FC2ブログ

「戦争」を考える日本の夏―――「深い反省」をもとに

戦前の〈侵略戦争〉を”肯定”し、
  「戦争」と核兵器を”肯定”し、改憲に走るアベを許すのか?!


   ※お盆と台風が遠ざかっていった。それにしても、巨大化した台風や命に危険がある暑さの中でもオリンピックをやるわけだ。アメリカ(のテレビ局)の都合に従ったようだが、やるのなら1964年の時のように、秋にすべきだったろう。また、JOC理事会が非公開のままになったが、これも、オリンピック招致に関わる「買収疑惑」に関係があるのではないか?!どちらにしても、アスリートや観客たちのためにオリンピックをやるわけではないということらしい。そして、戦前の戦争も、これからアベがやろうとしている戦争も同じことなのだろう。

   夏には、毎年、「広島・長崎」そして「終戦記念日」を契機として、数多くの作品や報道に接し、「戦争」を考える機会が多い。今年は、平松恵美子監督作品『あの日のオルガン』(第2次大戦末期、若い保母たちが幼い園児たちの命を守るために集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた、久保つぎこ作のノンフィクション『あの日のオルガン 疎開保育園物語』の映画化)や新発見の史料をもとに作られたNHKスペシャル『全貌 二・二六事件 ~最高機密文書で迫る~』が特に印象に残っている。結局、私たちを救ってくれるのは市井の「英雄」たちであり、これに対して、既存の「(似非)エリート」たちは国民の安全と平和を守るどころか、悲惨な戦争と破局に国民を引きずり込むか、あるいは、少なくとも、それを阻止することができなかったのだ。

   さて、今年の「終戦記念日」関連の報道の中で最も注目されたのは、先の大戦に対する「深い反省」という、徳仁天皇の言葉だった。この言葉は、裕仁天皇〜明仁天皇へと受け継がれてきた、戦前の「政治」と「戦争」に対する基底的な捉え方だと言って良い。とりわけ、裕仁天皇については、最近の資料の公開によってその内容をかなり詳細に知ることができるようになっている。それらは、戦前ー戦後の政治的意思決定過程の中枢に在って、その内実を直接経験できた人物の捉え方として極めて重要なものと言えよう。そして、その「反省」は、天皇の「国民に寄り添い、国民を思いやろうとする」姿勢の一つの帰結でもあるのだろうが、同時に、それらは、戦争を直接経験した国民自身の捉え方と通底するものがあったと言っても良いのではないか。そして、言うまでもなく、戦後の『日本国憲法』体制とは、こうした戦前の政治と戦争に対する「反省」の上に築かれ、維持されてきたものなのだ。

   これに対して、戦後の米ソ冷戦体制の中で生き延びることのできた戦前の戦争指導者たちとその末裔は、無謀で残虐な「侵略戦争」とその結果生み出された「国民の〈無用〉な犠牲」を”反省”することもなく、それを”肯定”・”美化”しようとさえしてきた。その典型はいわゆる「靖国史観」や「大東亜戦争肯定論」などに表れているが、現在まで引き継がれているアジア諸国との「無用」な軋轢は、現政権の中にも巣食っているそうした傾向に起因していると考えて間違いあるまい。イタリヤやドイツとの対比でも明らかなように、戦後の日本に必要だったのは、そうした指導者たちやその思想との「切断」だったのであり、その欠如こそが日本の若者に「無用」な〈負の遺産〉を押し付けていると言って良いのだ。”私欲(物欲・権勢欲等)”に野放図に駆られ、かつ、国民の安全と平和を守ることにおいては信じられない程”無能”だった戦争指導者たちがなぜ「肯定」されねばならないというのか。国民と若者たちは、もっともっと怒り、批判的であって良いのだ。

   ところで、先の戦争において犠牲となった戦没者の死をどう捉えれば良いのか。その無残で悲惨な死に思いを致す時、それが「尊い犠牲」であり、戦後の日本の平和と繁栄の礎となったとはどのような意味で言えるのか。率直に言えば、それらが、本当に(!)「圧制」への抵抗や「侵略戦争」に対する闘いであったのなら、こうした疑問すら持つことはなかったであろう。それは、国民の多くが無謀で残虐な侵略戦争に動員されたが故に違いない。そうした中、「侵略戦争」への動員とその結果としての無残な死を「〈尊い〉犠牲」と表現することは、おそらく、「私は他国でどうしてこのような死に方をしなければならないのか」と思い悩んだに違いない多くの兵士たちを、「聖戦」のイデオロギーの中に閉じ込める働きを為すことになるだろう。それは、「侵略戦争」を「聖戦」とする虚偽のレトリックを正当化し、維持するのに利用しうるからだ。しかし、「尊い犠牲」をこれとは違った脈絡で考えることも可能かも知れない。すなわち、生き残った人々が、犠牲となった戦没者の方々の姿から、戦前の侵略戦争の現実を直視し、”反省”し、それに基づiいた「平和憲法」を支え続けることによって、74年間の「不戦」を維持することができたということだ。「安らかに眠ってください  過ちは繰り返しませぬから」とは、生き残った人々が彼らの死を無駄にしない決意を示すものに他なるまい。これに対して、最近は、アニメ・ソングを単純に現実の歴史に投影するが如き、極めて恥ずかしい自己愛的「反応」を見ることも少なくない。しかし、"No War For Oil"と主張するアメリカ市民の反戦運動や私的功名心に基づくトランプの戦争(あるいは融和)策動に抵抗するアメリカの職業軍人たちの動きを見てもわかるように、「自衛」の名の下に、国民に〈無用〉な犠牲を課そうとする動きをチェックすることは、国民の命と安全を守る民主政治の根幹に関わることと言って良いのだ。

   最後に、私たちが74年間の「平和」を維持する上で「尊い犠牲」となったのは、兵士として侵略戦争に直接動員され、それに殉じさせられた「英霊」たちだけなのではもちろんない!その「英霊」たちが守りたいと願った家族や同胞、すなわち、膨大な〈一般国民〉の犠牲があったのだ。そうであるにも拘わらず、戦前の戦争指導者とその末裔たちは、これらの〈一般国民〉を大切に扱おうとしてきたのだろうか。自分たちの「国策」に都合よく従ったたものだけを特権的に扱おうとしてきただけではなかったのか。執拗に繰り返される靖国神社(「英霊」の追悼施設)への「公式参拝」も、そうしたことの表れだったのではないか!しかし、全国には、「一般戦災死没者」を追悼する施設が数多く存在している。今年の夏、私はそのうちの2つに行ってきた。それが写真の大谷・平和観音と浅草・浅草寺の平和地蔵尊だ。生きたいと願っていた多くの普通の人々の命を奪った戦争指導者たち。他者の命の価値を貶める輩たち。彼らは、これらの像をどのように見るのだろうか。

DSC_4909 (1)
浅草寺・平和地蔵尊


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる