FC2ブログ

私の音楽の故郷―――『ドナウ河のさざ波』

  我<しもべ>たる飼い主は、日曜日の午後、僕が座布団の上で昼寝をしている時、久しぶりに真空管式のアンプとレコード・プレイヤーで『ブラームス交響曲4番』とかいうレコードを聴いてました。サーバントさんは、「ねえ、サロさん。このレコードは、私が高校生のときからのものなんだけれど、去年、中性洗剤で洗ったので、結構いい音だろう?」なんていって、喜んでいました。僕は眠かったので、すぐ寝ちゃいましたけど。

  カール・シューリヒト指揮 バイエルン放送交響楽団、ブームス『交響曲4番』―――これは、高校時代、私がクラシック音楽の中で一番多く聴いたレコードでした。我が家はなぜかコンサート・ホール・ソサエテイというレコードクラブに入っていたことがあって、それもその中の一枚だったのです。非常にあっさりとした表現ではありますが、なぜか人生の秋を感じさせるような音と演奏で、若い頃の私にもとても魅力的な曲に感じられたのでした。
  あれから40年以上たちましたが、ブームスの4番はおそらく300回以上は聞いているでしょう。カセットでよく聞いたトスカニーニ/NBCso、大学院時代のザンデルリンク/ドレスデン・シュターツカペレ、CD時代に入っての、ワルターそしてクライバー,等等。そして、今、我が家にある、ざっと数えて、レコード百数十枚、カセットテープ二、三百本、CD千数百枚・・・これらを前にしてしみじみ思うことは、音楽を聴くことに費やしたこれだけの時間を他のことに振り向けていたらなにが出来たのだろうということです。でも、ただ一つ言えそうなことは、私は本当に音楽が好きだったのだろうな、ということです。ということで、今日は、私の音楽人生の原点らしきものを振り返ってみたいと思います。
  
  自分の音楽の原点らしきもの、それは、勿論、母親の子守唄だったのではないでしょうか。「ねんねんおころり、おころりよ 坊やは良い子だねんねしな・・・」なんという名の子守唄なのでしょうか。でも、その眠りに誘う心地よさを私はよく覚えています。―――ちなみに、我子達には、ブラームスの子守唄に「ららりー、ららりー、おやすみなさい ららりー、ららりー、おやすみなさい お父さんもお母さんも 〇〇ちゃん大好きよ お父さんもお母さんも〇〇ちゃん大好きよ」という歌詞をつけたものを聞かせていました。憶えているかな。
  あと記憶している限り、歌謡曲では、三橋美智也の「夕焼け空は真っ赤っか とんびがくるりと輪を描いた ほーいのほい」とか、島倉千代子でしょうか「東京だよおっかさん」とか、又、「緑の丘の赤い屋根・・・」とか「緑の風もさわやかに・・・」などがかなり古い部類に入ります。そして、私にとって最も衝撃的で、なぜか「妙な気持ち」にさせられたのが、『ドナウ河のさざ波』〔イヴァノヴィッチ作曲)でした。私は、一時、保育所に預けられた事があったのですが、そのとき私は、唯ひたすら保育所にあった蓄音機を夢中になって聞いていたのだそうです。その時の様子は、保育所のO先生が撮ってくれた写真が今も残っているのでわかるのですが、満面笑みで本当にうれしそうです。そして、その後しばらくして私がその保育所に通うのをやめることになった時、母親は、なんと、私の為に蓄音機を買ってくれたのでした。あの「ぜんまい」を巻く感覚、あの鉄の針を交換する感覚、そして、あのクニャッとした「アーム」の感覚は今も忘れません。そして、その蓄音機で聴いた最初のクラシック音楽が『ドナウ河のさざ波』だったというわけなのです。音はけっしてよくはありませんでしたが、さっきYOU-TUBEで聞いたものよりも絶対によかったと思います!(苦笑)
  母親が、当時、相当高価だったろう蓄音機をなぜ買ってくれたのか。それにも、やはり、それなりの歴史が背景にあったようです。母も小さい頃から歌が大好きだったらしいのですが、「上野の音楽学校のピアノ科を一番で出て演奏家として活躍していた従姉がいた」こともあってか、自分も音楽の道に進みたいと思っていたらしいのです。ところが、そのことを祖父に言うと、祖父は従姉のTさんにはドイツ製の白いピアノを買ってやるほどの音楽好きだったにもかかわらず、「お前のように鼻が低くては歌手にはなれない」と認めてくれなかったというのです。ただ、母がけっこう歌がうまかったことは確かで、私が小学校2年の時でしたが、他の町に転住することになって行われた送別会の折、母がたくさんの人たちの前で歌った『帰れソレントへ』は、今でもその様子が目に浮かぶような、素晴らしいものでした。
  ただ、私には音楽家になるような資質がなかったからでしょう、その蓄音機もレコードもその後まもなくして家から姿を消してしまうことになってしまいました。そして、転居後、わが家にあったのは、ちっちゃな「電蓄」のみということになるのです。 
  長くなってしまいました。ということで、「私の音楽の故郷」・『幼児』編は、―――えっ!まだ書く気でいるのか?―――終了ということにします。読んでくださった方、つまらぬ思い出話、申し訳ありませんでした。

 【追記】 最初に書いたオーディオセットは兄からもらった物なのですが、興味のある方もいらっしゃるかもしれませんので、一応、記しておきます。
      (アンプ) Tri VP-300BD―――組み立てキット 
      (プレイヤー)pioneer PL-70
       (スピーカー)JBL 4312 MkⅡ     でした。
  
  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる