FC2ブログ

サロさん、満13歳!――ふたりでもう少し頑張ろう!

「花は桜木、犬はサロ」なんちゃって
   ―――もう、ほとんど「わがままな人間のお爺さん」みたいだW
 

DSC_7091.jpg

DSC_7090.jpg
今年の11・29は「鶏の手羽元」だったよ


   昨日は、サロさんの満13歳の誕生日だった。足が悪かったり、尿管結石が心配だったりしたが、夏の頃より随分元気になってきたようだ。散歩もゆっくりだけれども1時間近く歩くようになって、近所の顔なじみの人から、「ずい分歩けるようになりましたね!」とよく言われる。何しろ、あちこちの匂いを嗅いで歩くのが大好きなので、私は「サーヴァント」として付き合っているという風だ。もう亡くなってしまったお友達の飼い主さんたちも、サロさんの毛を撫でに来たり、車を止めて様子を聞いてくれたりする。食欲はバッチリだから、もう少し元気でいてくれると思う。家の中では、自分の欲求を、目線や足や独特な鳴き声で、実に図々しく表現するw 全くわがままな人間のお爺さんみたいだ。そして、「散歩行く?」と聞くと、何故かほとんど「クシュン!」とくしゃみで答える。不思議なものだ。

   ・・・夜の散歩から帰って来た。今日はついでに最近のことを少し書いておきたい。「桜を見る会」のアベやアキエやその取り巻き連中の話は、あまりにもバカバカしくて、わざわざ書く気もしない。ただ、このどうしようもない事態を知ってか知らずか、あまり怒っているという様子もない日本国民「多数派」はどうなっているのだろうか。アベと同じ穴の狢なのか、それとも諦めているのか?その様子を見てまたまた諦めては同類項になるので諦めたくないが、昨日サロさんのために肉を買いに行ったら、去年「手羽先」を買った肉の専門店が潰れて失くなっていて、コラーゲンいっぱいの「手羽先」を買える店が近くになくなってしまった。日本は大丈夫なのかと、本当に心配になる。

   また、昨日は、ジュリアン・シュナーベル監督作品『永遠の門―――ゴッホの見た未来』という映画を見て来た。ゴッホの狂気が何故か身近に感じられて恐ろしくなった。見てよかったとは思ったが、カメラアングルとバックグラウンドのピアノ音楽が少しうるさく感じた。映画といえば、先月は、『記憶にございません』と『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』と『蜜蜂と遠雷』を見た。『記憶にございません』はそうしてアベを許していくのかとか感じ、『蜜蜂と遠雷』はつまらん才能賛美の作品で、バカバカしく感じた。楽しめたのは『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』だけだった。困ったことだ。

   11月ももう終わりだ。私も明日からは、心を改め、残りの余生を「隠者」(?)として、真っ当に生きて行こうと思っている。サロさん!もう少しよろしくね!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2019年11月現在満13歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる