FC2ブログ

3500円のカツカレー?――食べたことないねえ!

詐欺師まがいの価値観とボッタクリの夢
  ―――「アベ友」政治を「一般ピープル」はどう捉えるのか?!


   ※先日テレビを見ていると、今回の自民党総裁選におけるアベ陣営の投票直前の出陣式で、国会議員向けに333食分のカツカレーが出され、完食されたにもかかわらず、実際の投票数は329票しかなく、差し引き4人が食い逃げしたのではないかという事件=「カレーライス事件」(アマリ事務総長)があったという。そして、そのカツカレーの値段が、なんと3500円だったらしいのだ。それは大事件に違いない!「一般ピープル」は3500円のカツカレーを食べないとは言えないが、しかし、「アベ友」政治は、「3500円のカツカレーをいつも食べている人々」のための政治であって、「一般ピープル」のための政治では決して有り得ないと改めて感じた。それにしても、3500円のカツカレー、どんな味がするのだろうか?石破陣営のカツカレーは1200円だったらしいが、この程度だとまあ私の守備範囲だろう。しかし、3500円になると、「一般ピープル」の私には一生縁がなさそうだw。

   それにしても、加計問題やカジノ法に象徴されるような「アベ友」政治が実際に何をやっているかは、まともな情報をまともに理解、把握すれば自明のことではないか。もちろん、権力にすり寄って甘い蜜を吸っている、下品で、わけもわからない御用「知識人」の話ばかりを聞いていれば話は別だろう。しかし、どのような経過を辿ろうとも、真っ当な政権交代が行われれば、その内実は白日の下に曝されるに違いない。

   「アベ友政治」の実態とは、自己利益のボッタクリ的な実現のためには詐欺師まがいの手法も当然視し、バレなければ違法行為も平然とやってのける似非・エリートどもが権力の座についているということだ。もちろん、私の関心は、「アベ政治」と利害を共にしている同類や彼らに追従することによっておこぼれに与かろうとする人々にあるのではない。そうではなく、真っ当に生き、働いている「一般ピープル」がなぜこんな代物を「受容」してしまっているのかということだ。
   こうした問への答えは、一般的には、「権力の技術」、例えば、「目くらまし」や「ヘゲモニー(知的・道徳的指導)とかいった視点から考えられてきたものだ。例えば、「ご飯論法」もそうだし、スポーツの政治的利用、そして、「愛国心」や「夢」の大安売りなどもそうだ。もちろん、アベたちが繰り出す馬鹿馬鹿しい論点のすり替えやしらばっくれが通用するか否かは、最終的には、国民一人一人の知性の問題であるに違いない。また、決して褒められたものではない「成功」物語が「夢」の実現として手放しで肯定・賛美されるのは性格類型の問題なのかもしれない。
   しかし、つまらぬ例かもしれないが、真っ当に生き、働いている「一般ピープル」の生活の視点からすれば、同胞が様々な理由で苦しむ中、某国の大統領の娘に多額の「プレゼント」を贈ったり、莫大な資産を素っ頓狂に月旅行のためにつぎ込んだりすることは、同胞の最低限の必要を満たしてからやるべきことなのであって、とても安易に受容できるものではないであろう。しかし、こうした至極当然な反応を妨げるものが、不都合な事実の隠蔽であり、人間社会を基本的に成り立たせてきた感覚・価値観への攻撃なのだと言える。そして、こうしたことを日常的に行なっているのが、「アベ友」支配下の巨大マスコミであったり、なんだかクリニックのテレビCMであったり、御用芸能人の与太話、そして、ネトウヨのフェイクやヘイトであったりするわけだ。さらに、こうしたイデオロギー的な「支配」が惰性態へと転化してしまうと、それを超えるには、それと異なる社会秩序や価値観への想像力、すなわち、ある種の思考の「飛躍」すらが必要となってくる。どちらにしろ、「一般ピープル」が事態を正確に把握・理解するためには、正しい情報(知識)と論理的かつ自由な理解力・判断力が必要ということになるわけだ。

   人間社会には当然利害の相克は存在する。しかし、人間には、それをより広い視野から、すなわち、〈人間〉あるいは〈人類〉という観点から解決していく叡智と能力も備わっていたに違いない。それこそが、不十分なものではあれ、個人や集団や文明の間の共存と共栄を可能にしてきたものなのであろう。ただ、こうした発想には一種「啓蒙主義」的な匂いがしないではない。というのは、それが、私自身の中にもある、それと相反する感情や感覚を”うまく”説明できていないように感じるからだ。政治の領域でいうと、それは、私自身の中にもある、民主政治とは相反する〈反政治〉的あるいは〈非政治〉的感覚のことに他ならない。そして、あのどうしようもないアベ政治を支えているのは、間違いなく、国民の過半数に迫る政治的無関心層・棄権層なのだ。これが、これまで私が考えてきたことであり、これをどう捉えるかということが次の課題だ。

   サロさんの足の具合が悪い。獣医師のところに連れて行ったり、散歩を補助するための台車を用意したりしたが、経過はあまり良くない。心配だ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる