FC2ブログ

8・6 富士

  
2012年8月6日



富士のご来光




※ 我<しもべ>たる飼い主は、8月5~6日、我ライバルの姉貴と一緒に富士山に登ってきたんだよ。途中の山小屋に僕とそっくりな柴犬がいたとか言ってましたが、今度は是非僕も連れて行ってほしいもんだね。


  富士山!我々の多くは、言葉で表現することが難かしいあの単純で明快な姿に感動し、一度はあの頂に立ってみたいと思ったことがあるのではないだろうか。私も、40年ほど前に、周囲の山々から仰ぎ見、憧れた富士山に妻と一緒に登っている。その時は、夜の9時ごろ5合目を出発し、高山病に悩まされながらも、4時ごろに登頂を果たして、朝日を見ている。今回は、娘と一緒だ。同じく5合目を13時30分に出発し19時過ぎに8合目の山小屋に到着した。4時間ほどの仮眠のあと、0時40分山小屋を出発し、4時前に山頂に達した。そして、4時51分、山頂から撮影したのが上の写真である。

  当日は、見事な雲海やその切れ目から姿を見せる湖や樹海などの美しい眺望、そして、太平洋沿岸に連なる東京ー横浜の明かりなどの夜景、どれも実に素晴らしいものだった。

  しかし、登山道は、ツアー客を中心とする膨大な数の人々で、まさしく、交通渋滞と言っていい観を呈していた。外国人もたくさんおり、下山後、徹夜で富士山に登ってきたというアメリカ人の観光客(中学生くらいの男の子と母親の二人)にどうして富士山に登ったのかと聞いたら、形が美しい、日本で一番高い、そして、夜景を楽しめる山、と言うのが答えだった。しかし、日本人にとって富士登山とはなんなのかと考えてみると、それは、結局、初詣と同じような一種の「民族宗教」みたいなものなのではないかと、つくづく考えさせられた。何しろ、ご来光ですからね・・・・、修験道なのかな?
  

(8月10日追記)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる