ウソのアベ塗り―――「おまえが国難!」

 アベ君!いい世の中にしてくれたもんだ‼︎
   ――嘘と偽りが恥ずかしげもなく自己主張している。



   ※昨日は、「奥さん」と一緒に、玉三郎を見てきた。素晴らしかった!その様子については明日にでも書きたいと思う。また、昨日は、10月22日衆院選の公示日でもあった。早くあの軽薄なアベの顔と声に接しなくて済むような日常が訪れて欲しいものだ。

   この数日間、生真面目にも、色々な党首討論を見たが、やはり、アベ自公政権とその補完勢力には早々にご退場願うしか明るい未来はないとつくづく感じた。とりわけ、その存在自体がウソに見えるアベの恥知らずな姿は痛々しいほどだ。100回聞いてもウソだとわかる言い訳はもういいから、証言者の食い違いをはっきりさせるためにも、これまで要求されてきた様々な情報公開(財務省や今治市等々)や証人喚問(安倍章江や加計孝太郎や元秘書や官僚たち)をさっさと行えばいいのだ。ついでに、アベ自身にも、もう一度、例の申請に関する「知っていた→知らなかった」をはっきりさせてもらおうじゃないか。しかし、もちろん、それができないが故の冒頭解散・総選挙であったのだ。しかも、アベにとっては、もう北の脅威におすがりし、「国難」を怒号するしか選挙に勝てそうにないところまで追い詰められているのだ。これでもしアベ政権が維持されるとなると、「トランプーアベ」どころか「金ーアベ」政権とすら言っても良いほどの代物となるわけだ。それにしても、アベの恥ずかしげもなくウソの上にウソを塗り重ねる態度は、極めて特徴的なものだ。それは、モリ・カケ問題だけでなく経済や報道に関しても同様だ。そして、そうしたウソこそが国民に様々な〈重荷〉を負わせるのだ。「おまえが国難!」とはよく言ったものだ。

   さて、公明党のヤマグチは、「教育負担の軽減」などという争点にもならない取って付けたようなスローガンから、やはり、アベに倣って北におすがりする戦術に転換したようだ。希望と民進の関係を揶揄もしているが、実は、都議会におけるコイケとの連携でも明らかなように、「多数派」権力に擦り寄り、それに寄生して、旨味を吸い取るのが習い性になってしまっているのだ。そして、「百年安心な年金」のことも思い出すが、秘密保護法・安保法制・共謀罪等々、日本国憲法の平和主義を骨抜きにすることに加担してきたその責任は極めて重い。言うまでもなく、戦後日本が戦争に巻き込まれることのなかったのは、集団的自衛権を禁止した日本国憲法9条の故に他ならない。しかし、集団的自衛権を容認し、安保法制を強行採決した公明党が「平和の党」と言えるわけがあるまい。今後、自衛隊が米軍の露払いとして海外で犠牲を払うことになった時、その責任を公明党はどう引き受けるのか。

   希望の党のコイケについては、予想に反して、「鈍」なものを感じた。ほとんどの答えに精彩がなく、「実」が感じられないのだ。なんらかの「はぐらかし」なのではないかとも考えてみたが、そうではなく、個別的な問題について深く考えた形跡が感じられないのだ。要するに、その政治姿勢は一事が万事〈刹那的〉で、国民が何を求めているかについては敏感なようだが、その要求自体が孕む社会的矛盾を国民の立場に立って「アウフヘーベン」できる能力があるとは到底思えないわけだ。もちろん、アベ一強政治への批判を強めていることは結構なことだが、それが一般論(情報公開)に止まってしまうところが限界なのだ。

   マツイについては、大阪の「身を切る改革」がその内実を語るということだろう。また、ナカノについては、アベの本音の拡声器みたいなものだろう。また、ナカノはコイケに対して「品格がない」と言っていたが、それは自分自身が噛みしめるべき言葉だろう。

   夜が更けた。寝ることにしよう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる