FC2ブログ

ノートルダム寺院が燃えてしまった

 幼い頃、カジモドに涙した自分がいた・・・
   ―――世の無常と文化価値の大切さを改めて感じた


   ※年度始めには、色々なことを済まさねばならぬ。サロさんの予防注射もそうだし、毎年あるいは数年毎に繰り返される諸手続きや行事もある。しかし、それらは、ある意味で、人の世の「持続性」を感じさせるものでもあった。しかし、そうした中、パリのノートルダム寺院の火災が報じられた。私は、「あっ、そうか、あのノートルダム寺院も燃えてしまうんだ」と、人の世の無常を改めて突きつけられた思いだ。

   小学生の頃だったと思う。買ったばかりの白黒テレビで『ノートルダムのせむし男』を観た。あまりにもかわいそうで、引きつって泣いたことを覚えている。幼い子供だった私も、カジモドに感情移入して、彼の想いを我がことのように感じたのだろう。また、ディズニーの『ノートルダムの鐘(1、2)』も観ている。私にとって、ノートルダム寺院とは、そんなカジモドが住んでいた場所、働いていた場所ということになる。

   もちろん、ノートルダム大聖堂は世界文化遺産として有名だ。そのゴシック様式の建築、歴史的な諸事件(フランス革命やナポレオンの戴冠式など)の舞台、また、パリの、そして、世界中のカソリック教徒の祈りの場としてだ。ところが、私はパリを一度訪れたことはあったものの、ノートルダム寺院には入ったことがなかった。最近、私は、ボケ防止の意味もあって、フランス語でシャンソンを聞いている。その中の一つに "Sous le ciel de Paris(パリの空の下)" というのがあるが、そこにも、 Près de Notre Dame, Parfois couve un drame(ノートルダムの付近では、時々、惨事が起こる)、とあった。そんなこともあって、私は、もしもう一度パリに行く機会があったら、是非観てみたいと思っていたところだった。しかし、そのノートルダム自体に惨事が起こってしまったのだ。

   ところで、世の中には、宗教的な感性を持った人がいる―――統計的には7人に1人だそうだが(?)。宗教の興りにはそうした人々(預言者とか救世主とか、巫女とかマレビトとか・・・)の果たした役割が大きかったろうし、また、現在の私たちの周りにも、私には信じられないような「宗教」的体験を持った人がいる。私は神も仏も信じられないし、霊とか神とか仏は、人間が自分の姿や思考方法に似せて考え出したものだと思っている。しかし、以前、ワルシャワのキリスト教会に入った時、「これはヤバイ!」と感じたこともあった。私は宗教的人間ではないが、その感覚も分かりそうな気がしたのだ。確かに、宗教が人類普遍の「理想」を示し得た時、それが果たした積極的な役割は否定すべくもあるまい。人間の文化の多くは「宗教」的形をとっているからだ。しかし、また、宗教が排他的な民族的性格を持ったり、社会の強欲な特権層と結びついたりした時には、手のつけられないような悲惨な事態を引き起こしたことも事実だ。そして、現在、世界では、トランプの福音派やイスラエルのシオニズムそしてイスラム原理主義など、宗教的形態をとった偏見や憎悪、対立や紛争が深刻となっている。そうした中にあって、ノートルダム寺院の火災とその再建への動きがどのような状況を生み出すことになるのか。フランスは、まさしく、現在顕在化しつつある分断を乗り越え、フランス文化の懐の深さを示すことができるのか。歌の文句のようになることを心から願いたいと思っている。

Il fait gronder sur nous (パリの空は私たちの上で唸るのさ)
Son tonnerre eclatant (ピカピカゴロゴロとね)
Mais le ciel de Paris (けれど、パリの空は)
N’est pas longtemps cruel (そんなに長く、意地悪はしない)
Pour se fair pardonner (お詫びの印に)
Il offre un arc en ciel (虹を見せてくれるのさ)(日本語は拙訳)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2019年11月現在満13歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる