FC2ブログ

”不幸”を生み出す職場の現実――『七つの会議』を観て

見え見えな「支配」の基底的構造
 ―――「働くこと」の意味を改めて考えた


   ※このところギターをいじっている。一時は「禁じられた遊び」がかろうじて弾けるようになっていたが、ギターの調子が悪かったので、長い間、屋根裏に放置してあったのだ。しかし、2週間ほど前、楽典の本と一緒に図書館から借りたCD「アルハンブラの想い出」(荘村清志)を聴いて、もう一度ギターをいじりたくなった。そこで、ペグと弦を交換し、(音叉の代わりに使う)クリップ式チューナーまで買って、バネ指にもめげずにw、ギターをいじっている。結構楽しい。

   さて、先週、池井戸潤原作、福澤克雄監督、野村萬斎主演の『七つの会議』を観てきた。この作品は、現在、邦画の観客動員数第1位ということだ。野村萬斎と池井戸作品の「オールスター」がその演技をぶつけ合う様は、流石に見応えがあると感じた。萬斎は、狂言も観たことがあったが、この現代日本にも、彼の演ずるような人物が「このあたりの者でござる」と存在してくれたなら、さぞかし住み良い社会になるだろうと思ったw。また、『昆虫すごいぜ』の(カマキリ)香川照之は本当に貴重な俳優だ。『カイジ』から『ジョン・ラーベ』まで、彼に代わりうる俳優はちょっと想像できない。

   映画の筋について言えば、おそらく、日本の企業社会を経験したことがある人ならほとんど誰もが、「あった、あった!」とか「ある、ある!」とか言って、苦笑したり、あるいは、「鬱になりそう!」と感じたのではないだろうか。そこには、日本の「組織(官・民・軍)」に通底する〈支配ー隷属〉関係とそれを正当化する〈意識〉と〈文化〉の”ひだ”が実感できるといえよう。しかし、我国の歴史と文化には、それに対抗しうる「義」に基づく「企業倫理」や「職業倫理」も明確に存在したのだ。しかし、それを無残にも「おちょくった」のが、アベ政治の内政や外交に典型的にあらわれている、ボッタクリの〈新自由主義〉と究極の恥知らずと言える〈歴史修正主義〉に他ならない。役所広司がニヤついていたが、偽装にしても、隠蔽にしても、忖度にしても、ボスの言い逃れにしても、それはアベとアベ友がやっていることそのものといえるのだ。しかし、この映画自体にも表れているように、見る人は見ているのだ。最近のアベの”強がり”も、トランプのそれと同じで、窮地に立たされているが故の「悪あがき」というしかあるまい。いやはや、とんだ迷惑というものだ。次回は個別的な事案について述べて見たい。

   それにしても、日大アメフトの内田前監督は、自民党や検察や警視庁と”仲の良い”お友達なんでしょうねえ。最近は、つくづく、この日本もしっかり”政権交代”をして”巨悪”を裁いていかなければダメではないかと感じるようになった。善も悪も人間のものだ。そして、暴力も非暴力も自然なものだ。それ故に・・・、甘ちゃんの私の「政治(家)不信」がここまできた。彼らの良識には任せられないのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる