FC2ブログ

謹賀新年 2013年

  2013年 1月2日 ―――今年もよろしくね 


  
書初め―――「食欲・散歩」 わかってるねえ





   

隣町の神社に初詣





※ 正月の2日、神社には僕たちだけだったよ!日本の正月も変わったのかな。



我が家はあの空の下だ―――遠くへ来ちゃったね





※ 僕は、一日必ず一里以上歩いたり、走ったりしています。でも、半径2キロの[縄張り]も、全く意味がないのが寂しいところだね。サーバントさん、何とかならないの?――なりませんねえ。



僕は荒野を目指すんだ





※ 今年は、ぜひ、遠くの山に連れて行ってもらいたいもんだ。家に帰ってから、車に乗せてもらいたくて、ドアを前足でコツコツやって催促したけれど、駄目だってさ。 



なんだ[emoji:d-32]あれは?





※ 今日は、近くの公園で、ちびっ子たちが、凧揚げや、ラジコン・カー遊びをしていたよ。でも、仲良しの友達とはぜんぜん会いませんでした。みんな,帰省してるのかな。


    
やっぱり、寝正月にしよう

  

  


※ この間、サーバントは、昨日に引き続き、駅伝や、BS世界のドキュメンタリー、マイケル・サンデルの『5000人の白熱教室』などを観ていました。サンデル先生のものは、そのテーマどこかの本で読んだような気がする(おそらく、『日本で「正義」の話をしよう』だったと思う)けれど、なにしろ、「市場経済」と「市場社会」を区別するその視点に少なくとも「『良識』というものを感じるのです。また、BS世界のドキュメンタリーは、どれもこれも面白かったですけれど、特に、『パーク・アベニュー 格差社会アメリカ』なんかは最高でした。日本にもこの番組に登場するお金持たちと同じような事を言っている学者さんや、評論家や、タレントさんや、政治家さんたちがたくさんいますけれど、みんなこんなセレブさんたちのまねをしていたわけですねえ。そして、アメリカには、この番組を創り出すことができるような、そして、最低、オバマが勝つような、『良識』が存在していたということです。「知らぬが地獄」―――私たちも賢くならなければなりません。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる