FC2ブログ

私の音楽の故郷(3)―――若き日の歌

 
 学校時代の思い出の曲 


    思い出の曲を選んでいったとき、ああ、この曲は学校で聞いたあの曲だなと思うものがいくつかありました。今日は、それについて書いてみたいと思います。

    小学校とりわけ小3以降、私は、テレビの歌番組から流れてくるアメリカン・ポップスの日本人によるカバー―――弘田三枝子とか克美しげるとかスリー・ファンキーズとかでした―――を良く聴いていました。ただ、中学生になると、英語を勉強しだしますから、原曲に触れる機会も多くなり、それらの印象はかなり薄くなっていったと思います。また、中2の頃だったと思いますが、ビートルズの『プリーズ・プリーズ・ミー』がラジオから流れてきたのを新鮮な驚きと共によく憶えています。最初さかんに批判していた前田武彦がだんだんビートルズを評価するようになっていったのもおもしろく記憶しています。
    ところで、私がカラオケ用に選んだ曲の中には、(柄にもなく)石原裕次郎の『赤いハンカチ』があるのですが、本当は、『錆びたナイフ』を入れるべきだったのです。といいますのは、私が歌えそうな裕次郎の歌は、『嵐を呼ぶ男』と『錆びたナイフ』と『赤いハンカチ』なのですが、とりわけ思い出深いのが『錆びたナイフ』だからです。私が小6の頃、比較的仲の良かったクラスだったこともあって、私たち〈児童〉は教室でお別れ会をやろうと計画しました。駅前のあの店からはケーキ、あの店からはジュースをと、自分たちで買って来ては用意し、ゲームをしたり、音楽を聴いたりして楽しんだわけです―――当時の小学生はかなり自主的だったんですねえ。そして、その時、家が裕福だったN君が持ってきたプレーヤーで聴いた曲の一つが『錆びたナイフ』だったのです。高価なプレーヤーを持って来るということでちょっと問題もあったのですが、やはり、そのおかげで、とても思い出深い会になったと思います。裕次郎の声はカッコよかったですね。

    自主的といえば、中学2年のとき、私達のクラスは、ちょっと離れた街の湖沼沿いにある公園へ、大きなテントを持ってキャンプに行きました。クラスのかなりの数が参加していましたが、真っ暗な中で「肝試し」をしたり―――もちろん私は、単独行動のオバケ役でした―――、みんなで当時流行していたツイストを踊ったりしたものです。その時かけた『ゴーカート(サンライト)ツイスト』は、まさしく、青春そのものという曲でした。

    さて、高校に入ってからの、最初の思い出の曲は、初めての音楽の時間に歌った『花の街』です。北海道の4月初めは、まだ道端に雪が残っており、その中から〈ふきのとう〉が顔を見せているといった感じでした。そして、そうした季節の中でみんなで合唱した「七色の谷を越えて・・・・・」は、明るい窓の外のイメージと共に深く心に残っています。また、わが校は、当時小学区制の共学校だったのですが、そこには、体育でダンスを専門とする女性の先生がいました。そのため、私たちは、1年に1ヶ月くらい、体育の時間に、その先生が創作したフォークダンスを踊ることになっていたのです。そして、その時使われていた曲が、舟木一夫の『高校三年生』や『花咲く乙女たち』でした。濃い緑色のジャージに白いトレパン姿の私たちは、「花咲く乙女たち」に胸をときめかせながらフォークダンスを踊ったのでした。また、放課後には、生徒会主催のフォークダンス会も開かれ、当時は体育館を埋める長い列ができたものです。私も、B君に無理やり誘われて(?)よく参加したものでした。そして、高校時代最後の思い出の曲は、確か2年生の時の『卒業生を送る会』(?)で4人の先輩方が歌った、ダーク・ダックス版の『銀色の道』です。音楽部だったのでしょうが、実に上手な歌で、私もいつかあんな風に歌うことが出来ればなあ、と一種憧れ的なものさえ感じたものでした。もちろん、それは、未だに実現できていませんが。

    こんなこと書きながら、実は、さっきまで、『津軽海峡冬景色』や『霧の摩周湖』や『湖愁』を聴いていました。この年になると、やっぱり、そんな感じになるんですねえ・・・・


日本の歌って悲しいのが多いのかな? 
    



―――サロさん。人間てのは、悲しいときにはうんと悲しい曲を聴いて、他の人もそうなんだなあなんて思って、また元気になったりもするんだよ。そういう意味じゃあ、日本人は悲しみに強いのかもしれないね。 次回は、いよいよ、演歌系ですか。また、ご迷惑かけます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる