FC2ブログ

安久?和平?――「国民統合の象徴」も私物化か

やっぱり、時代劇よりも〈選挙〉だよな!

   ※おいおい、安べが久しくかよ!平和の「逆」で戦争かい?!『日刊ゲンダイDIGITAL』の記事を読んでいたら、「新元号の人気投票」でこんな代物が上位にランクインしているとあった。まあ、アベ友「岩盤」支持層(w)の画策だろうが、日本の”凋落”と平和の”破壊”の張本人の名を「元号」に入れて歴史に残そうというわけだ。ただ、ここまで露骨に私物化が進めば、対応もわかりやすいと言えるかもしれない。

   これまで、アベは、国民の未来と資産を「賭け金」として為替と株価を操作し、原子力村や竹中のパソナら、アベ友の利益をひたすら実現しようとしてきた。その一方で、口先では民意を「尊重する」とか「謙虚に受け止める」などと国民をコケにしながら、争点の曖昧化と事実の隠蔽・改ざんに暗躍してきたのだ。「ロシア疑惑」のお友達トランプも同じようなものだが、アメリカの市民社会はそれを許すことはしないだろう。それに対して、日本の市民社会の反応は今一つ迫力に欠けると言えよう!

   ところで、「聞く耳を持たないアベ」という表現があるが、時代劇ファンたる私はすぐに「暴れん坊将軍」=8代将軍吉宗のことを思い出す。彼は、目安箱の設置で教科書にも載っているが、「赤ひげ」のモデルからの投書によって小石川養生所を設け、貧しい人々の救済にあたったのだ。これは、タケチューとともに日本の労働者から搾り取り、さらに、福祉を削り落としているアベとは、えらい違いだろう。さらに、最近のアベは、アベノミクスによってもたらされた隠しきれない(!)日本の”凋落”を他者のせいにしようとさかんに画策している。そして、その前途は、国民多数を困難の中に置き去りにしたまま、アベ友のために国内に”gated town”を作るか、荒稼ぎした資産を持って海外に逃亡するしかない、といった代物なのだ。呆れ返った恥知らずだ。

   それにしても、日本の同胞はこうしたアベ友たちの悪行をいつまで許しておくのだろうか。あらゆる国際的な統計から見ても、アベ友勢力を1日も早く引き摺り下ろさない限り、日本は本当に取り返しのつかない事態に陥ることが予想される。きっかけは実体経済とは直接関係のない国際金融資本によるダブついたマネーの投機的動きによって引き起こされる株価の暴落ということになるだろうが、問題なのは、アベ友たちによって、日本の金融・財政システムと産業基盤それ自体が脆弱化させられていることだ。昨夜から、NHK「朝ドラ」の特集を見てきたが、このままでは、多くの国民が「あの頃は良かったね〜」と言うことになるのは必定だ。私も時代劇を見て鬱憤ばらしをしている場合ではない。昨日から始った統一地方選ではしっかり投票しなくてはならない。

   アベは、国民の犠牲によって日米の軍事的一体化と多国籍軍型の海外派兵を推し進めようとしている。彼の最大の目的は、戦前・戦後の岸信介に連なる、日本の「戦争国家」化に他ならない。それを許すことは悔いを千載に残すことになろう。決して、許してはならない。


DSC_4497.jpg
サロさんの未来は私が守る!安心せい!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる