国民の資産と税金を「お友達」に!――政治の私物化を許さない

 正々堂々と『証人喚問』に応じろよ!
   ―――甘利にも図々しい、見え透いた〈言い逃れ〉の数々



   ※先日、サロさんをはじめとする世界中の〈命〉に、「本当に幸せになって欲しい!」と殊勝にも思ってしまった。もちろん、実際には、ことほど左様にはいっておらず、自ら反省することも多いのだが、あまりにもひどいアベ政治の現状を見て、そう思わずにはいられなかったのだ。それにしても、日本の政治は、あんなに見え透いた「言い逃れ」や「居直り」が通用する世界に成り下がってしまったのだろうか? 妙に威丈高な三代目の見え透いた行状を見ていると、日本という国と文化が本当に危機に瀕していると感ぜざるを得ない。

   それにしても、今回の森友・加計学園問題には、国民の資産や税金がアベの仲間内で私物化されているのではないかと疑うに足る十分な証拠と証言が、もうすでに存在しているのだ。本当に関係がないというのなら、とんちんかんに「証拠を見せろ」と居直ったり、「記憶にない」とか「記録にない」とか「確認できない」とか口先ばかりで言い逃れていないで、昭恵夫人を含む関係者を国会に呼び、〈責任〉を持って証言させる機会を受け入れればいいのだ。なにか不都合なことでもあるというのか。最近も、アベの応援団・山口敬之のレイプ事件の「もみ消し」が話題になっているが、アベのお友達であれば、あの甘利だって「お目こぼし」なのだ。またまた、自分たちに都合の悪いことには蓋ですか?!本当に国民を舐めきっているとしか言いようがないではないか。

   森友学園の9億円について言えば、昭恵夫人自身による100万円の授受はもとより、例の「FAX」の谷査恵子・首相官邸職員やあの「特例」音声の財務省・田村嘉啓室長はどうなっているのだ。少なくとも、森友学園が官僚たちから特別に便宜を与えられている事はFAXや録音データからも明らかなのだから、そのことと昭恵夫人が無関係というのなら、官僚たちが勝手に「忖度」してやったことだと明らかにしなければならないだろう。もちろん、いくらこれまで位階的秩序の中で上司の命令や指示を辛抱強く実行してきたとしても、あんなセコイ「お友達政治」の〈使いっぱ〉にされ、おまけに、責任だけを押しつけられて悪者扱いされたのでは、本来は「全体の奉仕者」たるべき官僚の皆さんも我慢できないことだろう。前川証言の意味はまさしくそうした点にあると思う。

   加計学園の岡山理科大学・獣医学部の新設には、今治市からも多額の市費(土地と建設費=132億円)が投入されるという。すなわち、市民の資産と税金がアベの「お友達」に流れるわけだ。これには、肝心の決定過程から排除されていた市民からも批判が噴出しているということだ。当然の事だろう。おまけに、菅良二・今治市長は「(学部新設は)安倍総理がリーダーシップを持ってやるから、安心してほしい」と言っていたとの複数の証言があり、さらに、市の文書にも『首相主導』と明記されているということなのだ。今日も、前川・前事務次官が和泉洋人・首相補佐官との面会時に「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」との発言があったと報道されたが、まさしく、十分に想定しうることだ。政府は、籠池氏の発言にも前川氏の発言にも、下品な人格攻撃で対処しようとしているが、もし彼らの「証言」が偽りだというのなら、それを国会の場で、『証人喚問』で明らかにすることがその第一歩とならなければならないはずだ。それ以外は、全て「言い逃れ」と言われても仕方があるまい。

   ところで、こうしたアベの「お友達政治」は、旧来の極めて私的な利益誘導型政治やコネ社会の風習などとも関連し、人口の一定数―――「自分もその恩恵を受けている」と思ったり、思わせられている人々―――の「支持」を受ける可能性もある。例えば、「武士道」―――おいおい、「武士道」が泣いているぞ―――という言葉を用いて前川・前事務次官を批判した菅今治市長も、こうした構造の中で利益を受ける一人なのだろう。しかし、現在の事態は、「アベ一強」という枠組みの中で、政権党内における「合理的」な利害調整すらないまま、極めて恣意的な決定(アベ「独裁」)がなされていることを表しているのだ。つまり、麻生副総理や石破前国家戦略特区担当大臣すらもマトモに見えるほどなのだ。
   さらに、もう少し付言するならば、そうした中でなされる「お友達」との悪巧みは、〈お手盛り〉の「法」と「解釈」によって行われる。アベの「適法性」とは、違憲の戦争法や今回の「官邸主導」にも見られるように、「法」を勝手に解釈ないし変更することによって「合法性」の〈コロモ〉をまとうだけのものであって、これも「ナチスに学べ」といった性格のものに過ぎないと言えるのだ。先月、私は、ヒトラーの『わが闘争』やナチスの御用学者カール・シュミットの著作の幾つかを読み返してみたが、例えば、憲法9条に自衛隊条項をくっつけるなどという粗野な発想の背後には、「立憲主義」とはかけ離れた、ナチス的「指導者原理」(←「決断主義」)があると考える他はないだろう。この手の政治家に、共謀罪や緊急事態法などを許したら、日本は本当に奈落の底に引きずり込まれてしまうかもしれない。真っ当な「保守」を含めた覚醒が望まれるのだ。

     ウソがマコトのアベ君、「美しい国」だねえ!



霧の身延山(おじさん旅行2017年5月)
DSC_5342 (1)
久遠寺・奥の院〜「立正安国」の日蓮も泣いている?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる