「てんぷら」首相にはもううんざりだ!

 米仏韓の「一般ピープル」は偉い!
   ―――ファシストの末路に付き合わされるのはごめんだ‼︎



   ※数日前、やっと春の植え付けに一区切りがついた。新たに「開墾」した土地にも、大根・人参・ほうれん草・小松菜・トマト・なす・きゅうり・ピーマン・シシトウ・サツマイモ・枝豆・とうもろこし・スイカ・メロン・かぼちゃ・里芋を植え付けた。一昨日の雨で、植物たちは元気いっぱいに成長している。この後は、蜂を引きつけるための花やコンパニオンプランツ等を植えていくつもりだ。

  そうした中でも、日頃気にしている日本の政治状況は本当にひどい有様だ!衆院本会議で「共謀罪」が強行採決されたが、法案の本質(要は、テロ対策を名目に、永続的支配を狙う政府・自民党への批判と怒りを封殺しようとするものに他ならないだろう)は、「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」とする国連人権理事会の特別報告者であるケナタッチ氏の書簡でも明らかなことだ。さらにうんざりするのは、政権への援護射撃を意図する、まさしく『共謀』の匂いしかしない NHKニュースの冒頭を飾る「テロ・テロ・テロ」の報道や、「ゴミ売り」とも揶揄される読売新聞の加計学園や前川前次官に関するどうしようもなく下品な記事などだ。まあ、「モリ」だの「カケ」だの、毎月知人と蕎麦を食べるのを楽しみにしている私としてはそれだけでも心穏やかではないのだが、本元のアベが、中身が極めて怪しい「てんぷら」みたいなものであるうえ、官房長官が、黒を白と言いくるめても恥じない、愛嬌のない「たぬき」ときているのだからどうしようもない。一刻も早くご退陣願うしか、真っ当な和食文化のイメージ復興もないだろう。

  それにしても、こうした深刻な事態に対する日本国民の反応はいまひとつ鈍いようにも感じられる。これと比較して、アメリカ・フランス・韓国といった諸外国での政権への反応を見ると、これらの国々には、真っ当な「エリート」と賢明な「一般ピープル」が多数存在しているのだなと改めて感心せざるを得ない。

   たとえば、アメリカでは、「マスメディア」によるトランプ政権の「ロシアゲート」に対する徹底的な批判と抵抗、また、政府高官への任用を鼻先にぶら下げられても志を曲げない「専門家」たちの矜持、そして、アメリカの自由と多様性を守り抜こうと粘り強く行動する「普通の人々」・・・考えさせられることが実に多い。特に、「エリート」によるそれは、先日福島原発事故をテーマとする『太陽の蓋』という映画で観た、民主党政権に対する「政・官・財+マスコミ」(日本のイスタブリッシュメント)による「サボタージュ」や「言い掛かり」とは明らかに性格を異にするもののように感じる。やはり、アメリカは、権力の恣意的な行使や暴走を許さない「デモクラシー」の国なのだろう。

   また、フランスについて言えば、問題の根本は新自由主義的なグローバリズムの〈矛盾〉と正面切って向き合い、それらに如何に対処していくのかであって、それに対する有効な道筋を示すこともなく「ポピュリズム」(「愚かな大衆」への迎合)云々などと宣わっている「エリート」諸君の方にこそ余程こうした事態への責任があると思うのだが、しかし、そうした矛盾の最中にあっても、極右への警戒を忘れなかったフランスの「一般ピープル」多数派の心意気にこそ、心底、尊敬の念を抱かざるを得ないのだ。
   
   また、韓国では、朴槿恵(パク・クネ)大統領がお友達(=崔順実)との「関係」によって国会で弾劾され、それが憲法裁判所において妥当と認められて失職し、さらに、検察によって訴追まで受けている。こうした状況を目の当たりにすると、抗議行動で示された若者たちを中心とする「一般ピープル」の力に目を見張るだけでなく、さらに、「エリート」層の中においても「権力の分立」が正常に機能していることに感銘を受けざるを得ないのだ。いやはや、北朝鮮を「金王朝」などと揶揄している何処かの国こそ、本当に恥ずかしい状況にあると言う他はない。ウラジミールの「お友達」もG7では相手にされなかったようだが、尊敬されるに値する生き方を示すことができない政治家の末路など解りきったことと言えるだろう。

   それにしても、戦後日本の「支配層」も落ちぶれてしまったものだとつくづく思う。つまり、私の印象から言うと、自信と矜持を失い、アメリカングローバリズム(新自由主義の政治経済)に追従していく中でしか自分たちの権益を維持していくことができないと「諦念」した日本の「支配層」は、心の奥底では軽蔑しつつも、今はアベ様におすがりするしかない!と卑屈にも思い定めているようなのだ。たとえ、その政治が、「政治は結果が全て」だの「決められる政治」だのと、どこかで聞きかじったような(というよりは、ナチスの思想を焼き直したような)言葉で自己を正当化しつつ、真っ当な神経ではとても出来ない、ウソと無理筋を押し通して〈恥じる〉ことのない代物であったとしてもだ。しかし、アベの末路は日本の末路だ!アベは確実に日本の〈足場〉(自然とヒト・カネ・モノ)を掘り崩し、未来を絶望的なものにしようとしている。自然を破壊する原発の再稼動、労働や教育に関わる若者たちの未来、郵貯や年金などの国民資産、農業・工業などの実体経済、そして、日本国憲法の破壊と政治の私物化。日本の「支配層」は、目先の私欲にまみれて、こうした政治に頼っても恥じない存在と化してしまったようだ。

   もちろん、日本にも、注目すべき「エリート」たちはいる。最近の前川喜平・前文科省事務次官もそのうちの一人と言えるだろう。しかし、彼らの多くには「元」が付くのだ。それだけ、権力構造内部での「私物化」・「独裁化」が進んでいるのだろう。現在、読売や産経だの、田崎史郎や松本人志だの、アベ政権の「提灯持ち」によるどうしようもない軽蔑すべき与太話が多々聞かれるが、日頃日常生活を送っている私たち「一般ピープル」も、少なくとも、真っ当な姿勢を貫こうとしている「エリート」たちを、アメリカやフランスや韓国などの「一般ピープル」多数派のように、しっかり支援していくことが必要だと思う。

   見え見えの森友学園と安倍昭恵総理夫人との関係そしてそれにまつわる「特例」の数々、また、加計学園がらみの「男たちの悪巧み」(安倍昭恵)と「総理のご意向」、アメリカやフランスや韓国でだったらどうなるのだろう?!馬鹿にされているんでしょうねえ。まあ、それはそれとして、ウソで塗り固めて「黒を白と言いくるめようとする」現政権の姿勢は、想像を超える図々しさだ。そして、こうした手法で、国民の労働の成果や資産がアベのお友達に回っていくのだ。う〜む、少々疲れるが、私も抗議に行ってこなければなるまい。
 
  6月4日(日)10:00〜北浦和公園 オール埼玉総行動 
                        にでも行くか!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる