FC2ブログ

謹賀新年 2018年1月2日―――今年は「実直」に!


DSC_3308.jpg


   今年の干支は僕の「戌」今年も元気に引っ張るぞ
                       サロ・ムリキ

   おみくじは「凶」「自重」して「自制」に努めます
                     サーヴァント・ムリキ


   ※皆さんは、どのように新年を迎えただろうか。さて、今日は「事始め」ということで、今回のブログは、ムリキ一家の年末年始を記録しておくことにしたい。

   大晦日には、初雪が降った。前日に外回りの掃除をしておいて正解だった。午前中には風呂場の掃除、午後にはしめ縄と鏡餅をセットしてサーヴァントの新年への準備は終わる。その後は、サーヴァントの2017年の総括と2018年への展望だ。2017年は左膝のケガなどもあったので、2018年は「心身ともに健康な一年に」ということになった。ただ、サロさんには、もっと優しく、もっと大切にしてあげたいと思う。私の調子に一番影響を受けるのはサロさんなのだから。夕食後は、クラシック・ハイライトと紅白を適当に眺めつつ過ごした。その中では、桑田佳祐の「若い広場」(『ひよっこ』の主題歌)が一番印象に残っている。全曲を聴いたのは初めてだったが、宮本信子の”一言”も含めて、私たちの世代の感覚をよく表現していると感じた。

   元旦には、雑煮とおせち料理を食べた。柚湯もそうだが、こうした恒例の家庭的な「年中行事」がこの歳になると妙にしみじみと感じられたりする。ただ、5人プラスサロさんのこうした生活もいつまで続くのか?!
   元旦の空は見事に晴れ上がっていた。昼近くになって、サロさんと近くの神社に行ってみた。長い行列ができていて、サロさんがおとなしく待つのはとても無理なので、御神籤だけを引いて帰ってきた。見事に「凶」だった。人生で2度目の「10%あるいは33%」。昨年末に「辞世より、まず自省して、自制する」という歌を作っていたのだが、ありがたい忠告として、自重し、自己コントロールに努めたいと思う。
   夜は、『風雲児たち〜蘭学革命編』を観た。『解体新書』の翻訳・出版に至る前野良沢と杉田玄白らの関係を描いた、原作・みなもと太郎、脚本・三谷幸喜の時代劇だ。商品経済が進展していく鎖国日本における「日本人」の様々な「思い」がうまく描かれていたと思う。それにしても、新自由主義のイデオロギーとは全く違うよな。

   今日、2日は「事始め」。以前は、「書き初め」をしたり、「初売り」があるので買い物に行ったりしたことを思い出す。このところは、「姉貴」が生けた花を前に「家族写真」を撮るのが恒例となっている。そして、なぜか、「箱根駅伝」を見る。現在は5区の山登り中で、東洋が首位、4連覇を狙う青学が追っている。さてどうなるのか?ところで、今朝の夢は元の職場の奇妙な夢だった。でも、これから見る夢を「初夢」としよう。あとは、この「初ブログ」だ。まあ、吉凶は別として、今年の一年はこんな風に始まっている。野菜作りのように「実直」に生活していくつもりだ。



DSC_5641.jpg
自給を目指し、サロさん用サツマイモの収穫




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2017年11月現在満11歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる