FC2ブログ

今年を振り返る――本当に〈恥ずかしい〉国になったものだ!

つくづく嫌気がさす〈アベ友〉の政治と経済
   「公平さ」への侮りが日本と日本人の劣化を生み出す



   ※2017年も後3日となった。年末の雑事にかまけているうちに、ブログの方もおろそかになってしまった。ただ、おろそかになったもう一つの理由は、アベだのアキエだの、ヤマグチだのカケだの、サイトウだのといった顔を見る度に吐き気すら覚え、文章にすることさえ汚らわしく感じてしまったからだ。アベとアベ友の政治と経済の有様そしてマスコミのどうしようもないお追従ぶりをみて、私は年末・年始のニュース番組に耐えることができるかどうか正直心配している。昨夜も、比較的真っ当と言われている池上彰の『今年のニュース TOP50』を見たが、あんなもの「公平」でも「公正」でもないだろう。例えば、「忖度」よりも「共謀」というべき「もりかけ問題」について、今のこの時点で、〈疑惑〉の根拠すらはっきり示さないのでは、折衷的一般論以下の代物だと言わなければならないと思う。スポンサーやアベ一味への配慮もあるのだろうが、結局のところ、民主政治の根幹に関わる「もりかけ問題」に頬被りしている河野太郎や野田聖子のNHKニュースにおける露出と同様で、なるほど、このご時世に露出頻度が高い理由も納得できるというものだ。

   ところで、先日、「奥さん」がガソリンスタンドに行くと、「見えないかも知れないけれど、タイヤに亀裂が入っていて、交換しないと危ないですよ」と言われたそうだ。先日、ディーラーの人にその話をしたら、タイヤを見ながら「大丈夫でしょう」と笑っていた。要するに、「日本人」のかなりの数が「詐欺的」行為に対して恥すら感じなくなってしまっているのだ。もちろん、以前から詐欺師は存在した。しかし、アベやアベ友のあのツラっとした表情からして、日本社会には量から質への根本的変化が起こっていると考えざるを得ないのだ。日本社会で、基底的な信頼関係が崩壊しつつある。その先にあるのは、日本社会と日本国民の〈分断〉に他ならない。

   アベやアベ友は、〈真っ当な〉権威をもって権力を行使するといった感覚すら持たない、〈金〉と〈恣意的権力〉を無法かつ無節操なやり方で貪るだけの輩に過ぎないと言える。すなわち、それはもう〈真っ当な〉「能力主義」や「競争主義」ですらなく、せいぜい、「〈世襲〉的特権」や「〈投機〉的幸運」にすがる、底の浅い「成金」や「成り上がり」あるいは無能な「2世・3世」の感覚でしかないように思われる。大体、一人の人間が、生まれながらにして持ちその社会によって育まれた能力に応じて働くことによって得られる対価というものは、その家族を含めて、安心して暮らしていける程度のものにおさまって良いはずなのだ。そして、それ以上の場合は、基本的に、〈真っ当〉あるいは〈適正〉なものではないと考えていい。つまり、通常ありえない巨万の富を手にし、ほくそ笑んでいる輩は、ある時代的・場所的特殊性の下で、剥き出しの暴力で他者から強奪したり、他人の労働力を「ブラック」に搾取したり、国民の血税を「お友達」からこっそり受け取ったり、取れないものを取れると見せかけてボッタクッたりと、ありとあらゆるエゲツない行為の結果という場合が少なくないはずだからだ。もちろん、そうした「悪事」はある種の普遍性を持っているとも言えるが、歴史に残る「偉人」や「善行」がそうした行為とは正反対の方向性を示しているのは、人間社会の共同性や相互依存性がそうした不適切な〈格差〉を「悪事」あるいは「不公平」としてきたのであり、それに居直り、「正当化」することを安易に許さなかったからだと考えられる。しかし、その「前提」が、今や、アベやアベ友によって掘り崩されようとしているのだ。

   今月は月初めから、映画を3本も見てしまった。『め組の喧嘩』と『GODZILLA怪獣惑星』と『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』だ。『め組の喧嘩』についてはすでに前回書いたが、『GODZILLA』や『スター・ウォーズ』についても、アベやアベ友と比較すると、はるかに深く考えられていそうに思えるところが怖い。『GODZILLA怪獣惑星』は、極めて単純な「復讐劇」に終わっているように見えるけれど、確かに、複数の〈伏線〉―――例えば、人間が本当に地球をそして人間自身を取り戻すためには、ゴジラを生み出した人と自然との関係や恐らくメトフィエス的なものをも超えなければならないとか―――が看取できるように思われる。また、日本的あるいは東洋的な「思想」を下敷きにしていると考えられる『スター・ウォーズ』には、人間を不幸に陥れる思想や行為への批判的視点―――例えば、武器を売って儲けた商人たちが遊ぶカジノへの批判とか人間の「暗黒面」や「自爆攻撃」をいかに超えるかといった―――が読み取れるように思う。これに対して、アベやアベ友の底の浅い粗野な「能力主義」や「競争主義」や「世襲主義」は、人間の幸福感をいびつなものにし、人と社会と自然を破壊し、自己肯定感を低下させて、自殺をさえ多発させていると言って良いのだ。

   師走の年の瀬には、宝くじ売り場に列をなす人々や有馬記念に熱狂した人がいた。私も、もはや無尽講は存在しないので、海外旅行に行くには宝くじに当たる必要があると考え、久しぶりにバラで3000円買ってみた。また、馬券は買ったことはないが、サブちゃんのキタサンブラックがどうなるのかとテレビ中継も見てみた。こうしたことが、アベとアベ友が我々「一般ピープル」に刷り込もうとしている「〈投機〉的幸運」の観念―――それは(合理的に考えて)「根拠レス」という意味合いで、アベとアベ友の「支配」を正当化する―――と重なるのだろうと感じながらではあったが。大相撲も、アベとアベ友へのマスキング効果を狙ってのことだろう異常な報道が続いた上、いつの間にか白鵬のエルボースマッシュと貴乃花の国粋主義のどちらを選ぶかといった阿呆らしい仕掛けとなってしまっている。まあ、今年は、まともな年ではなかった。でも、また陽は昇るのだ。来年は、海外旅行はまあいいとして、近場の温泉やハイキングで大いに楽しみたいと思う。

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる