FC2ブログ

「大掃除」が必要だ―――2020年が「綺麗」な年でありますように!

アベ友政治は残せない!
 ―――子供や孫たちの世代があまりにも可哀想だ! 


   ※先日、歯周病の検査(尖った針のようなもので歯と歯茎の間を刺す感じ)と歯垢取りをやったのだが、そのあと歯茎が腫れて膿が溜まってしまった。一時はロキソニンなしでは眠れない感じになった。昨日も、麻酔をして歯茎を切開してもらったが、その後の痛みは尋常ではなかった。でも、やっと薬が効いてきて、ブログを書く気になった。今年最後のブログだ。

   今年はどんな年だったろうか?もちろん、決して良い年だったとは言えないだろう。深刻な自然災害はもとより、日本社会の総体的な「劣化」と政官財・マスコミの腐敗・堕落はもう座視できないレベルに達してしまったと言える。それにもかかわらず、社会の流れは、その原因を見極め適切に対処すると言った方向にではなく、独善的なナショナリズムや軽いポジティヴ・シンキング的ノリが支配すると言った風だ。もちろん、あまりにも見え透いた「桜」問題によって、世論も動き始めているようだ。これでアベ政権が倒れなければ、日本人の”知力”と”道義”はほぼ絶望的だと言えるかもしれない。

   その一方で、最近私を惹きつけているのは、この腐れきったような世相とは正反対の生き方や生活の「ドラマ」だ。例えば、朝ドラの『スカーレット』や山田洋次の『寅さん』は、全編が「愛」に満ち溢れていると言った感がある。全く「悪人」が登場しないのだ。実際、日常生活を送る私たちの周りには、本当の「悪人」と思えるほどの人物はほとんど存在しないのではないか。そして、私たちは、しばしば”失敗する”のではあるが、基本的には、家族や友人や職場や近隣の人々と「うまくやっていける」〈可能性〉を感じる取ることができると言えるのではないか。もちろん、長い人生の中では、嘘もつかれたし、泥棒もされたし、嫌な思いをさせられたのも事実だ。また、100人に一人や二人は「これはヤバイ」と感じさせる人物もなくはなかった。しかし、そうした人々は、ほとんどが、本物の「詐欺師」や「政治家」になっていったのではないかw。そうした輩とは、人の上に「マウント」し、「自己」の「欲望」を実現するためには平気でウソをつく位の”度胸”がなければならないと本気で信じて恥じないような連中だ。もちろん、「理想」や「正義」の実現のためには「強く」なければならず、時と場所によってはある程度の「妥協」もやむを得ないと考える「真っ当」な人間がいても良い。しかし、今の日本の政官財・マスコミの「(似非!)エリート」共は、間違いなく、前者のごとき、底の抜けたモラル崩壊に間違いない。そして、こうした輩によって、日本社会は「劣化」されつつあるのだ。しかし、我々「一般ピープル」の”隣人”にはまだまだ「希望」が感じられると言えるだろう。


   また、最近テレビで観た『偉人たちの健康診断、ベートーベン』や黒澤明の『赤ひげ』も、「人間」として生きる上での勇気を与えてくれる素晴らしい作品だった。前者は、エロイカや第九の誕生にまつわるベートーベンの「苦悩」(難聴)と「理想」(「自由」の力が身分や階級の差をなくし真の「同胞」となる)を感動的に描いた番組だった。彼の「理想」が第九を生んだのだ。また、後者では、人間としての、そして、専門家としての新出去定(「赤ひげ」)に、ペシャワール会の中村哲医師にも通じるような魅力が感じられた。二人とも、 病気に苦しむ患者に寄り添い「医術」を尽くすとともに、その病気と「貧困」などの「社会的病理」との関係を見据え、人間としての「本当の幸せ」を回復する必要性を気付かせてくれるのだ。中村哲医師は、人の幸せとは「三度のご飯が食べられて、家族が一緒に穏やかに暮らせることだ」と言っていたというが(『ペシャワール会報』」号外、2019・12・25)、戦争と貧困によって命と「幸福」を奪われたアフガンの人々のために、医者である彼が「井戸」を掘り、灌漑用水を敷設したことの意味はそこにあったと言って良い。

   ところで、中村哲さんや経済学者の浜矩子さんもカトリック教徒だということだが、今年は、ローマ教皇フランシスコが来日し、核兵器について、原発について、人間の「ゾンビ化」について、普遍的な世界宗教の指導者らしい素晴らしい言葉を残してくれたと思う。私は無宗教(「神」や「霊魂」の存在を信じられない)の人間だが、宗教家の人々が、人間の「共同性」を確信し、その「疎外」に警鐘を鳴らし、人間らしさの「復権」のために努力されていることには敬意を表したい考える者だ。とりわけ、新自由主義の粗野な「弱肉強食」的イデオロギーに基づく諸個人の「孤立化」は、社会秩序の崩壊と人間の「不幸」をもたらす最も深刻な問題のように思える。そして、こうした捉え方は、決してカソリックだけではなく、広く「人類」全体をその視野に収めた宗教に共通するものと言えるだろう。先日も、従姉妹が『佼成』という雑誌と『「法華三部経」の要点』が載っている新聞を送ってくれたが、誤解を恐れず私流に解釈すれば、その主張とは、煩悩で苦しむこの娑婆世界の中で、人間の「共同性」(実相)の自覚に基づく「慈悲」(他者への思いやり)の心によって、諸個人間の平和的な共存関係を実現しようというものなのだと思う。こうした考えを持つ人々は、現在のアベ政治をどう見るのだろう。私は、本物の宗教家は人間を不幸にする日本社会の現状とアベ政治を決して肯定しないと思う。間違いだろうか。

   政治の私物化、自衛隊の海外派兵、ギャンブル国家化・・・本当に自公政権の中にまともな政治家がいるのだろうか? 先ほど、強風の中、我が家の大掃除が無事済んだ。しかし、この腐れきった日本の政治の大掃除はどうなるのか。否、子供や孫たちの世代のためにも、この状況を許した私たちこそがそれを行う必要があるというべきなのだろう。 


   みなさんが良い年を迎えられますように
DSC_6159.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2019年11月現在満13歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる