FC2ブログ

中村哲さんの死を悼む

 戦争を生み出す貧困と憎悪を乗り越える道を示した
         憲法9条の平和主義を体現する人―――


   ペシャワール会の中村哲さんが、昨日、アフガニスタン東部で銃撃され、死亡した。灌漑作業の現場に向かう途上のことで、車に同乗していた他の5人も死亡したと伝えられている。以前にも犠牲者が出ていたが、今回のテレビの報道に接した時、なんともいえない「喪失感」に襲われた。しかし、中村さん自身は、彼が”彼の生”を生き抜けたことに満足していたのではないかとも感じられた。

   私は20年ほど前から『ペシャワール会報』の読者で、また、一昨年には、浦和で行われた講演会を聞くこともできた。これらのことはこのブログでも何回か触れているが、私にとっての中村さんは、日本国憲法9条の精神を体現している人物ということになるだろう。また、彼の生き方は、家族のことを第一に考えながら「日常生活」を生きてきた「一般ピープル」の私からすれば、ある意味で羨ましく思われるものでもあった。私自身は集中力も持続力もない本当にいい加減な性格だが、そんな私が、視野をあのアフガンの世界にまで広げ、また、身近なところで何かできることはないのかと考えたりできたのは、彼の存在のおかげであったと言って間違いないと思う。

   それにしても、彼の死を報じていたNHKの「ニュース7」が、アベのコメントを長々と流していたのには本当に唖然とした。それは中村さんの死を冒涜するものとすら感じられた。中村さんが求めたものの真逆を推し進めたのが、アベに他ならなかったと思われたからだ。一昨日も、休日の潜水艦を”おもちゃ”にした副総理・財務大臣のことが報道されていたが、私利私欲のために人類の敵である核兵器や様々な殺人兵器を弄ぶトランプをはじめとする世界の権力主義者と連みながら、日本国憲法の平和主義を破壊してきたアベが、まさしく、戦争被害者に文字通り寄り添い、戦争原因の根本的解決に向けて努力して来た中村さんの死を、したり顔で、欺瞞的に論評したのだ。彼らは、これからも、中村さんの死すら利用して、彼の本物の「積極的平和主義」を攻撃することだろう。「諸国民の公正と信義」は信頼できないと。

   今回の悲劇は、私の第一感では、ペシャワール会が関わって来た現地の人々への生活支援を継続するのに必要だった様々な「妥協」を理解できなかった、あるいは、その活動の根本的な意義すら理解できなかった勢力(おそらく、国外の原理主義勢力)によって引き起こされたもののように思われる。もちろん、中村さんはその危険性を十分すぎるほど知っていたに違いない。そして、本当にしっかり見据えねばならないのは、中村さんらのこれまでの行動を不可避なものにし、また、それをより困難なものにしてきた背景に他ならないはずだ。

  中村さんはもっと長くその活動を続けたかったことだろう。しかし、2年前、「あと10年も経てば、私は呆けているか、死んでいるだろう」と言っていた中村さんの「志」を受け継ぐことは、まさしく、彼が体現していた日本国憲法の平和主義の精神を心に留め続けることのように思われる。戦争を生み出す貧困と憎悪を乗り越える希望はそこにしかないだろうからだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2019年11月現在満13歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる