう。また、単純に狭い範囲でのお付き合いということもあるかもしれない。ただ、どんなに流行っていようが、自分がやりたくないことはやりたくないのであり、反対に、他人様にとっては何の意味もないことでも、自分がやりたいことはやりたいのである。こうしたことは、ある意味で「どうでも良い」ともいえる「趣味の世界」においてこそ、はっきり感じられることだ。そして、そうであるからこそ、「ああ、なるほど、これが私なのか!」と改めて気づかされることもある。つまり、さしたる理由もなくそれを楽しんでいる私こそ、代替の利かない私自身に他ならないというわけだ。それ故にこそ、こうした「趣味の世界」においてすら、他律的に、嫌々ながら付き合わされたり、単に流行に流されているだけでは、極めて悲惨で虚しく感じられることもあるように思う。こうした意味において、個人がその「趣味の世界」で〈かけがえのない独立した人格としての尊厳〉を意識化することは極めて重要なことのように思われる。そして、そうした諸個人こそが、相互に尊重し合うことが出来ると言って良いのではないだろうか。自分の趣味を大切にすることは、自分自身を大切にすることであり、同時に、他者を尊重することにも繋がるのだ。

   ということで、最近の私の趣味を振り返りみると、昨日は、一昨年からやっている、レクリエーション農園の契約を更新してきた。昨年2区画に拡張したのだが、葦に敗北して挫折し、今年は1区画とした。サロさんのオヤツ(さつまいも)と野菜作りの楽しみのためだが、無理してはいけない。また、読書は、4つの図書館と付き合いがあり、現在も5冊の本を借り、また、3冊の本をリクエストしている。この読書も、以前は仕事の一環でもあったわけだが、現在はなんらかの目的や義務感のためではないので、単純に本を読んで考えることが好きなんだろうと思う。これに対して、音楽の方は、今週はまだ1枚のCDも聞いていない。エクセルでディスコグラフィーを作りながら聞いているせいもあって(要するに、好きな曲を聴くというよりも、持っているソフトを1枚ずつ聴き直しているので)、かえって純粋に楽しめていないのかもしれない。ちなみに、ディスコグラフィーは、3月27日時点で509だが、まだ、半分にも満たない。〈妙な(つまらぬ)〉目標や義務感はよくないようだ。子供の時分や仕事を持っていた頃、休みの日には何もしないで昼まで寝ているのが一番幸せと感じたことがあったけれど、考えてみれば、居眠りだって立派な「趣味」と言っても良いわけなのだろう。そして、番犬や警察犬や盲導犬のように特別な「仕事」をしているわけではないサロさんを見ていると、ほとんど「趣味」だらけの生活のようにも見える。しかし、よく考えると、私の散歩に付き合って私の健康を維持したり、色々なことをやってくれているようだ。サロさんは偉い!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる