FC2ブログ

おお、間合いが近い!―――第66回全日本剣道選手権

リスクをかけた「攻め」の剣道
    ―――西村選手の「速さ」に軍配!


   ※昨日の「文化の日」、恒例の全日本剣道選手権を見た。熊本県代表の西村英久六段が連覇を達成した。今年の大会は、試合後の西村選手のインタヴューにも出てきた、「剣道の楽しさ」を感じることができた大会だったと思う。

   生意気なことを言っているようにも思うが、今回の大会ほど、正々堂々、真正面から攻め、一本を取りに行く「攻めの剣道」が印象的な大会は珍しいのではないか。表題にも書いたが、どの試合も「間合」が非常に近く感じられる―――実際、そうだったのではないか?!―――緊迫感あふれるものだった。最近私はYouTubeで『剣道 往年の名選手(桜木哲史選手など)』をよく見るのだが、パワーとスピードは近年の方がはるかに上回っているように感じられる。しかし、近年の剣道は、勝敗にこだわる余りか、見ていてあまり面白くない傾向もあったと思う。しかし、今年の全日本選手権は、見事にそういった印象を打ち消してくれた。今回の西村選手の剣道に象徴されるような、近間での攻撃的なせり合い、さらに深く攻め入っての思い切った技。確かに、近間故のリスクは負うのだろうが、そこでの両者の緊張感あふれる攻防、そして、決まれば必ず一本になるだろう技の迫力、それは実に素晴らしかったと言う他はなかった。

   実を言うと、内村選手の剣風にはこれまで少し疑問を感じていた。しかし、今大会の内村選手の試合は、竹下選手との準決勝を典型に(あの小手と返し胴!)、どれもこれも素晴らしいものと感じた。決勝でのあのような結果も、実は、内村選手の思い切った「攻めの剣道」の故だったのではないか。相手の反応速度と速さが自分を上回っている時、あのような近間での攻防を制するにはどうすれば良いのか。やはり、〇〇しかないのか?・・・来年の大会では内村選手にその答えを是非見せて貰いたいと思う。

   今年の審判は、一本だけ、あの小手の刃筋はあれでいいのか?と思わせるものがあったが、全般的に極めて理解し易く、納得できるものだった。それにしても、私の膝は相変わらず剣道に耐えられそうにない。そんなわけで、これからも、見て感動できる剣道を期待し、楽しみにしていきたいと思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる