FC2ブログ

日本社会の劣化―――アベ政治とタケチュー資本主義

政治屋どもの見え透いた「猿芝居」       
 ―――「力」にものを言わせた”口先だけ”と”口裏合わせ”

   ※スギ花粉の方はピークを過ぎたらしいが、私にはヒノキもあるので、相変わらず鬱陶しい日々が続いている。ただ、この鬱陶しさはアベ政治とタケチュー資本主義のバカバカしさ、恥ずかしさにもかなり影響されていると言って良い。それにしても、こんな「猿芝居」以下の代物がいつまで続くのだろう。やはり、「観客」に問題があるのではないかw

   昨日テレビで「Mr.マリックからの挑戦状」という番組を見た。いやはや、もしマジシャンたちが賭場のイカサマ師だったら、私はスッテンテンだろう。その技術の素晴らしさは、例のイチローのヒットにも十分対抗できるのでは!ただ、マジックは必ず「ワザ」と「タネ」からなっていると了解されているわけで、もし、マジックの途中に、その右手の中を見せろとか、その瓶の中を確かめさせろということが可能ならば、マジック自体が成り立たないだろう。もちろん、私たち「観客」もそんな”無粋”なことを求めはしないけれど。

   しかし、政治屋どもの見え透いた「猿芝居」は、これと全く性格を異にしている。すなわち、それは、「俺たちは嘘をついていない」と図々しくも言い立てた挙句、ウソでなければ決して隠す必要のないだろうことを、”詐取”された地位と権力を利用し、ありとあらゆる手段と言い訳を用いて、国民から隠そうと画策するからだ。これまで、どれだけなかったものがあっただろうか。言い訳はいいから、まずは、国民や野党が求めるものを開示してみろよ!ウソがなければ、どこに不都合があるというのだ。おまけに、これまで開示されなかった理由で、私が納得できるものは一つとしてなかったと言って良い。外交も同じで、河野は偉そうに振舞っているが、「四島」か「二島+α」かの”関係”をあらかじめ国民に問うことなしに交渉を進めるなど、そもそも、国民への背信行為とさえ言えるだろう。日米交渉における密約などをみても、その内実は「国辱」・「売国」そのものだ。

   アベ政治は、日本における〈民主主義〉の劣化の時代として歴史に残るだろう。これに対して、トランプの政治は、アメリカにおける〈民主主義〉の劣化だけではなく、それに対抗する民衆とエリートの抵抗の歴史としても残るだろう。何故なら、アメリカには、社会の中に”真性”の「自由〈民主主義〉」と「社会〈民主主義〉」が存続しているからだ。これに比べて、日本では、この二つが著しく弱いように感じられる。そうした中、あの”恥ずかしい”竹中平蔵的イデオロギーが日本社会の中でデカイ面をすることになっているのだ。それは、要するに、人間を自他共に手段視する商品経済的意識の浸透ということなのだろうが、それが家族、地域、学校、企業社会等々ではびこり、日本社会の「劣化」を生み出していると考えるのが一番理解しやすいのだ。現在の日本社会の劣化は、タケチュー的資本主義によってもたらされている。それ故に、生活のあらゆる場で、タケチュー的イデオロギーと闘うこと、それが日本社会の劣化を食い止めるために必要不可欠と考えられるのだ。それを担う思想は多様だろう。なぜなら、自然と人間を大切にするあらゆる人々のそれだからだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる