FC2ブログ

沖縄県民投票の結果について―――シャンソンを聴きながら考える

沖縄県民の〈郷土と同胞〉を愛する意思の表明!
  アベ政治による日本社会の「土台」と「友愛」の破壊に抗して


   ※昨日、沖縄で、辺野古新米軍基地建設の賛否を問う県民投票が行われた。結果は、投票率52.48%、「賛成」11万4933票(18.99%)、「反対」43万4273票(71.74%)、「どちらでもない」5万2682票(8.70%)で、「反対」が圧倒的多数を占めた。また、注目されていた全有権者との比率においても、「反対」が25%を超える38%だった。この結果は、困難な状況の中においても、沖縄県民の〈郷土と同胞〉を愛する意思が明確に示されたものと受け止めることができる。そして、「アベ友」勢力による様々な妨害にも拘わらず示されたこの沖縄県民の動きこそ、日本の〈民主主義〉の最前線と言って良いだろう。私自身も、沖縄の問題を私自身の問題として考え、生きていきたいとの気持ちを新たにしたところだ。

   ところで、昨日、NHKニュースを観ていると、この結果をできる限り「小さなもの」と印象付けようとする、あのアベ友一派に共通する、姑息な報道姿勢があらわとなっていた。例えば、投票率は当日のものを強調し、不在者投票分は小声で付け加え、過半数になったとは言いながらも、「反対」の比率(70%)は言わないまま、全有権者数との比率で「1/4」は超えたとし、最後には、「法的拘束力はない」とまことしやかに述べると言った塩梅だ。いやはや、時の政府に対して高い独立性を持つBBCとはえらい違いだ!この他にも、「大本営発表」のようなトランプのノーベル平和賞推薦話や米朝首脳会談についての報道、国会審議の案件に対するマスキング効果を狙ったものだろう芸能タレントの病状への過大な報道等々、管見の限り、まともなものは「ニュース23」位だったろうか。こうした中で、主権者たる国民は判断を下していかなければならないのだ。

   ところで、この数週間、私は「シャンソン」を集中的に聴いている。レコードの整理をしていて、ハマってしまったのだ。何故なら、その歌声に、フランスの一般peuple(プープル)の”心意気”を強く感じたからだ。エデット・ピアフやイヴ・モンタンはもちろんのこと、ミレイユ・マチューからヴィッキーまで、その強い「個」には圧倒されるほどだ。特に今回印象深かったのは、ピアフの『水に流して Non je ne regrette rien』と(いわゆる「シャンソン」ではないが)マチューの『ラ・マルセイエーズ La Marseillaise』だ。前者は、”Que sera,sera(Let it be)”もそうなのだが、「一般プープル」独特の「哲学」を感じさせるもので、「優秀」と自称している似非エリートどもの虚仮威し―――彼らが自分たちの仕事を”大切なもの”と考えているはずはないではないか!―――には決して動じないポジティヴな深さを持つものだ。また、後者は、フランス国歌なわけだが、マルセイユの義勇兵(「一般プープル」)の革命歌がもとになっており、フランスという国がこうした人々によって支えられているということを強く実感させるものだ。彼らにとって「民主主義」とは、こうした〈自由〉で〈平等〉な個を大切にする「プープル(人民)」の、〈友愛〉を絆とする共同体(「祖国」)の「政治」ということになるだろう。その熱狂的な愛国主義(ナショナリスム)に危険性を感じつつも、また、実は”All you need is love”なのかもしれないと考えつつも、やはり、フランスのこうした「一般プープル」は魅力的なのだ。

   翻って日本を顧みれば、この国の政治は、「祖国」の〈自然〉やその〈子ら〉を大切にしていると言えるだろうか。今回は詳述しないにせよ、答えは、間違いなく、一部のアベ友の利益のためにそれらが犠牲にされている、ということの他にはない。アベ政権は、福島や沖縄をはじめ、我々の郷土を汚染・破壊し、また、国民の自由や平等を基とする人間らしい生活と国民同士の「友愛」を破壊しているからだ。しかし、それにもかかわらず、あの見え透いたうそとごまかしと言い逃れに、「自立」した価値観を持った個人として、真っ当に対応できていない国民が少なくないと感じる。今年の「北方領土の日」における運動の突然の「変質」を見ても、結局、それが住民自身による自立した運動だったのではなく、自民党によって引き回されていたものだったと思わざるを得ないのだ。

   しかし、日本においても、歴史的に様々な民衆独自の運動があったし、また、いわゆる「義民」も存在した。そして、現在においても、「国家暴力」としか言いようのない凶暴な政策をとるアベ政権に対して、敢然たる〈心意気〉を持って立ち向かっている沖縄県民がいる。そして、歴史も文化も異なるとはいえ、こうした沖縄県民とフランスの一般プープルには、同じ様な人民の「政治」的力を感じることができるのだ。沖縄に学ぶことはたくさんある。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる