日本語の破壊―――「丁寧に説明」の意味することは!

「偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、
   真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、私は経験してきた」
                   ―――三笠宮崇仁

   
   前回、アベ政権を担う人々の「人格」について簡単に触れた。その後、豊田議員については、権力を笠に着て、弱い立場の者に対し一方的に暴言・暴行を浴びせた彼女が、一旦事が公になりそうになると、大泣きして謝罪したと言う報道もあった。まさしく、彼女の〈人品〉を象徴することといえる。今後は、傷害罪の立件を含めた司法の対応も注目されるが、一番重要なのは、こうした人物が県民・国民の代表者たる資格があるかどうかについて、選挙民自身が審判を下すことだろう。自民党を離党して済むような話ではないのだ。今頃、入院しながら、ほとぼりが冷めるのを待っているのだろうか。甘利のように。

   また、イナダ防衛大臣についても、ほとんどもうアホらしいの一言だ。これまでも、南スーダンの「日報問題」や「森友問題」でもそうだったのだが、要するに、「説明」になっていないのだ。今回の「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」発言についても、「誤解を招きかねない」云々と弁解にあい努めているが、誤解の余地などは全くない、法律違反の発言に決まっているではないか。イナダ防衛大臣は、シンガポールの国際会議で自分のことを"good-looking" とか宣ったそうだが、私が見る限り、"with the eyes of dead fish ,wearing a plain glasses"位が似つかわしいと言える。司法試験を通ってはいるらしいが、円周率をマル暗記するといった体の記憶力はあるのだろうが、立憲主義がなんたるかといった基礎的知識の欠如はもちろん、論理的能力や的確な判断力などはもう絶望的なレベルとしか言いようがない。しかし、アベ政権にはイナダよりもましな人材はいないようだ。

   さらにすごいのが、加計疑惑当時の文科大臣だった、下村博文自民党幹事長代行の「加計学園から闇献金200万円」問題(週刊文春デジタル、6月29日)だ。下村は事実無根と否定しているが、会見などを聞いていると、ザル法を使ってヤミ献金をごまかすのはこういう手口でやるのかと教えてくれているような代物なのだ。詳しくは〈御用マスコミ〉ではなく、真っ当なメディアの報道を見れば理解できるが、要するに、小学校レベルの加減乗除を使った簡単な「めくらまし」なのだ。それにしても、アベとアベの「お友達」の「丁寧な説明」など、全く実態を伴わない代物であり、言葉の意味の全き破壊と言って良い。「フェイクニュース」・「アナザー・トゥルース」のトランプと「似た者同士」である「印象操作」のアベの語法は、一層露骨なものになってきていた。そして、今や、日本語の意味を破壊するその欺瞞性は限界に達したようだ。

   現在、東京都議選の開票速報が行われており、都民ファーストの会の圧勝、自民党の歴史的敗北が報じられている。この選挙結果には東京都民のアベ政治への批判が反映していると考えられる。今後、森友・加計問題や改憲問題が中心となってくるが、その際、アベ政治のファッショ的性格の理解が一層重要なものになってくると思う。アベ政治とは、イナダ防衛大臣の言説に典型的に現れているように、戦後の「日本国憲法」体制を破壊する極右的性格を有するものなのだ。彼らは「愛国者」を標榜しているが、その中身は、日本国民に悲劇的な犠牲を強いた戦前の侵略戦争を正当化するファッショ的なものに他ならない。こうしたことについては、皇族の中からも明確な反省と批判があることを、「保守」を自認している人々もはっきりと認識しておくべきだと思う。その一人が、見出しにも書いた、昭和天皇の末弟・故三笠宮崇仁の言葉だ。彼の歴史認識は、その著書『帝王と墓と民衆 オリエントのあけぼの』所収の「わが思い出の記」にも明確に表れているが、それは戦前の侵略戦争を肯定する現在の歴史修正主義の立場とは明確にベクトルを異にするものだ。そして、彼の〈人格〉と〈誠実〉さは、アベとアベのお友達とは全く異なるものだ。この点については、また、詳しくまとめてみたいと思う

   アベは都議選の敗北を受けて、また、「経済最優先」で行くのだそうだ。また、国民を誑かそうというわけだ。アベノミクスなど、国民の財産と生活を犠牲にしてアベのお友達を富ませるだけのものだ。そのツケはこれから国民にとって耐え難いものになっていくだろう。アベの規制緩和など、加計や竹中などを富ませるだけのものなのだ。国民ももう気がついたことだろう。

   さあ、明日は、遠出だ。

「一般ピープル」のささやかな父の日
DSC_5361.jpg
甘党のサーヴァントさんへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる