FC2ブログ

SAROーMURIKI「つぶやき」選集(13)

  2013年1~2月

全くの想定内なのですが、それにしても・・・ 



    このふた月ほど、「アホノミクス」にしても、TPPにしても、原発政策にしても、私が想定した成り行きとあまりにも近似していたので、呆れて「つぶやく」気にもならない有様でした。でも、ほんの少しはつぶやいていましたので、一応、その「ぼやき」を再掲しておきたいと思います。


○ 安倍〈THIN〉三首相の「薄っぺら」な話を聞いていると、本当に情けなくなってくる。TPPに関するあの見え透いたトリック(田舎芝居)に日本国民はどう反応するんでしょうか。

―――丸山真男や遠山茂樹らが分析した日本の権力者たちが戦中から戦後にかけて示した無責任極まりない反「人民」的な「処世術」(そう、処世術のレベルでしかない!)をさらに見え透いたものにした安倍のやり口。TPPに賛成する輩からすれば、「馬鹿な国民」を言いくるめる〈戦術〉として高く評価されるのかもしれないが、「TPP交渉参加への6つの判断基準」にせよ、福島自民党の「脱原発」にせよ、前言を翻して全く恥じることのないその姿勢に対して、日本の〈主権者〉はどう反応するのか。ここまで舐められて恥じないとすれば、安倍政権の下で繰り返されるかもしれない、これからの戦争も、原発事故も、国民生活の破壊も、本当に他人事ではなくなるということだ。

○ 安倍〈thin〉三め(怒り)―――昨日ガソリンを入れたらリッター153円になっていた。5000円で満タンにならなかった。何がインフレターゲット2%だ。わしらが負担する税金でもうけるのは、株屋とピンハネ屋ばかりだ。

―――細かく例示するまでもないことだ。身近に展開しているのは、マスコミで垂れ流されているアドバルーン程でしかない「収入増」と眼前に展開する事実としての物価上昇だけだ。そんなわけで、最近は、マスコミですら、「アベノミクスが効果を発揮するまでには2、3年はかかる、それまで国民は待てるでしょうか」などといった見え透いたレトリックで「安倍政権への支持継続」を誘導しなければならなくなっているのだ。もう一度いいます。金融緩和と自民党的な公共事業によるインフレ政策は、(公債増発や預貯金の実質的目減りなど)一般国民の犠牲の上に、安倍のお友達たち(財界・資産家の一部)を富ませることにしかならないだろうことを。今は、戦後の先進工業諸国に見られた国際的な高度成長期とは違うのだ。パイの拡大によるおこぼれの増大など幻想であって、想定されるのは、相も変わらない、新自由主義的な格差の拡大ばかりだ。

―――それにしても、ガソリン価格の変動は興味深い。つまり、一日も間をおかず、為替相場でのちょっとした円高が、即、ガソリン小売価格の下落へと連動するのだ。当然生じるはずの元売価格と小売価格とのタイムラグすらない。ということは、ガソリン価格は、為替相場の動きにあわせて実質的に「操作」されているということだ。以前の石油価格カルテルを思い出させるではないか。

○ NHKニュースをはじめとするマスコミのバイアスのかかった報道姿勢には驚きを禁じえない。いやはや、「矛盾の深まり」、「悲劇への降下」を隠蔽せんとする映像や登場人物の選択、そして、評価を抑揚で表現するコメント!これは茶番で済みそうもありませんね。

―――私は、日本のマスコミを全般的に否定するわけではないが、それにしても安倍政権成立の前後のマスコミ報道を見てみると実に興味深い事実に気がつきます。すなわち、日本のマスコミ(の主流派)は確実に「イスタブリッシュメント」の一部、「体制」主流派の一部だということです。逆に言えば、現在のシステム(の主流派)は、その生き残りのための選択肢の幅を、さらに狭めているということに他なりません。これからのマスコミは、経済システム(産業構造)や国家システム(蓄積および正統化機能)の柔軟な構造的改革なしには、おそらく、さらに狭隘化する「イスタブリッシュメント」の利害の見え透いた宣伝装置となるほかないでしょう。

○ アメリカで岸信介を真似てオバマにゴルフクラブを贈る安倍三にしても、韓国で吉田茂を真似てグロテスクな黒色ハットをかぶる麻生太郎にしても、とてつもなく恥ずかしい姿です。でも仕方ないか。爺さんがいなきゃ、あの場所には絶対居ない<たま>なんだから。(真偽の程は分かりませんが)爺さんに似せて整形したのではないかと噂される将軍様と同類項です。

―――私は、日本の一般ピープルが対決しなければならないのは、単純に言えば、帝国主義的な「社会進化思想」と封建的な「身分意識」だと思っているのですが、二世・三世が幅を利かす日本の政界や業界には本当に嫌気がさしてくるのです。彼らがぶら下がっているらしい「儒教的倫理」からを判断しても、彼らに残っているのは、最も低レベルな世襲制だけで、とても「君子」とか「矜持」とかの言葉が似合うものですらありません。(まあ、次回は、お大臣・麻生太郎様の高齢者に関する発言について論じるつもりですが。)

○PM2.5の大騒ぎは確かにおかしい!まず、これから発作を起こすかもしれな我家の喘息持ちたちが苦しむことになった根本原因は、122号線からのPM2.5のせいではないか。二つ目は、勿論、放射能汚染から注意をそらさせること。文科省の放射線モニタリング情報も安倍政権成立から消えてしまっている。

―――福島原発事故から2年が経とうとしているが、放射能汚染の被害はなくなるどころか、確実に残り、さらに続いているということだ。これは、福島で一番深刻なのですが、関東地方も勿論無縁ではないのです。3月9日と10日には大規模な反原発集会が東京で予定されています。気候も和らいでききました。私も参加したいと思っています。

○ 私は、SONYファンでしたが、矢沢栄吉がCMに出るようになってから、買うのをやめています。VAIOがすぐ壊れたこともありますが、経営陣の姿勢や「もの造り」への変化も感じたからです。

―――矢沢栄吉のファンの皆さんごめんなさい!ただ、SONYのブランドイメージは矢沢さんでよかったのでしょうか?私は何か違うと思うのですが・・・・


※サーバントさんによれば、SONYのイメージは「僕」が世界へ羽ばたくイメージなんだってさ


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SARO MURIKI

Author:SARO MURIKI
おりこうさんのワンワンです。年齢は、2018年11月現在満12歳です。見てのとおりの柴ですが血統書はありません。性別はオスで、飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。文句あっか?!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ワン・クリック・エリア
おもしろかったらクリックしてね!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる