玉三郎は本当に上手い! 十月大歌舞伎・夜の部を見る

〈至芸〉とはかくなるものを言うのだろう!
   磨き抜かれた芸に見惚れ、役者の心意気に打たれる‼︎



   ※一度は生で見たいと思っていた坂東玉三郎。それが歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」夜の部で実現した!そこにおける玉三郎は、予想を大きく超える素晴らしさで、まさしく、「至芸」とはかくなるものを言うのだろうと深く感銘を受けざるを得なかった。

   今回の演目は、以下の通り。
 一、沓手鳥狐城落月(孤城落月) 
     淀の方 玉三郎、豊臣秀頼 七之助、千姫 米吉  
 二、漢人韓文手管始(唐人話)
     十木伝七 鴈治郎、幸才典蔵 芝翫、高尾 七之助 
 三、秋の色種
     玉三郎、梅枝、児太郎

   テレビやシネマ歌舞伎の方が顔の表情がはっきり見えていいことはいいのだが、三次元の空間で立体的に放たれるオーラのようなものはやはり生の公演でなくては味わえないものだ。

   坪内逍遥作の「孤城落月」は、大坂夏の陣の大阪城を舞台に、滅びゆく豊臣家の一族と淀の方の狂気を描いた作品だ。落城寸前に、秀頼の妻で家康の孫である千姫を城外に逃がそうとする動きに対する淀の方の怒りと錯乱、そして、それに対する秀頼や家臣たちの反応、一種の滅びの「美学」とも言えるものだ。淀の方を演じた玉三郎については、少し入れ込みすぎとの評もあるが、私と妻の意見では、淀の方の心情は十分に想像し得る範囲のものであって、その美しからざる〈狂気〉を演じようとした玉三郎の心意気こそ賞賛されるべきだと思った。また、「滅び」に際する秀頼や家臣たちの様々な姿には、何か現代にも通ずるものを感じさせたた。(マエハラ〜!)

   「唐人話」は、江戸時代に実際に起きた事件をもとにつくられた作品で、長崎の遊郭を舞台にした、ある意味で非常にわかりやすい作品だった。男の嫉妬をユーモラスに、また、憎々しげに演じた芝翫は適役であったろう。傾城を演じた七之助と米吉の妖艶さと美しさ(可愛さ)は歌舞伎ならではのものだ。鴈治郎の庶民的な味わいも相変わらずのもので、その存在価値は歌舞伎に不可欠のものの一つと言えると思う。また、唐使のアドリブ「シャンシャン・パンダ」には笑えた。

   だが、私が最も感銘を受けたのは、最後の「秋の色種(いろくさ)」だ。素晴らしい舞台美術(前田剛)と長唄囃子、そして、玉三郎たちの舞踏。いつもはどちらかというと飽きてしまう舞踏なのであるが、悠久たる日本の秋という季節に、覚醒しつつ、溶け込んでしまいそうな感覚に浸ることができた。玉三郎の舞は遠くから見ても圧倒的な存在感と美しさを放つもので、その滑らかで安定した動きには見とれるほかなかった。あれだけの芸を身につけるにはどれほどの修練を必要とするのだろう。それは、まさしく、本物と思われた。
   9日の「スーパー歌舞伎 ワンピース」の舞台で、市川猿之助は骨がはみ出るほどの骨折をしたにもかかわらず声をあげなかったことが評判になっている。また、今回の舞台では、附け打ちの人の真剣な表情も印象的だった。確かに、歌舞伎はこうした人々の努力によって、私たちに感動を与えてくれるのだろう。

   最後に一言。いよ!大和屋〜‼︎

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2016年11月現在満10歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる